日本航空[9201]の間違いなく国内線最高峰のサービス『国内線ファーストクラス』。株主優待券を使って羽田空港=伊丹空港を搭乗です。 - 高配当株で配当金生活

日本航空[9201]の間違いなく国内線最高峰のサービス『国内線ファーストクラス』。株主優待券を使って羽田空港=伊丹空港を搭乗です。

国内各地を飛行機で移動するとして、もし皆さんが『優雅な移動』を楽しみたいという事であれば、その選択肢は[9201]日本航空の『ファーストクラス』と[9202]ANAHDの『プレミアムクラス』があります。

この大手2社のサービスは、どちらも普通席の運賃+8,000円となっておりまして、お値段だけ見るとほぼ横並びのサービスに見えてしまうのですが、両社の株主、両社のヘビーユーザーの私から見ると、内容についてはJALのファーストクラスの方が上であると言わざるを得ないんですよね。

ただ、この[9201]JALのファーストクラスは、羽田空港=伊丹空港・新千歳空港・福岡空港・那覇空港の4路線にしか就航しておらず、私のような関西在住の人にとっては、せっかくのファーストクラスのサービスを堪能できる便がないんですよね。短い伊丹=羽田便でも使う時は使いますけれども、どの路線も通常料金+8,000円なのでちょっともったいなく感じてしまいます。

ちなみに、株主優待券を利用する時はちょっと注意が必要でありまして、JALの場合はこの『+8,000円』の部分は半額とならないんですよね。ANAの場合は、株主優待券利用の場合は普通運賃の半額『+5,000円』と微妙に半額に届かない割引がなされておりまして、株主優待券を利用する場合はANAプレミアムクラスの方が安いという状況が生まれています。

サービス面では、ANAよりもJALの方が素晴らしい『国内線最高クラス』のサービスですけれども、そもそも大阪発着で東京以外に最上級クラスを設置してくれているのは、[9202]ANAHDだけなんですよね。そう思うと、私のように関西地域に住んでいる人が国内線を優雅に利用するのであれば、『ANA中心』になるのは仕方ない事なのかもしれません。東京に住んでいれば、JAL中心になりそうですけどね。

[9201]日本航空の株主優待券(3月/9月 年2回)

株主割引券(普通運賃の50%割引)
■ 100株以上:1枚/年
■ 200株以上:2枚/年(1+1枚)
■ 300株以上:3枚/年(2+1枚)
■ 400株以上:4枚/年(2+2枚)
■ 500株以上:5枚/年(3+2枚)
■ 600株以上:6枚/年(3+3枚)
■ 700株以上:7枚/年(4+3枚)
■ 800株以上:8枚/年(4+4枚)
■ 900株以上:9枚/年(5+4枚)
■ 1000株以上:10枚/年(5+5枚) 以下省略
※ 3年以上継続して保有の場合、300株以上1,000株未満の株主には半年あたり1枚、1,000株以上10,000株未満の株主には半年あたり2枚、10,000株以上の株主には半年あたり3枚追加となります。

JAL 9201 株主優待券

JAL117便 羽田空港=伊丹空港(ファーストクラス)の昼食です。

JAL117便

JAL117便 伊丹空港行き:ということで、今回はJAL117便のファーストクラスに乗って大阪・伊丹空港まで帰ることにしたいと思います。この飛行機は12:30発ということでありまして、ランチタイムの搭乗という事になりますね。本当は、ファーストクラスは夕食時間帯の方が食事の内容が豪華なのですが、それはまたの機会ということにしたいと思います。

本日のランチ

JAL117便のランチ(2014年5月搭乗)

前菜

前菜:筍桜えび和え・さより磯焼き・セロリ浅漬け・鶏照り焼き・花弁じゃが芋

小鉢

小鉢:すき煮鉢・真烏賊酢みそ和え

ふっくりんこ

北海道産の高級米:ふっくりんこ

by カエレバ

さて、JALの国内線ファーストクラスのお食事で個人的に一番美味しいと思うのが、この『ふっくりんこ』という高級米なんですよね。当然ながら、ファーストクラスのお食事はおかずも美味しいんですけれども、それ以上にこのお米が食事のバランスを整えてくれているような気がするのです。機上でいただくお米としては絶品ではないかと思うんですよね。興味のある方は、上記画像をクリックいただければと思います。

味噌汁

お味噌汁とからだ巡茶

ということで、今回は先月末に東京から大阪に移動するために利用した[9201]日本航空のJAL117便国内線ファーストクラスの機内食をご紹介しました。このファーストクラスのサービス、ツアーや格安チケットであっても当日空きがあれば『+8,000円』で利用可能です。決して安くはないと思いますが、東京=福岡・札幌・沖縄くらいの距離であれば価値があると思うんですよね。是非とも、一度お試しいただければと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.