アドバンスクリエイト[8798]から200株分の配当金。ネット系保険代理店の小型・高配当株式、目下頭打ちでここが勝負所か!? - 高配当株で配当金生活

アドバンスクリエイト[8798]から200株分の配当金。ネット系保険代理店の小型・高配当株式、目下頭打ちでここが勝負所か!?

元々、ネット通販の店長としてひたすら頑張る事によって配当金生活のための資金を作り上げた私たっちゃん。本当は、店舗をもっと大きくしてさらに資産を殖やすという事も考えたんですけれども、私はネットで成功するにはある程度運も必要だと感じて、あまり欲張る事はせずにあっさりと配当金生活に入る事にしました。

『ある程度の運』とは何でしょうか!?私が感じる『運』とは検索エンジンのアルゴリズムなんですよね。皆さんもウェブサイトを探す時に、検索エンジンを使って検索すると思うんですけれども、どうしても検索結果の上の方に表示されるページを見がちなのではないかと思います。

ネット通販の場合、リピーターのお客様であれば定期的に発行しているメールマガジンでキープする事が出来るんですけれども、それでも新規のお客さんが入らなければ売上は逓減となってしまいます。やはり、検索エンジンから新しいお客さんをゲットする事が必要なんですよね。それならば、自分で検索エンジンの順位を上げる事ができるのか?ある程度対策はあるんでしょうけれども、ある程度は『運』だと言わざるを得ないと思うんですよね。

8798 アドバンスクリエイト 事業報告書

さて、今回の記事でご紹介する[8798]アドバンスクリエイトは、保険代理店でありまして主力は自社が運営するサイトである『保険市場』からの集客という事になっています。こういったサイトの場合、広告出稿からのサイトへの誘因も当然あるんでしょうけれども、やはり『検索エンジン』からの集客にも期待したいと思うんですよね。

しかしながら、『検索エンジン』が順位付けを決める場合のアルゴリズムは公開されている訳ではなく、私個人の意見としては、前述のとおり上位表示にはある程度の運が必要ではないかと思うのです。意外なほどに、ネット系の会社ではこれ1つで業績がそれなりに動く事もあり、小型企業の業績が安定しない一因になる事もあるんですよね。

保険市場 集客施策

[8798]アドバンスクリエイト 保険市場の集客施策:さて、基本的には『保険比較サイト』と言える[8798]アドバンスクリエイトの『保険市場』ですけれども、単純な保険比較サイトというだけではなく、情報メディアサイトとしての脱皮を図ろうとしているようです。特に力を入れているのは『著名人によるコラム』という事なんですよね。「なぜ台湾は親日なのか」なんて一見関係ないようにも思えるのですが、まずは多彩なコンテンツを準備して集客する所からスタートという来んセプトからのコンテンツなんでしょうね。

スマホからの資料請求

[8798]アドバンスクリエイト スマホからの資料請求:さて、最近のウェブサイトを語る上で外す事ができないのがスマートフォンへの対応です。PCなどでウェブサイトをご覧になる方からすると、『そんな対応必要あるの!?』というご意見をお持ちの方もいらっしゃると思うのですが、今や『スマホの時代』でありまして、当ブログでも実はスマホからのアクセスが過半数を超える日もちょくちょく出て来ています。

ということで、上の画像のように[8798]アドバンスクリエイトにおいても、スマートフォン版のウェブサイトの改良と、iPhoneアプリの開発を進めて来たという事なんですね。資料請求数は前年度比15%増、そしてスマホからの請求は全体の4割を超えて来ているという事です。私のブログと同じく、スマホが過半数を占めるという日も遠くないのかもしれませんね。

[8798]アドバンスクリエイトから配当金をいただきました。

8798 アドバンスクリエイト 配当金

さて、今回は[8798]アドバンスクリエイトから1株あたり20円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,388円ということになりました。

アドバンスクリエイト[8798]の主要指標(2014年6月24日現在)

■ PER:19.2倍(予想)
■ PBR:3.22倍(実績)
■ ROE:16.0%(実績)
■ 配当利回り:3.14%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:40.7→61.8→53.7→61.7→66.4(2014/09予想)
■ 直近5期の配当推移:30→30→35→40→40(2014/09予想)

では、最後に[8798]アドバンスクリエイトの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。最近は、ウェブ上のサイトである『保険市場』だけではなく、実店舗の『保険市場』の出店も活発である同社、指標面では必ずしも割安ではありませんけれども、同社が成長株と考えるのであれば妥当な数字なのかもしれません。

さて、売上高・営業利益ベースでは中期的には徐々に拡大していっているように思える[8798]アドバンスクリエイト。しかしながら、2014年9月期は増益のペースが鈍るようで、もしかすると営業利益で前年度比マイナスもあり得そうな展開なんですよね。それを反映してか、直近の株価は上がってはいるものの、それほどドーンと上げるという感覚ではありません。

この[8798]アドバンスクリエイトの株式の今後の方針なんですけれども、おそらくは同社の利益水準が今後も拡大していくのであれば、過去のパターンから徐々に増配されるように思います。そうでないとしても、利益ヨコヨコ水準を目指してほしいですね。しばらくの間は、買い増しも利益確定もなく、様子見で臨みたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.