木曽路[8160]のお店で店長直々のお詫びタイムと株主優待券を使って夏限定メニュー『涼風三昧御膳』のランチをいただきます。 - 高配当株で配当金生活

木曽路[8160]のお店で店長直々のお詫びタイムと株主優待券を使って夏限定メニュー『涼風三昧御膳』のランチをいただきます。

私個人的の意見としては、日本の飲食店は世界の中ではかなりきちんとしている方だとは思うのですが、それでも国内の飲食系のチェーンではちょくちょく問題が起きてしまいますよね。まあ、人間が取り仕切っている限りは、何らかの問題が起きるのは仕方ない事なのかもしれません。

8160 木曽路 IR
※ 上記は2014年8月14日の[8160]木曽路IR資料から一部抜粋

[8160]木曽路 メニュー表示と異なった食材を使用していたことに関して:さて、今をさかのぼる程1週間程前にニュースを賑わしたのが同社の一部店舗が『高級牛の代わりに少し安いお肉を提供していた』事なんですよね。本来はあってはならない事だとは思うのですが、コレからも同社に限らずちょくちょくこういうニュースは耳にする事になるんでしょうね。

さて、このニュースを見て『木曽路に行こう』と思い出した訳でもないんですけれども、[8160]木曽路のお店のランチタイムに株主優待券を使うためにやってまいりました。今回は、あのニュースの直後という事もあってか、訪れた木曽路のお店では全てのお客さんに店長がお詫びに廻っていたんですよね。

当然、私の所にもお詫びの順番は廻ってまいりまして『今後ともよろしくお願いします』という言葉とともに店長さんの名刺までいただいてしまいました。個人的には、そこまでする必要もないとは思うのですが、そこらへんはきちんと誤っておくというのは悪くはない方針なのではないかと思いますね。

さて、元々そんなにたいした事のない同社の業績ですが、悪影響が出るのかはまだまだ見えて来ませんよね。黒字→赤字に転落するほどの影響はないと予想しているのですが、業績推移については注視しておく事にしたいと思います。

[8160]木曽路の株主優待券(3月/9月 年2回)

食事券
■ 100株以上:1,600円分
■ 500株以上:8,000円分
■ 1000株以上:16,000円分

8160 木曽路 株主優待券

木曽路[8160]の主要指標(2014年8月18日現在)

■ PER:67.16倍(予想)
■ PBR:1.67倍(実績)
■ ROE:2.0%(実績)
■ 配当利回り:0.72%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-48.8→16.2→28.6→23.7→29.0(2015/3予想)
■ 直近5期の配当推移:14→14→14→14→14(2015/3予想)

夏限定メニューの『涼風三昧御膳』をいただきました。

さて、今回は[8160]木曽路の夏限定メニューである涼風三昧御膳をいただいています。木曽路らしい『お肉』がなんと夏らしく『氷の上』で提供されるという何とも珍しいメイン料理となっているんですよね。その他、木曽路の御膳らしく和風なおかずが色々と取り揃えられています。

十六穀米

涼風三昧御膳『十六穀米』

うなぎ・お漬物

涼風三昧御膳『うなぎ・お漬物』:さて、今回の御膳の魚は『うなぎ』と『まぐろ』から選択でした。まあ、まぐろも悪くはないんですけれども、当然夏らしくここは『うなぎ』を選択することにしました。写真右下にあるタレは『冷しゃぶ』用のタレということになりますね。

お味噌汁

涼風三昧御膳『お味噌汁』

炊き合わせ

涼風三昧御膳『炊き合わせ』:写真右下の方に写っているつゆのようなものは、『稲庭うどん』をいただくためのつゆになります。

冷しゃぶと稲庭うどん

涼風三昧御膳『冷しゃぶと稲庭うどん』:さて、こちらが今回のメインである『冷しゃぶ』という事になりますね。一般的なイメージの『冷しゃぶ』よりもさらに進化しておりまして、上の写真の通り氷の上に乗った形で提供される事になります。夏らしく非常によく考えられているメニューではないかと思いますね。

天ぷら

涼風三昧御膳『天ぷら盛り合わせ』

コーヒーゼリー

涼風三昧御膳『コーヒーゼリー』

ということで、今回は[8160]木曽路の株主優待券を利用してランチタイム限定メニューの涼風三昧御膳をいただきました。この夏のメニューは、2014年8月28日までの販売という事になっているようですので、興味のある方はお近くの『木曽路』のお店に行ってみてはいかがでしょうか。

個人的には、この内容で税込み1,620円であればお金を払って食べたとしてもかなり満足だったと思いますね。[8160]木曽路の株式を100株保有の方は、いただける優待券が1,600円ですので、一発で使い切るちょうど良いメニューといえるのではないかと思います。オススメですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.