MTR・香港鐵路有限公司[00066]から1,000株分の配当金。香港には無くてはならない地下鉄などを運営、手堅い業績推移です。 - 高配当株で配当金生活

MTR・香港鐵路有限公司[00066]から1,000株分の配当金。香港には無くてはならない地下鉄などを運営、手堅い業績推移です。

『鉄道株』というと、一般的には『ディフェンシブ株式』として位置づける方が多いのではないでしょうか。当然ながら、安定した業績を出すには『ある程度の街の規模の維持』が必要であるため、日本においては大都市圏以外の鉄道会社は『ディフェンシブ』とは呼べないような気もするんですけれども、コレが香港という事になれば、政治リスクに一抹の不安はあるものの、素直に考えるとコレからも街の反映は続くのではないかと思っています。

00066
※ 上記画像はMTR・香港鐵路有限公司[00066]トップページより引用

ということで、今回はMTR・香港鐵路有限公司[00066]から配当金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。同社は香港を旅行した事がある方ならおなじみの地下鉄である『MTR』を経営しているだけではなく、地上を走っており以前は別々の会社だった『九広鉄路』など合計11路線を香港内で経営しているんですよね。

日本の鉄道会社なら、基本的には『内需株』というイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、そこは営業エリアが限られている香港だからなのか、香港だけに留まらず中国本土のいくつかの都市や、なんとロンドンの一部の鉄道事業への投資を行ったり、運営に参加したりしているんですよね。こういう姿勢は、将来の日本の鉄道会社のヒントになるのかもしれませんね。

さて、MTR・香港鐵路有限公司[00066]の業績は残念ながら右肩上がりとまではいかないんですけれども、ここ4年間の営業利益は概ねヨコヨコ圏内という事になっていますね。実は、この4年間売上高は増加傾向にあるので、つまりは営業利益率が下がっているという事なんですよね。その点については、全く気にならないと言えば嘘になってしまいますが、営業利益が極端に減少しないのであれば過度に気にするほどではないでしょうね。

香港鉄路 株価推移
※ 上記画像はグーグルファイナンスから引用した株価チャート

MTR・香港鐵路有限公司[00066]過去5年間の株価チャート:さて、その手堅い業績推移が特徴のMTR・香港鐵路有限公司[00066]ですけれども、実は過去5年間の株価の値動きは上下3割程度でありまして、ハンセン指数と似たような値動きになっているんですよね。ここ数年の日本株の激しい値動きになれてしまうと、5年の値動きで3割程度というのがかなり小さく思えてしまいますけどね。

MTR・香港鐵路有限公司[00066]から配当金をいただきました。

00066 配当金

さて、今回はMTR・香港鐵路有限公司[00066]から1株あたり0.67香港$の配当金をいただきました。香港株の場合は、現地での源泉徴収税はございませんで、国内で法人での源泉徴収税15.315%を徴収されまして、実際に受け取った1,000株分の配当金の金額は566.78香港$という事になります。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、7,481円を受け取った事になりました。

MTR・香港鐵路有限公司[00066]の主要指標(2014年8月17日現在)

■ PER:13.69倍
■ PBR:1.17倍
■ ROE:8.82%
■ 配当利回り:2.99%(実績)
■ 直近4期のEPS推移:2.10→2.69→2.31→2.24(2013/12実績)
■ 直近4期の配当推移:0.52→0.70→0.76→0.79(2013/12実績)

では、最後にMTR・香港鐵路有限公司[00066]の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。香港に旅行に行った事がある方なら『香港の地下鉄って初乗り50円くらいしかしないし、安すぎじゃない?』と思ってしまうと思うのですが、実際の所きちんと利益は出ているようなので、それなりの値段設定になっているという事なんですよね。

ちなみに、同社は年に2回の配当ペースということになるんですけれども、今回の2014年1回目の配当については、昨年よりも0.13香港$も多い配当をいただいているんですよね。毎期毎期増配というのは有り難い事なんですけれども、ちょっと増配のペースがバラバラなのに戸惑ってしまいますね。アメリカ株は、毎期○セントずつ増配なんていう分かりやすい株式が多いですからね。

さて、このMTR・香港鐵路有限公司[00066]の今後についてですけれども、基本的にはまだまだ買い増しをして行く予定です。『香港・中国』に対する見方は日米に比べて厳しい判定をする専門家が多いように思うのですが、そういう今だからこそ敢えて個人的には香港株を積み増していきたい所ですね。MTR・香港鐵路有限公司[00066]は、指数に株価がある程度連動する傾向にあるようですので、指数が不調な時に買い増しを行う事にしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.