サンフランシスコの交通機関『レトロなストリートカー』『ミュニバス」に乗車してみます。(ANAファーストクラスで行くサンフランシスコの旅 その17) - 高配当株で配当金生活

サンフランシスコの交通機関『レトロなストリートカー』『ミュニバス」に乗車してみます。(ANAファーストクラスで行くサンフランシスコの旅 その17)

今回は毎日1記事ずつ更新している『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅行記』の第17回目の記事となります。今回は、サンフランシスコの交通機関であるストリートカーミュニバスをご紹介することにしたいと思います。両者とも自力でサンフランシスコを廻るには欠かせない交通機関だと思いますね。

icon icon

ちなみに、今回のサンフランシスコ観光ではシティパスというケーブルカー、バスなどが乗り放題になるだけではなく、いろいろな観光施設に入場できるチケットまでついたチケットを利用しています。このパスで当然今回ご紹介する『ストリートカー』『ミュニバス』も7日間乗り放題になるんですよね。市内の移動が多い方には便利なパスではないかと思います。

この記事以外の『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅』の記事はこちら。

ベイエリア散策には欠かせない『ストリートカー』です。

ストリートカー乗り場

サンフランシスコ・ストリートカー 乗り場:さて、サンフランシスコの乗り物で有名なものと言えば『ケーブルカー』だと思うのですが、実はこちらの『ストリートカー』も味があると思うんですよね。国内ではそれほどメジャーではないと思うのですが、この『ストリートカー』の路線では、世界各地からわざわざ集めてきたいろいろな種類の路面電車を走らせてくれているのです。

ストリートカー 今回の車両

サンフランシスコ・ストリートカー 今回の車両:実は、ストリートカーの走るFラインは、たまに線路の上を『バス』が走ってくるという手抜きな時もあるようなんですが、今回はきちんとストリートカーがやってまいりました。車両に詳しくはないので解説はできませんけれども、それなりに味のある車両のように見えますよね。

ストリートカー 路線図

サンフランシスコ・ストリートカー 路線図:こちらは、サンフランシスコのストリートカーが走るFラインの路線図となっています。路線図の右側は市内北東部の『フィッシャーマンズワーフ』エリア、そして路線図がまっすぐになっているところは、サンフランシスコのメインストリートである『マーケットストリート』になりますね。観光客には非常に使いやすい路線なのではないかと思います。

ストリートカー 車内の様子

サンフランシスコ・ストリートカー 車内の様子:このサンフランシスコのストリートカーは夏休みで客が多い割に本数が少ない傾向にありまして、車内をドーンと撮影することはできませんでした。ガイドブックの情報によると、元々の街で使っていた路線図などがそのまま飾られていることもあるそうで、世界の路面電車ファンとしては面白さを感じることができるのではないかと思いますね。

市内を網羅していて超便利な『ミュニバス』です。

ミュニバス 乗り場

サンフランシスコ・ミュニバス 乗り場:さて、記事の後半ではサンフランシスコ市内の路線バスであるミュニバスをご紹介することにしたいと思います。海外旅行で『路線バス』というと難しくて二の足を踏む方も多いと思うんですけれども、私の場合はシティパスがあるから、違うとこに行ってしまっても大丈夫!という心づもりで乗るようにしていました。基本的には碁盤の目状の街なので、方向はわかりやすいですしね。

ミュニバス 次のバスが来るまで

サンフランシスコ・ミュニバス 次のバスが来るまで:今回は5番のバスに乗って、サンフランシスコ市内の西部にあるゴールデンゲートパークに向かうことにしたいと思います。バス停には、こんな感じで次のバスが車で『○分』ということが表示されておりまして、それほどイライラせずにバスを待つことができます。

ミュニバス 5番のバスが到着

サンフランシスコ・ミュニバス 5番のバスが到着:1つ上の写真の通り、5分ほど待ってくると今回乗車する5番のバスがやってまいりましたので、早速乗り込むことにしましょう。

ミュニバス 椅子の様子

サンフランシスコ・ミュニバス 椅子の様子:サンフランシスコのミュニバスの椅子です。路線バスとしては普通の椅子かなと思いますね。30分〜1時間くらいの乗車であれば、それほど苦にはならないのではないかと思います。

ミュニバス 車内の様子

サンフランシスコ・ミュニバス 車内の様子:さて、最初はガラガラだったミュニバスもマーケットストリートを西に行くにつれてちょっとずつ混雑してきました。この後、ゴールデンゲートパークまでは約30分のバスの旅ということになりますね。ちなみに、サンフランシスコのバスでは、降りるときに窓の所にあるヒモを引っ張るんですよね。日本ではあまり見かけない形式ですし、ちゃんと成功したときはちょっとうれしくなってしまいました。

ということで、今回は『ANAのファーストクラスで行くサンフランシスコの旅』その17のストリートカー・ミュニバスを中心にご紹介しました。次回、その18ではサンフランシスコのかなり気合いの入った博物館である『カリフォルニア科学アカデミー』を見学することにしたいと思います。このシリーズは完結まで毎日1記事ずつアップしますので、興味のある方は毎日ご覧いただければ幸いでございます。

■ 前の記事:その16 海底トンネルが魅力的な水族館『アクアリウム・オブ・ザ・ベイ』
■ 次の記事:その18 世界最大級の自然科学系博物館カリフォルニア科学アカデミー

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ