ノバレーゼ[2128]から300株分の配当金。ブライダル関連株式なのに今年から映画鑑賞券の株主優待が追加されました。 - 高配当株で配当金生活

ノバレーゼ[2128]から300株分の配当金。ブライダル関連株式なのに今年から映画鑑賞券の株主優待が追加されました。

今回はゲストハウスウェディングという結婚式のスタイルで有名な[2128]ノバレーゼから事業報告書・配当金と株主優待の拡充についての案内をいただきましたので、まとめてご紹介することにしたいと思います。

2128 ノバレーゼ 事業報告書

[2128]ノバレーゼ 事業報告書:昔の結婚式というと『ホテルで』というスタイルが多かったように思うんですけれども、最近は『レストランでのウェディング』が増えてきているように思いますね。友達が少ない私もちょくちょく結婚式には呼ばれる訳なんですけれども、私の場合はホテルでの結婚式というのはほとんど経験したことがありません。

[2128]ノバレーゼはこのレストラン系のウェディングである『ゲストハウスウェディング』に強い会社でありまして、中期的には増収・増益基調であるように見えるのですが、2011年・2012年と世相的に『豪華な結婚式』というムードではなく、さらに景気も足踏み状態であったことが災いしたのか、売上高はヨコヨコだったものの、営業利益ベースでは減益が続いていました。

ノバレーゼ 直近の業績・業績予想

[2128]ノバレーゼ 直近の業績・業績予想:そんな[2128]ノバレーゼの業績でありますが、昨年2013年12月期からは景気回復の恩恵を受けて、結婚式の単価自体も向上しているということですので、同社の業績にもプラスに働いているんですよね。今期、2014年12月期についても引き続き増益の予想ということになっています。

【今期から変更】 [2128]ノバレーゼの株主優待(6月/12月)

(1)レストラン3割引券
■ すべての株主:1枚

(2)ギフト優待 2割引券
■ すべての株主:4枚

(3)イオンシネマの映画鑑賞券
■ 200株以上:1枚(12月のみ)
■ 400株以上:1枚
■ 800株以上:2枚

2128 のバレーゼ 優待拡充

[2128]ノバレーゼ 優待拡充:さて、今回の案内の中で一番大きかったのは、同社の優待の拡充ではないかと思いますね。今まで継続のレストラン割引券・ギフト割引券については内容はそのままで年1回から年2回に、そして親切のイオンシネマ映画鑑賞券が新たに追加となりました。

私の場合は300株の保有なので、新設の映画鑑賞券は年に1枚という何とも寂しい状況ではありますが、元々ほとんど1人で活動している私なので、自分にこそふさわしい『1枚の株主優待』と言えるのかもしれませんね。また、レストランは今までは年に1回のお楽しみでしたが、今後は年に2回楽しむことができるようになりそうです。

※参考 過去に株主優待券で訪れたノバレーゼのレストラン
ノバレーゼ[2128]の株主優待券を使って芦屋の超高級レストラン『芦屋モノリス』でマダムなランチタイム。3割引で食べられます。
株主優待生活史上最高レベルのランチ。[2128]ノバレーゼのジェームス邸(神戸市垂水区)で海を見ながら豪華なフレンチをいただきます。

[2128]ノバレーゼから配当金をいただきました。

2128 ノバレーゼ 配当金

さて、今回は[2128]ノバレーゼから1株あたり13円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,303円ということになりました。

ノバレーゼ[2128]の主要指標(2014年9月16日現在)

■ PER:8.07倍(予想)
■ PBR:1.40倍(実績)
■ ROE:11.4%(実績)
■ 配当利回り:3.00%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:101.5→70.4→50.4→68.7→111.8(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:22→25→25→26→26(2014/12予想)

では、最後に[2128]ノバレーゼの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。記事の本文でも述べたように、2011年〜2012年の逆風時は業績が減速した同社ですが、今年2014年12月期についてはようやく元の1株利益水準に復帰する予定となっていますね。ただ、前回同社の記事を執筆した7月の時点での予想より15%弱ほど下方修正されています。元々の予想が強気すぎたのか、意外に結婚する人の財布のひもが固いのかどちらなんでしょうね!?

元々は『高配当株式』として保有していた同社の株式は、株価の上昇に伴いちょっと配当利回りの面では妙味が薄くなってきていますね。ただ、今回拡充された株主優待はそれなりに魅力的だと思いますし、さらにうちの親がノバレーゼのレストランはかなりお気に入りのようですので、ノバレーゼの親孝行の機会が年2回になるというのはかなり良いことなのではないかと思います。今後も、まったりと持ち続けたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ