ダスキン[4665]から、200株分の配当金と株主優待券をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ダスキン[4665]から、200株分の配当金と株主優待券をいただきました。

ミスタードーナツなどの経営で有名なダスキン[4665]から、200株分の配当金と株主優待券をいただきました。ダスキンは個人と法人で100株ずつ保有しており、優待券は合計2,000円分、配当金は1株あたり40円なので、以下の配当金を受け取っております。

  • 個人:100×40×0.9=3,600円
  • 法人:100×40×0.93=3,720円
  • 合計:7,320円

ダスキン・配当金と株主優待券

ダスキン[4665]の株主優待は以下の通りです。(3月9月/年2回)

  • 100株以上:500円券が2枚
  • 300株以上:500円券が4枚

元々、ダスキン株は私が最も愛するハンバーガーショップチェーンであるモスバーガーで使うために保有していた物でしたが、5月26日にミスタードーナツを数年ぶりに食べに行った事によりすっかり魅了されてしまいまして、持ち株のマクドナルドを一部利益確定してダスキンを買い増すという行為にまで出てしまいました。

ちなみに、このダスキンの優待は外食チェーンだけ見ても結構使える範囲が広いんですよね。

  • ミスタードーナツ
  • カフェデュモンド
  • モスド(ミスドとモスのコラボ店 全国3店舗のみ)
  • 和っ花(大阪駅店のみの和風ドーナツ)
  • ザ・どん
  • かつアンドかつ
  • モスバーガー

と、株主優待の案内に出ている会社だけでもこの7種類の外食チェーンで利用する事が出来、さらに当然ながらダスキンの本業である清掃用具レンタルにも利用する事が出来ます。普段の生活だと、どうしてもミスドのイメージが強い会社ですけど、掃除用具レンタルを中心としたクリーンケアグループの売り上げが全体の66%を占めており、やはり本業はそちらなんだなと再認識するのでありました。

今回は過去2年間の株価で見てみたいと思いますが、今回の3月の権利取りに向けて大きく上げた後、全体の相場に押される形で大きく下げる形となっています。参考までに日経平均のチャートと並べてみたのですが、上下の振れ幅は違うものの連動して動いている印象ではありますよね。

最後に指標面を見てみたいと思いますが、2013年3月期の予想ベースで、PER15.75倍・PBR0.64倍・配当利回り2.72%となっています。内需中心の手堅い銘柄であり、優待を合わせると利回り3.4%と高配当とまでは言い切れませんが、利回り銘柄としてもそれほど悪くないのではないでしょうか。優待の金額がもうちょっと多ければ買い増しをしたい所ですが、現状では個人300株+法人100株保有していますので、しばらく様子見と行った所ですかね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.