野村證券から8月の個人向け国債キャンペーンの案内をいただき、SBI証券からは個人向け国債100万円分購入のキャッシュバックです。 - 高配当株で配当金生活

野村證券から8月の個人向け国債キャンペーンの案内をいただき、SBI証券からは個人向け国債100万円分購入のキャッシュバックです。

2014年8月現在で配当金生活のポートフォリオの36%を占め、個人的にはポートフォリオの安定的な推移のための『肝』であると考えている債券への投資

ポートフォリオに債券を増やせば増やすほど、結果的にはポートフォリオ全体の動きがまったりとなってしまいますので『大勝ちがしたい』投資を心がけている方は『債券0』というのがベストなんでしょうけれども、私のように安定的に配当金・利金を受け取り続ける事を重視するのであれば債券には一定割合を投資したい所ですよね。

さて、最近は良い国内ものの債券の新規発行があまり見られませんので、国内債券を購入するのであればほぼ個人向け国債の一択となってしまっていますよね。今月、2014年8月もこの『個人向け国債』のキャンペーンが実施されているのですが、私の愛用している『野村證券』のキャンペーンは今月から少し変更があったようですので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

野村證券からのお手紙

野村證券からのお手紙:ということで、普段携帯電話を持ち歩いていないため、あまり電話に出られない私なのですが、今回は久しぶりに携帯電話のある自室にいる時に野村證券の担当の方から電話がありまして、その後この『8月の個人向け国債』の案内のチラシが自宅に届きました。

野村證券 8月の個人向け国債キャンペーン

野村證券 8月の個人向け国債キャンペーン:さて、基本的には大手3社でほぼ横並びの個人向け国債キャンペーンを改めてご紹介しておく事にしたいと思います。このキャンペーンは、個人向け国債の購入金額に応じて野村證券からキャッシュバックがなされるというものなんですけれども、まとめますと

50万円の購入:1,000円のキャッシュバック
100万円以上の購入:100万円毎に3,000円のキャッシュバック
500万円以上の購入:100万円毎に4,000円のキャッシュバック
1,000万円以上の購入:100万円毎に5,000円のキャッシュバック

と、このようなキャッシュバックが基本になっていますね。100万円・500万円・1000万円のラインでキャッシュバックのパーセンテージが切り上がりますので、1,000万円以上ドーンと購入するという方でなければ、できれば100万円・500万円・1,000万円という割の良いラインで購入するようにしたい所ですね。

ちなみに、今月2014年8月から細かい変更点がございまして、なぜか3年ものの個人向け国債がキャンペーンの対象外になってしまったようなんですよね。どっちみち、1年で国債を解約してキャンペーンの恩恵だけ受けるというパターンであれば、3年・5年・10年どの国債を買っても同じ結果ではあるんですけれども、それはそれとして間違えてキャンペーン対象外の3年国債を買わないように気をつけなければなりませんね。

SBI証券から個人向け国債のキャッシュバックです。

SBI証券 個人向け国債 キャッシュバック

SBI証券 個人向け国債キャンペーン キャッシュバック:続きまして、SBI証券から個人向け国債キャンペーンのキャッシュバックをいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。こちらは、過去の記事でご紹介した『高利回りのSBI債』300万円分が償還された時に、資金の再投資先として100万円分の個人向け国債を購入した事によるキャッシュバックですね。

実は、今回100万円分の個人向け国債を購入した事によってSBI証券から得られたキャッシュバックは2,000円でありまして、本当は野村證券で同額を購入した方がお得だったんですよね。野村證券の場合は、3,000円に加え、ホームトレードで購入した時は+500円の3,500円のキャッシュバックが得られるためなのです。

本来であれば、1,500円の差もあるのに面倒がって野村證券で購入しなかったというのは投資家としては失格なのかもしれませんが、あまり細かい事は気にしすぎないのも私の投資の良い所であると私は考えています。皆さんであれば、こういう時野村證券で購入するという方が多いのではないでしょうか!?

ということで、今回は個人向け国債の話題を2つご紹介しました。私は、100万円分の購入であればSBI証券でついつい国債を買ってしまうのですが、本当はキャッシュバックの割の良い大手証券で購入したい所ですよね。次回からは面倒くさがらずに、野村證券に入金して国債を買うようにした方が良いのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ