上場インデックスファンド海外債券毎月分配[1677]から290口分の分配金。最近は堅調な先進国債券の推移につき、そろそろ利益確定タイムに!? - 高配当株で配当金生活

上場インデックスファンド海外債券毎月分配[1677]から290口分の分配金。最近は堅調な先進国債券の推移につき、そろそろ利益確定タイムに!?

配当金生活のポートフォリオの実に36%を占めている債券。最近は、先進国の債券についてはどこも利回りが低下してきており、その代わりに新興国の債券や、ハイ・イールド債券などの格付けの低い債券に手を出す方もいらっしゃいますよね。

世界経済がこれからも堅調なのであれば、その選択肢も悪くはないのかなと思うのですが、私自身は常に先行きに不安を持つことにしていますので、基本的には海外債券は景気が悪い時も相対的に堅調に推移する傾向のある先進国の債券が中心という事になります。

さて、今回はそんな先進国の債券ものの商品である[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型から分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。このETFは、日興アセットマネジメントが設定するETFでありまして、さらに同社のETFの中ではかなりの古参という事になりますね。

個人的には、この[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型という商品は、信託報酬が0.27%と低く抑えられ、また『毎月分配型』という日本人好みのツボも抑えているので『コケる要素は少ない』と思っていたのですが、現実としては大コケ商品という事になっているんですよね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型の商品自体は現在でもきちんと運用はされているものの、いつまで経っても取引が活発にならないためなのか、ちょっとやる気不足の感が否めず、それに対応する形で最近は少しずつ持ち株数を減らしている所です。幸いにも、直近の先進国の債券相場は堅調ですしね。

1677 投資国別割合
※ 上記グラフは日興アセットマネジメントの販売用資料から引用

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型 投資国別割合:さて、ここで[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型の参考指標である『シティグループ世界国債インデックス(除く日本)』の通貨別構成割合をチェックしておく事にしたいと思います。

この円グラフを見ると分かるように、同インデックスはユーロ・米ドルが2大通貨となっておりまして、概ねこの2通貨で8割程度を占めているんですよね。このグラフに詳細は記載されていないのですが、ユーロ圏もいわゆる『ベタ』な国が中心となっておりまして、まさに『先進国債券』というにふさわしい陣容となっています。


※ 上記株価チャートははヤフーファイナンスから引用

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型 過去2年の株価チャート:[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型の過去2年間の株価チャート(青線)をチェックしておく事にしたいと思います。比較対象のチャートがもう一本あるんですけれども、そちらは同じく日興アセットマネジメントのETFである[1566]上場インデックスファンド新興国債券という事になりますね。

新興国の債券は先進国の債券よりも一般的に利回りが高い傾向にあり、数年前から投資信託などでは一定の人気があるように思えますよね。ただ、この2年間に限っていうと上の比較チャートをご覧いただくと分かるように、先進国の債券の方が堅調な推移だったという事が分かるのではないかと思います。今後はどうなるか分かりませんけどね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型から分配金です。

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型 分配金

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配型から1口あたり136円の分配金をいただきました。保有口数は個人で60口、法人で230口でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は32,992円ということになりました。

日興アセットマネジメントの債券系ETFは、基本的には毎月の安定分配を志向しています。5年程前は毎月の分配金が203円前後の事もございましたので、長期に渡って安定分配という訳ではないのですが、少なくとも数ヶ月の単位では分配金の金額はなかなか変えてこないようなんですよね。

さて、現状の136円の分配がコレから12ヶ月継続されると仮定すると、今後1年間でいただける分配金の利回りは2014年8月下旬現在でちょうど3%前後ということになりますね。インデックスを構成している個々の債券の利回りの事を思うと、ちょっと分配が多い感もあるのですが、それは長期に渡って徐々に調整されていくものかもしれません。細かい事は気にしすぎない方が気楽に投資できそうですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ