トラスト・テック[2154]から200株分の配当金。かつての高配当ランキング上位常連銘柄がこの2年で株価4倍・配当は5年で3倍に。大ブレイクですね。 - 高配当株で配当金生活

トラスト・テック[2154]から200株分の配当金。かつての高配当ランキング上位常連銘柄がこの2年で株価4倍・配当は5年で3倍に。大ブレイクですね。

『株価が上がりそうな銘柄を買う』というのは株式投資において当然の目標だとは思うのですが、残念ながら私は『どの株式が上がりそうか』という事は分かりません。というのも、私のポートフォリオでは100銘柄以上を保有しているのですが、もし私がどの株が上がるか分かるのであれば、100も株式を買わずに2〜3銘柄だけ買えば良い訳ですからね。

2154 トラスト・テック 定時株主総会招集通知

さて、100銘柄以上も保有していると中には大化けする銘柄もありまして、それが今回の記事でご紹介する[2154]トラスト・テックという事になります。『製造系技術者派遣』を主力としている同社は、私が好みがちな『安定業績の銘柄』であるとまでは言えないのですが、不景気時にもそれなりの配当を据え置いてくれたため私の目にとまる事になったんですよね。


※ 上記画像はヤフーファイナンスから引用した[2154]トラスト・テックのチャート

[2154]トラスト・テック 過去2年間の株価チャート:製造系技術者派遣をメインとしている同社は、当然ながら景気が上向いて製造業が好調である場面では業績が一気に良くなります。そうすると、配当金も増配されることとなりまして、結果として株価もドーンと上がるわけなんですよね。上記チャートを見ていただくと分かるとおり、株価はこの2年で概ね4倍の水準に跳ね上がっています。

トラスト・テック 業績の推移

[2154]トラスト・テック 業績の推移:こちらが、[2154]トラスト・テックの業績の推移になります。元々、リーマンショック明け以降、順調に売上高・経常利益を伸ばして来ていた同社なんですけれども、前期2014年6月期からはその利益の成長が加速しているように思いますよね。今の所の予想なのですが、会社四季報の最新号の数字によると、2016年6月期にはさらにここから経常利益が2倍以上になる見込みとなっています。果たして、そこまでうまくいくのでしょうか?

[2154]トラスト・テックから配当金をいただきました。

2154 トラスト・テック 配当金

さて、今回は[2154]トラスト・テックから1株あたり30円の配当金をいただきました。上の画像を見ると分かると思うのですが、このうち10円は市場変更に伴う記念配当となっていますね。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,082円ということになりました。

トラスト・テック[2154]の主要指標(2014年9月15日現在)

■ PER:16.52倍(予想)
■ PBR:4.74倍(実績)
■ ROE:20.8%(実績)
■ 配当利回り:3.16%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:45.0→37.3→48.4→83.8→115.0(2015/06予想)
■ 直近5期の配当推移:28→28→30→50→60(2015/06予想)

では、最後に[2154]トラスト・テックの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。目下過去最高益を更新中の同社、4年前の2010年6月期と比較して、今期2015年6月期の予想は売上高で2倍、経常利益で4.5倍というビックリの成長を見せてくれているんですよね。記念配当込で50円だった配当金は、今期は60円とさらに増配される見込みとなっています。

ただ、『製造業を中心とする技術者派遣』は『製造業』が減速する場面、つまりは不景気の局面においては減速してしまう事が予想されます。その次の不景気がいつか・・という判断は非常に難しいのですが、実は同社は基本的に配当性向を50%とする事が示されているため、いずれ来る不景気の時には減配の可能性もなきにしもあらずなんですよね。前回の不景気の時には、配当性向が5割を超えている事もあったので、必ず減配されるとは限らないんですけどね。

ということで、いずれ来る『不景気』がいつの事かはわかりませんが、そろそろ同社の株式は欲張らずに100株だけ残して売ってしまおうかなと思っています。あえて100株だけ残すのは継続して同社の動向をウォッチするためですね。全部売ってしまうと、どうしても忘却の彼方になってしまう傾向にありますからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ