電響社[8144]から1,000株分の配当金。季節商品の家電に強い専門商社、依然高配当も魅力はやや低下しています。 - 高配当株で配当金生活

電響社[8144]から1,000株分の配当金。季節商品の家電に強い専門商社、依然高配当も魅力はやや低下しています。

読者の皆様の記事別のアクセス傾向を見ると、どうしても『メジャーな銘柄の記事の方がアクセス数が多い』傾向は否めないんですけれども、個人的には『ほとんどのヒトが知らないマイナーな銘柄』にこそ儲けのチャンスがあるような気がするんですよね。まあ、マイナーな銘柄はいつまで経ってもマイナーという可能性もなきにしもあらずなんですけれども、それでも日々マイナーな銘柄を発掘できるように努力は続けています。

8144 電響社

[8144]電響社 事業報告書:さて、今回は元々大証2部に所属する銘柄だった超マイナー銘柄である[8144]電響社から1,000株分の配当金と株主報告書をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。同社は、今は東証2部の所属になりましたけれども、今でもマイナー度合いは変わらないのか、1日の出来高が0という日も珍しくないんですよね。この記事を読んで購入したくなった場合でも、成り行きでめっちゃ高く買ってしまわないようにご注意ください。

さて、[8144]電響社のメインとする事業は『家電』の扱いでありまして、その中でも特に季節ものの家電に強みをもっているようなんですよね。基本は卸が多いようなんですけれども、中には扇風機やサーキュレーターなど自社で開発を行っている商品もあるようです。夏に強い商品が多いようなので、今年のように暑い日が続く場合は同社にとっては文字通り追い風と言えるのかもしれませんね。

8144 電響社 業績推移

[8144]電響社 業績推移:[8144]電響社の業績推移を見ておきたいと思います。基本的には、家電商品というのは海外から仕入れて来て国内で販売しているものが多いのか、円安が進んでいる今年については営業利益ベースで前年度比▲31.5%の大幅な減少となっているようです。

ただ、事業報告書には円安は理由と挙げられていないようなんですよね。減益となってしまった主要因は同業他社とのあらゆる競争が一段と激しさを増したためなんだそうです。この理由で減益の方が『円安で減益でした!』と言われるよりも先行きはちょっと不安になってしまいますね。

また、事業報告書の本文では全く振れられていないんですけれども、実は同社は営業外で不動産の賃貸も行っているようでありまして、その収入から原価を引くと何とビックリの1.84億円もの利益が出ているようなんですよね。本業の営業利益が3億円程度ですので、実は意外なまでに不動産収入がデカイという事なのかもしれません。投資家としては安心できますよね。

[8144]電響社から1,000株分の配当金です。

8144 電響社 配当金

さて、今回は[8144]電響社から1株あたり13円の配当金をいただきました。保有株数は1,000株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った金額は11,010円ということになりました。

電響社[8144]の主要指標(2014年7月30日現在)

■ PER:9.05倍(予想)
■ PBR:0.34倍(実績)
■ ROE:2.6%(実績)
■ 配当利回り:3.27%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:44.6→74.7→60.2→47.6→71.8(2015/3予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→20→23(記念)→20(2015/3予想)

では、最後に[8144]電響社の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。個人的に、同社の指標で注目したいのはPBRが0.3倍台とめちゃくちゃ低い事なんですけれども、実はそもそも同社の時価総額は保有現金+長期預金+投資有価証券よりも小さいという状況が続いているんですよね。それほど成長産業ではないとはいえ、この時価総額の低さはいずれ見直される日が来るのではないかと個人的には感じています。

1株あたりの配当は長らく年間20円が続いています。2014年3月期については、記念配当がついて年間23円となりましたけれども、この配当は1年限りとなりまして2015年3月期には元の1株=20円配当に戻ってしまうようですね。

さて、[8144]電響社の株式の今後についてなんですけれども、とりあえずはしばらくは売りもせず、買い増しもせずホールドという事で望みたいと思っています。業種的に急成長は期待できないように思うのですが、前述の時価総額の低さはいずれ見直される気もしています。それでも、配当金利回りベースで2.5%以下、株価800円程度になれば利益確定を考えたい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.