米国優先株式ETF[PFF]から795株分の配当金。配当金生活ではおなじみの超高配当ETF、株式と考えるのはちょっと無理も!? - 高配当株で配当金生活

米国優先株式ETF[PFF]から795株分の配当金。配当金生活ではおなじみの超高配当ETF、株式と考えるのはちょっと無理も!?

今回は、「資産運用始めるなら!マネックス証券」で投資している海外ETFの中から、米国の「優先株式」という商品に投資するETFである[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETF(以下[PFF]米国優先株式ETFと記載します)から分配金をいただきましたので、ご紹介する事にしたいと思います。

実は、この[PFF]米国優先株式ETFは、ETF大手のブラックロック社が運用する『iシェアーズ』シリーズでは結構定番の毎月分配型のETFということになるんですよね。『投資信託で毎月分配型』と言えば、10年ちょっと前に日本では『グローバル・ソブリン・オープン』が手がけた事により、人気に火がつきましたけれども、実はアメリカでも当たり前のように行われていたんですよね。

さて、この商品は毎月分配型ですので、必然的に分配金をいただくのが毎月の恒例行事となり、そして分配金を毎月いただいている訳ですから記事も毎月執筆する事になります。全ての記事を読んでくださっている方も多数いらっしゃいますので、記事の内容は毎回変更するようにしているんですけれども、それでも『優先株式』という株式の説明についてだけは再掲するようにしたいと思います。

優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。(Wikipediaより引用)

ということで、この『優先株式』という制度は日本では会社法(昔の商法)という法律の108条に規定されているんですよね。この108条という法律は『種類株式』という株式を定めている条文でありまして、この『優先株式』のみならず色々な種類の株式が定められているのです。その詳細は投資する上では必須という訳ではないんですけれども、株式関係の条文なので興味のある方は読んでみても良いのかもしれませんね。

さて、話は[PFF]米国優先株式ETFに戻りまして、この『米国の優先株式』というのは当然ながら紛れもなく『株式』なんですけれども、その一方で値動きに関しては債券的性格を持つと良くいわれています。株式なのに、長期金利が上昇する場面で軟調になったりする事もあるんですよね。

値動き比較
※ 上記チャートはグーグルファイナンスのウェブサイトから引用

[LQD]投資適格社債ETFと[PFF]米国優先株式ETFの値動き比較:ということで、上記チャートは債券系の代表的なETFの1つである[LQD]投資適格社債ETFと[PFF]米国優先株式ETFの過去5年の値動きチャートという事になります。社債と優先株式という別の商品なので、必ずしも同じ方向性で動くという事は無いようですけれども、直感的にはかなり値動きが似ていると言っても良いのではないでしょうか!? 私はやはり[PFF]米国優先株式ETFは『債券的性格を持つ』と言ってしまって間違いないように思いますね。

[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

PFF 分配金

さて、今回は[PFF]米国優先株式ETFから1株あたり0.19265$の分配金をいただきました。保有株数は795株でありまして、各種税金を差し引きしますと実際に受け取った分配金の金額は109.86$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、11,245円を受け取った事になります。

さて、[PFF]米国優先株式ETFは『配当を優先的にいただける優先株式』に投資するETFであるだけに、その分配金利回りは非常に高いものでありまして、2014年8月現在で過去1年間の分配利回りは6%台となっています。今後もこの高い利回りが続くという保証はないんですけれども、それでも私の米国株投資の中で一定量はこの[PFF]米国優先株式ETFにこれからも投資し続ける事にはなると思いますね。

米国ETFデビューには、以下の3証券会社が個人的にオススメです。

マネックス証券「資産運用始めるなら!マネックス証券」

SBI証券では使えない「成行注文」が出来るため、指値をするのが面倒な方にオススメです。単純な株式取引の手数料も他大手2社に比べると割安です。2013年12月から特定口座への対応が始まった事により、確定申告の煩わしさがなくなりました。今からの新規口座開設であれば、一番のオススメだと思います。

楽天証券グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!

東南アジアの株式の取り扱いが多いのが魅力的。楽天市場の楽天ポイントが貯まりやすく、楽天銀行との提携で普通預金の金利も特別金利になります。なぜかマネックス証券で取り扱いがない、ADR(米国上場の他国の株式)の銘柄選択のセンスが私好みですね。米国上場の米国以外の株式を買いたい方にもオススメです。

SBI証券No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

単純な米国株取引の手数料ではマネックス証券よりも割高なんですけれども、提携の住信SBIネット銀行の外貨調達手数料が米ドルの場合片道9銭と非常に安いため、米国株の購入金額によっては手数料の面ではこちらの方がお得になる場合があります。成り行き注文ができないため、少し購入が面倒なのはマイナスポイントですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.