触って見て遊んで学べる『エキスプロラトリウム』で科学の学習です。(ANAファーストクラスで行くサンフランシスコの旅 その19) - 高配当株で配当金生活

触って見て遊んで学べる『エキスプロラトリウム』で科学の学習です。(ANAファーストクラスで行くサンフランシスコの旅 その19)

今回は毎日1記事ずつ更新している『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅行記』の第19回目の記事となります。今回は、サンフランシスコのお子様向け科学施設であるエキスプロラトリウムを観光することにしたいと思います。『触って見て遊んで学べる』をテーマとする科学施設ということなんですけれども、私のようなオッサンでも楽しむ事ができるのでしょうか!?

icon icon

ちなみに、今回のサンフランシスコ観光ではシティパスというケーブルカー、バスなどが乗り放題になるだけではなく、いろいろな観光施設に入場できるチケットまでついたチケットを利用しています。今回訪れるエキスプロラトリウムも見学の対象なのですが、美術館である『デ・ヤング美術館』と2者択一の施設だったんですよね。エキスプロラトリウムも悪くはなかったのですが、大人には美術館の方が向いていたのかもしれません。

この記事以外の『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅』の記事はこちら。

英語がわかるお子様なら『科学脳』を養えるかもしれません。

レトロカー

ストリートカーに乗ってエキスプロラトリウムへ:さて、今回の記事で訪れる『エキスプロラトリウム』はベイエリアにありますので、過去の記事でもご紹介したストリートカーで向かう事にしたいと思います。今回のストリートカーはメキシコシティで使われていたもののようですね。車体にもそのまま『メキシコシティ』と書かれてあります。

プロロジス

プロロジスの施設:当ブログは基本的には投資ブログなので、少しだけ投資ネタを差し込みしたいと思います。こちらは『エキスプロラトリウム』のすぐ近所にあった[PLD]プロロジスの物流施設ですね。米国物流の大手である同社ですけれども、最近は日本においても物流系のリートを上場させた事でも話題となっています。私は[3283]プロロジスリート投資法人は保有していないんですけどね。

エキスプロラトリウム:さて、寄り道は終了ということにしまして、ピア15あたりにあるエキスプロラトリウムに到着いたしました。早速窓口でシティパスを見せて施設の中に入っていく事にいたしましょう。

トイレ

タダのトイレに見えますけれども・・・:このエキスプロラトリウムの特徴は『触って見て遊んで学べる』という事なので、実はただ写真を見ているだけではちょっとその魅力が伝わらないかもしれないんですよね。こちらは、トイレにしか見えないんですけれども、実は水飲み場なのです。テーマは『先入観』ということで、ある意味この博物館らしい展示と言えると思うんですよね。

砂鉄

砂鉄:このエキスプロラトリウムは、ちょっと説明に難しい展示が多かったのでご紹介する写真としてチョイスしたものはこんな感じで簡単なものが多くなってしまいます。これは見てもわかりやすい砂鉄ですね。ちょっと難しめの展示が多いこの博物館ですが、これくらいの内容であれば小さいお子様でも楽しむ事ができそうですね。

みんなでパックマン

みんなでパックマン:さて、この画像は見てわかるように有名なゲームのパックマンですね。エキスプロラトリウムですので、当然単純にこのゲームをプレイするという訳ではなく、『4方向のボタンを4人で操作』するパックマンとなっているのです。私も地元のお子様と一緒にチャレンジしてみたのですが、英語がそれほど上手じゃないので本当に難しかったですね。

ピタゴラスイッチ

ピタゴラスイッチ:さて、こちらはNHK教育で放送されている番組なのでご存知の方も多いと思われるピタゴラスイッチですね。この番組は、『科学脳』を養うにはかなりよくできている番組だと思うんですよね。写真の中には写っていませんが、この写真の左側では『実際にピタゴラスイッチを自分で作る』コーナーがあります。お子様の中でもちょっと上級者向けの企画でしょうか。

光合成を体験する

光合成を体験する:読者の皆様も子供の頃に勉強した事があるのではないかと思う光合成。植物が二酸化炭素を吸って、酸素を吐き出すという運動の事なんですけれども、上の展示はその『酸素』を目で見てみましょうという展示なんですよね。説明文は英語で書いてあるのでちょっと子供には難しいかもしれませんが、親が説明してあげると良い勉強になるかもしれませんね。

『エキスプロラトリウム』の展示の一部をご紹介してきましたが、この博物館は『触って見て遊んで学べる』をテーマとしているだけに、どの展示も触って見て面白さがわかる良いものがそろっていたように思います。大人が楽しむにはちょっと物足りない部分もあると思うのですが、『教育』の観点から言うとかなりよくできた施設ではないかと思いました。説明は基本英語なので、親子で行く場合は少なくとも親は英語を理解したい所ですね。

ということで、今回は『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅』その19のエキスプロラトリウムを中心にご紹介しました。次回、その20では知名度は低いのですが、サンフランシスコの絶景が楽しめるスポット『コイトタワー』を見学することにしたいと思います。このシリーズは完結まで毎日1記事ずつアップしますので、興味のある方は毎日ご覧いただければ幸いでございます。

■ 前の記事:その18 世界最大級の自然科学系博物館カリフォルニア科学アカデミー
■ 次の記事:その20 高い場所からサンフランシスコの絶景を堪能する『コイトタワー』

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ