阪急リート投資法人[8977]から3口分の分配金。阪急ブランドらしく関西エリアに注力する総合型のリートです。 - 高配当株で配当金生活

阪急リート投資法人[8977]から3口分の分配金。阪急ブランドらしく関西エリアに注力する総合型のリートです。

ニュースなどを見ていると、2020年の東京オリンピック開催に向けて不動産市況は概ね好調であると見ている方が多いように思いますよね。しかしながら、基本的には東京オリンピックの恩恵を受けるのは、東京都を中心とする首都圏であるように思います。本来は地域分散推しの私なんですけれども、関西など他のエリアも堅調に推移するのかを見守って行きたいですよね。

8977 阪急リート投資法人 事業報告書

[8977]阪急リート投資法人 資産運用報告書:さて、今回は私の地元関西エリアに注力している総合リートである[8977]阪急リート投資法人から分配金と資産運用報告書をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。『阪急グループ』と言えば、地元関西では今でも絶大なブランド力を誇っているように思えるんですよね。私自身も、子供の頃は沿線で育った関係で、すっかり『阪急グループ』による洗脳が完了してしまっています。

[8977]阪急リート投資法人 アンケートで景品が当たる

[8977]阪急リート投資法人 アンケートで景品が当たる:こういう資産運用報告書には『アンケート』がつきものですけれども、同社も例外ではありません。上の写真は、今回のアンケートで当たる景品なんですけれども『宝塚歌劇団のカレンダー』『阪神タイガース』のカレンダーなど、阪急阪神グループの総力を結集した景品になっているように思いますね。

今回のアンケートで私が応募したのは、しょっちゅう遊びに行く『大阪梅田』地域にあるヘップファイブ観覧車ペア搭乗券チケットです。基本的に、リートの投資家になっている人は年配の方が多そうなので、観覧車なら当たりやすいのかなと思いました。当たればペアで行かないといけない訳なので、誰かいく人をさがしておかないといけませんね。

8977 班級リート 分配金推移

[8977]阪急リート投資法人 分配金の推移:[8977]阪急リート投資法人の資産運用報告書を見る限り、基本的には分配金は半年あたり12,000円以上を目標にしているようなんですよね。リーマンショックの前は14,000円程度だったので、物足りないと言えば物足りないのですが、落ち込みがオフィス専業のリートより小さいのは阪急ブランドの底力と言えるのかもしれませんね。

[8977]阪急リート投資法人の注力している関西エリアは地元民の贔屓目を持ってしても、首都圏に比べると先行きは暗いように思えてしまいます。ただ、主力リートはどのリートも首都圏に注力しているものが多いため、地域分散の事を思って[8977]阪急リートの頑張りには期待したい所ですね。コレからも、応援し続けていきたいと思っています。

8977 阪急リート投資法人 新規物件の取得

[8977]阪急リート投資法人 新規物件の取得:さて、[8977]阪急リート投資法人は、前期に3回目の増資を行いまして、4つの物件を取得しました。運用10年目で増資が3回というのもちょっと少ないように思うのですが、それはともかくとしてコレから増資→分配金増加の良いスパイラルに突入できるように期待したい所ですね。

さて、今回取得した4つの物件はいずれも関西エリアの商業施設であります。うち、3つが京都市内の商業施設、1つが神戸市内の商業施設となっているようですね。上の写真でご紹介しているのはコトクロス阪急河原町という、阪急京都線の起点である河原町駅の真上の交差点の所にある大型商業施設になります。

個人的には『京都』はコレからもそこそこ手堅い投資対象になるとは思っているのですが、実はこの交差点は京都市の中で一番の繁華街にも関わらずかつては阪急百貨店が撤退した過去を持つんですよね。『コトクロス阪急河原町』は、百貨店型ではない施設なので百貨店よりは手堅いと見ていますが、今後の推移には注目しておきたいと思っています。

[8977]阪急リート投資法人から分配金です。

8977 阪急リート 分配金

さて、今回は[8977]阪急リート投資法人から1口あたり12,462円の分配金をいただきました。保有口数は3口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は31,661円ということになりました。

[8977]阪急リート投資法人の2014年9月中旬現在での分配金利回りは4%強となっておりまして、リート全銘柄の分配金平均よりは0.6%ほど高い状況となっています。阪急ブランドは関西エリアでは威力絶大ですけれども、それでも地方物件である事は確かなので、首都圏が多いリートの平均利回りよりは高くて当然だと思うんですよね。個人的には、コレくらいの差だとちょっと物足りないかなという印象です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ