国内高配当株式トップ10定点観測 (2012年6月22日時点) ソーシャルゲーム関連株価反発で[3770]ザッパラスが圏外に。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10定点観測 (2012年6月22日時点) ソーシャルゲーム関連株価反発で[3770]ザッパラスが圏外に。

先週の末、2012年6月22日時点での高配当利回り国内株式のトップ10を概観したいと思います。今回は先週とほとんど顔ぶれが変わりませんでしたが、ソーシャルゲーム関連の反発に反応したのか、携帯占いサイトで有名な[3770]のザッパラスが先週の5位(利回り6.07%)から今週は12位(利回り5.55%)と圏外落ち(株価は上昇)しました。

ちなみに、先週は高配当利回り株の相場環境が良かったのか、このコーナーが始まってから初めて全ての銘柄の配当利回りが先週比マイナス(株価は上昇)という記録を達成しました。10個もあると、一つくらいは週間でマイナスになるものだと思うんですけど、全部株価上昇って滅多にある事じゃないと思いませんか?

さて、前回の定点観測と比較したい方は、前回の高配当株定点観測の記事を合わせてご覧ください。

注:マークは、自分のポートフォリオで所有している銘柄、タコマークはSBI証券のサイト調べで、1株あたりの利益以上に配当を出す可能性がある銘柄です。

2012年6月22日現在のランキングです

  • 1(ー):(注意)[8737]あかつきフィナンシャル:6.81%(-1.29%)
  • 2(ー):(タコ)[9717]ジャステック:6.19%(-0.33%)
  • 3(ー):☆[7844]マーベラスAQL:6.15%(-0.13%)
  • 4(ー):[4767]テー・オー・ダブリュー:5.88%(-0.25%)
  • 4(+2):[9885]シャルレ:5.88%(-0.15%)
  • 6(+2):(タコ)[8152]ソマール:5.78%(-)
  • 6(+2):[9761]東海リース:5.78%(-0.03%)
  • 8(ー1):[9744]メイテック:5.76%(-0.17%)
  • 9(+1):[7561]ハークスレイ:5.65%(-0.12%)
  • 10(新):[1726]ビーアールホールディングス:5.59%(-)

補足:あかつきフィナンシャルは私の愛読している日経ヴェリタス上では3円の配当予想となっていますが、SBI証券のウェブサイト上の会社四季報のデータでは0円の予想となっていますので、注意を促す意味で、注意マークとしております。

さて、今回初めてランクインした銘柄は[1726]ビーアールホールディングスとなりました。この会社は広島県に本社を置く建設業の会社でありまして、会社四季報のコメントを借りますと、

【特色】極東興和が中核。中国、関西地盤のPC橋梁工事中堅。関東、東北へのエリア拡大にM&A駆使

ということなんだそうです。建設業は業績の振れが大きい傾向にあるので、個人的には好まない業種なのですが、この[1726]ビーアールホールディングスも2008年3月期に20億円近い営業赤字を出しており、1株あたりの利益が-233.7円というとんでもない数字を出しているようです。そして、今の1株あたりの純資産が128.6円。ということは、もう1回2008年級の赤字を出してしまうとマイナスになってしまう可能性がありますが、2009年3月期以降は黒字に転換していますので、とりあえずは安心と言った所でしょうか。

この純資産のデータからすると直近では確かに高配当ではあるのですが、個人的には投資の対象にはならないかなというのが正直な印象です。しかしながら、値上がり益目当てならば、むしろこういう株の方が化ける時は化けますので、投資というのは難しいんですよね。皆さんは、どうお考えになりますか?

ちなみに、[1726]ビーアールホールディングスは2008年3月期まで4期連続の赤字でその時には、株価は44円まで下がる場面がありました。40円台と言えば、あの住友金属工業も40円台だったことがあったので、危険水域とは言い切れないと思いますが、4期連続の赤字で40円台というとさすがに新規の投資はしにくくなりますよね。今は当時に比べて株価は3倍になっていますが、足下では黒字が続いており、配当もなされていますので当時に比べるとかなり投資はしやすくなっていますよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.