グンゼ[3002]から1,000株分の配当金。祖業のアパレルはイマイチも最近は素材関連が好調。復活の兆しがついに!? - 高配当株で配当金生活

グンゼ[3002]から1,000株分の配当金。祖業のアパレルはイマイチも最近は素材関連が好調。復活の兆しがついに!?

読者の皆様の株式投資の経験は長い方もいらっしゃれば、短い方もいらっしゃると思います。そんな中で、皆様も『業績がいつまで経ってもイマイチなのに、切るに切れずいつまでも持っている銘柄』が存在するという方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか!?

今回の記事でご紹介する[3002]グンゼは、そんな『いつまで経ってもイマイチ』な銘柄の1つでありまして、本当はさっさと切ってしまうべきだったのかもしれませんが、個人的な思い入れがあって今までずっと保有し続けている銘柄なんですよね。

3002 グンゼ 事業報告書

さて、最近は衣類と言えばユニクロなどの勢いが強く、全身ユニクロですなんていう読者の方も珍しくないのではないかと思います。この[3002]グンゼも元々は下着などで有名なアパレル系の会社でありまして、今でも紳士下着の分野では首位という事なんですけれども、最近はこの『アパレル部門』の業績は競争が激しいのかイマイチな状況が続いているようなんですよね。

3002 グンゼ 営業利益推移

[3002]グンゼ 営業利益などの推移:そんな[3002]グンゼは、リーマンショック以降の業績の落ち込みからなかなか回復する事ができず、金融危機前の1株10円の配当はおろか、減配後の1株7.5円の配当も怪しいほどの業績が続いていましたが、今期はようやく業績が持ち直す傾向にありまして、営業利益ベースでは前の年に比べて2.5倍というかなりの躍進となりました。まあ、それでも1株あたりの利益は13円程度でありまして、10円の配当復活にはちょっと遠いように思いますね。

3002 グンゼ 素材事業

[3002]グンゼ 好調な素材事業:[3002]グンゼのメインの事業と言えば、言うまでもなく下着などに代表される『アパレル事業』なのですが、この分野は他社との競争が激しいのか今期の営業利益率は2%に留まっています。

その一方、今期の同社の業績躍進の一番の要因となったのが、上記の機能ソリューション事業の好調さなんですよね。つまりは『素材系』の事業なんですけれども、ペットボトルのフィルムや、タッチパネルなど意外に皆さんの身近にあるようなタイプの商品が好調で同セクターで前年度比7割程度の増益となったようでした。

3002 グンゼ 目標

[3002]グンゼ 私たちはやればできる:今期の業績は昨年までに比べると大幅回復となった[3002]グンゼ。しかしながら、7〜8年前の事を思うと全然もの足りない業績ですし、株価もリーマンショック前の4割程度でしかないんですよね。そういう同社ですけれども、今年からは新しい中期計画である『CAN20』が始まるようです。詳細についてはご紹介しませんけれども、個人的には5年程度で1株利益20円を達成し、以前の10円配当の復活・・という展開に期待したい所ですね。

[3002]グンゼから配当金をいただきました。

3002 グンゼ 配当金

さて、今回は[3002]グンゼから1株あたり7.5円の配当金をいただきました。保有株数は1,000株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,352円ということになりました。

※参考 [3002]グンゼの株主優待(9月/年1回)

(1)自社商品(肌着・パジャマ)または(2)「GUNZEポイント」付与
■ 1000株以上:(1)2,000円相当または(2)2,000ポイント
■ 3000株以上:(1)4,000円相当または(2)4,000ポイント

グンゼ[3002]の主要指標(2014年7月27日現在)

■ PER:25.45倍(予想)
■ PBR:0.48倍(実績)
■ ROE:2.2%(実績)
■ 配当利回り:2.68%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:9.2→3.0→-6.1→13.1→11.0(2015/03予想)
■ 直近5期の配当推移:7.5→7.5→7.5→7.5→7.5(2015/03予想)

では、最後に[3002]グンゼの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。記事の前半で、同社の業績は今期大きく回復したと書きましたけれども、実はスタートラインが非常に低かったためでありまして、今期の大幅に回復している業績でもまだ割安とは言えない状況ではあるんですよね。

それでも、配当金生活を送っている私としてはとりあえず、1株=7.5円の配当が継続できそうなレベルの業績水準に戻って来たので安心はしています。欲を言うと、リーマンショック前の1株=10円の配当を望みたい所なのですが、それはもう少し業績が回復してきてからということになりそうですね。

さて、長らく法人で1,000株を保有している[3002]グンゼですけれども、今までの業績がイマイチだったがために私が保有している銘柄の中では大きく株価が出遅れています。『今後復活する』とは言い切れない銘柄ではありますけれども、株主優待目当てで個人で1,000株購入しても良いのかなと思っている所です。どっちみち、同社の下着は普段から愛用していますしね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.