クラフトフーズ[KRFT]から86株分の配当金。配当金が3%台とそれなりに高く、業績も安定してそうな食品メーカー超大手ですね。 - 高配当株で配当金生活

クラフトフーズ[KRFT]から86株分の配当金。配当金が3%台とそれなりに高く、業績も安定してそうな食品メーカー超大手ですね。

今回は、私が投資している米国株の中から、食品系で超大手の[KRFT]クラフトフーズから配当金をいただきましたので、皆様にもご紹介することにしたいと思います。実は、この会社はちょっとややこしい会社でありまして、世界中で『クラフトフーズ』という名前を冠している商品は販売されているものの、この[KRFT]クラフトフーズは基本的には北米の食品部門が分離独立している会社なんですよね。

それならば、世界で展開している『クラフトフーズ』の商品はどこの会社のものなんだろう!?と思ってしまうんですけれども、実はそれは[MDLZ]モンデリーズ・インターナショナルという会社が経営しているものになるのです。そもそも、2012年までは現モンテリーズが『クラフトフーズ』という名前の会社だった訳で、落ち着いて考えないとちょっと分かりにくい状況になってしまっていますよね。

モンデリーズ・ジャパン
※ 上記ブランドのロゴ画像はモンデリーズ・ジャパンのウェブサイトから引用

クラフトフーズ(モンデリーズ・ジャパン)の取り扱うブランド:さて、ここで[KRFT]クラフトフーズ系ではないんですけれども、[MDLZ]モンデリーズ系の方の『モンデリーズ・ジャパン』が日本で取り扱っているブランドを見ておきたいと思います。基本的には、上記は[KRFT]クラフトフーズが北米でも取り扱っているブランドが多いんですけれども、どれも皆さんが『一度は見た事がある』ブランドが多いのではないかと思いますね。

KRFT 株価推移
※ 上記画像はグーグルファイナンスから引用した[KRFT]クラフトフーズの株価チャート

[KRFT]クラフトフーズの株価推移:さて、ここで[KRFT]クラフトフーズの株価の推移を見ておきたいと思いますが、実は同社は分離上場してからはまだ2年間しか経っておりませんで、上記のチャートは過去2年間のチャートという事になります。一般的なイメージでいうと、同社のような食品系の会社は『ディフェンシブ』なイメージが強いと思うのですが、現在までの2年間で言うと同社の株価の動きは概ね株価指数の動きに近いようですね。

[KRFT]クラフトフーズから配当金をいただきました。

KRFT クラフトフーズ 配当金

さて、今回は[KRFT]クラフトフーズから1株あたり0.525$の配当金をいただきました。保有株数は86株でありまして、法人での各種源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は34.49$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受けとった配当金の金額は3,550円という事になります。

[KRFT]クラフトフーズの主要指標(2014年8月20日現在)

■ PER:14.2倍
■ PBR:6.2倍
■ ROE:61.99%
■ 配当利回り:3.67%(実績)
■ 直近2期のEPS推移:2.75→4.51(2013/12実績)
■ 直近2期の配当推移:0.5→2.05(2013/12実績)

それでは、最後に[KRFT]クラフトフーズの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。まだ同社は2期目という事で過去のデータなどはちょっと不足しているんですけれども、四半期毎の配当を見てみると、過去7回の配当が1株あたり

0.50ー0.50ー0.50ー0.525ー0.525ー0.525ー0.525

となっているんですよね。年に1回増配する事の多い米国株のパターンから推測すると、次回は0.55$になるのではないかと期待したい所ですね。このペースで年あたり0.1$ずつの増配がなされていく事を今後も期待していきたいと思っています。

[KRFT]クラフトフーズは『北米食品部門』という事でありまして、最近の米国株にありがちな『新興国の需要』を取り込んで成長する事はないんですけれども、そもそもアメリカ合衆国自体がまだまだ人口増加社会継続中なんですよね。そう思うと、確固たるブランド力のある同社もそれなりに安定して推移するのではないかというのが私自身の考え方ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.