日本マクドナルド[2702]の株主優待券を利用して新商品の『ドイツバーガー ポークシュニッツェル』などをいただきました。ワールドカップが間近なんですね。 - 高配当株で配当金生活

日本マクドナルド[2702]の株主優待券を利用して新商品の『ドイツバーガー ポークシュニッツェル』などをいただきました。ワールドカップが間近なんですね。

2014年のサッカーワールドカップの開幕が2014年6月12日に近づいてまいりました。私は、実はサッカーはキャプテン翼のアニメの再放送以外見た事がなく、今の日本代表が誰かというのもよほど有名な人以外は全く知らないんですけれども、読者の皆様の中には開幕が楽しみで仕方ないという方も少なくないのではないでしょうか。

[2702]日本マクドナルドでは、このワールドカップの盛り上がりに便乗する形で、昨日2014年5月27日からサッカーワールドカップにちなんだ商品を販売しているんですよね。そのメニュー数は結構多くありまして、同社の今回のキャンペーンに対する意気込みを感じます。

これは、店舗によって違うとは思うのですが、私がマクドナルドの今回のキャンペーンが気合いが入っているなと一番感じた部分は、店員さんが全員サッカーのユニフォームのコスプレをしていた所なんですよね。皆で一体となってサッカーワールドカップを盛り上げましょうという事なんでしょうね。同社のイマイチな業績は、今回のキャンペーンで刺激されるのでしょうか!?

日本マクドナルドホールディングス[2702]の株主優待 (12月6月/年2回)

優待食事券
■ 100株〜:1冊
■ 300株〜:3冊
■ 500株〜:5冊
※1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚

■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。オススメ口座を紹介しています。

日本マクドナルドHD[2702]の主要指標(2014年5月27日現在)

■ PER:63.19倍(予想)
■ PBR:2.21倍(実績)
■ ROE:3.0%(実績)
■ 配当利回り:1.05%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:59.2→100.0→96.8→38.6→45.1(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:30→30→30→30→30(2014/12予想)

今回は『ドイツバーガー シュニッツェル』などをいただきます。

チキンマックナゲット イタリアンバジルチーズソース

チキンマックナゲット イタリアンバジルソース:今回のワールドカップ連動のキャンペーンは『ハンバーガー』だけの発売に留まらず、サイドメニューにも及んでいるんですよね。このチキンマックナゲットは、ポテトの代わりに株主優待券でオーダーできる商品であります。チーズソースはちょっとコッテリ感がありますけれども、個人的にはオススメかなと思いました。

ドイツバーガーシュニッツェル

ドイツバーガー ポークシュニッツェル:ということで、今回のメインであるドイツバーガーをいただく事にしたいと思います。ドイツというよりも、日本の対戦相手のバーガーにした方が良いんじゃないの!?と思ったのですが、それだと『バーガーが開発しにくい』という欠点があったんでしょうね。ベタな『ドイツ』がバーガーの題材の1つとして選択されました。

箱を開封

ドイツバーガー ポークシュニッツェル 箱を開封:『ドイツ』風のバーガーということで、今回のこのパンはドイツ名物である『プレッツェル』をイメージしているんだそうです。

ソース

ドイツバーガー ポークシュニッツェル ソースなど:『ポークシュニッツェル』というと要するに『ポークカツ』ということであり、ツアーなどでドイツに行くと一度は出てくる超定番のメニューという事になりますね。キノコの香りが漂うソースと一緒にいただくバーガーとなっていますが、味自体はまあまあ美味しいかなと思いました。ただ、単品価格で399円と思うと、ちょっと高いかなと思いますけどね。

ジャパンマックフローと

ジャパンマックフロート:さて、私は日本人ですので、やはり日本を応援したいという事でドリンクはジャパンマックフロートを選択いたしました。日本らしい『青』をイメージしたマックフロートとなっていますね。コレも株主優待券で選択可能ですので、こういったタイプの飲み物が嫌いという事でなければ、株主優待券の使い勝手の面からはオススメできます。

ということで、今回は[2702]日本マクドナルドの新商品であるドイツバーガー ポークシュニッツェルなどをご紹介しました。今回のキャンペーンでは、他にも続々と新商品があるようですので、ワールドカップ開催期間中まで、この系統のメニューを少しずつご紹介していくことにしたいと思います。手元には山ほどマクドナルドの株主優待券が余っていますしね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ