年2回のゲームやアニメ関係グッズの購入に大活躍。[3048]ビックカメラから4,000円分の株主優待券と配当金をゲットです。 - 高配当株で配当金生活

年2回のゲームやアニメ関係グッズの購入に大活躍。[3048]ビックカメラから4,000円分の株主優待券と配当金をゲットです。

『もうアマゾンや楽天市場のようなネット通販が浸透しているんだから業績は頭打ち』『業界最大手の[9831]ヤマダ電機の業績がイマイチ』などと難癖をつけて、元々個人で1,000株+法人で1,000株の2,000株を保有していたのに個人100株+法人100株まで持ち株を減らしてしまった[3048]ビックカメラ

私は元ネット通販の店長でありまして、この業界自体がスゴい勢いで伸びて来ているのを目の当たりにしていますので、正直な所ネットと商品の差別化がしにくい家電量販店は厳しいというのが元店長としての私の結論だったんですよね。


※ ヤフーファイナンスから引用した[3048]ビックカメラの過去2年間の株価

その一方で、この[3048]ビックカメラの株価はこの2年間まさに『順調』の一言でありました。今後、『業績が悪くなりそうだけど優待取りで株価が上がってるのかな?』と思い、持ち株数を徐々に減らしていった私なんですけれども、その私の読みは大ハズレでありまして、同社の業績は堅調そのものだったのです。長年愛用していた会社なのに、その実力を信じられなかったとは恥ずかしい事ですよね。

3048 ビックカメラ 株主報告書

業界最大手の[9831]ヤマダ電機の業績がイマイチなのに、2位の[3048]ビックカメラの業績が堅調というのも難しい所です。確かに会社の毛色が違うというのは分かるんですけれども、ここまで業績に差が出てくるのは予想外だったんですよね。今からの投資妙味という点から言うと将来の復活に賭けて『ヤマダ電機』の方が面白いかもしれませんけどね。

ビックカメラ[3048]の株主優待(2月8月 年2回)

買物優待券(1,000円)
■ 100株以上:2月2枚・8月1枚
■ 500株以上:2月3枚・8月2枚
■ 1,000株以上:2月5枚・8月5枚
■ 10,000株以上:2月25枚・8月25枚
※ 1年以上の保有で年1枚・2年以上の保有で年2枚追加されます。

この[3048]ビックカメラの株主優待券は、長期で保有している株主が優遇される制度という事になっています。最低単位の100株の保有の場合、年間でいただける株主優待券の金額は3,000円なんですけれども、コレが2年以上の長期保有であれば5,000円まで増加するんですよね。今の上がった株価であっても優待利回り7%という大盤振る舞いなのです。

ビックカメラ以外でも優待を使う事は可能です。

3048 ビックカメラ 優待の利用方法

『ビックカメラ』のお店以外でも使える優待:さて、この[3048]ビックカメラの株主優待券なんですけれども、同社の傘下である『ソフマップ』『コジマ』でも利用する事が可能なんですよね。『ビックカメラ』のお店は大都市の都心部中心の出店なので、お住まいの地域によっては『コジマ』の方が便利な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、『ソフマップ』は出店地域的には『ビックカメラ』と被る傾向にあると思うのですが、同社はアニメやゲーム、パソコン系の商品に非常に強く、『ビックカメラ』とはまた違った使い方が出来るのではないかと思います。同社の優待券はヒトそれぞれの使い方がありそうですよね。

ビックカメラ.com

ちなみに、同社の株主優待券は意外かもしれませんが、[3048]ビックカメラ系列の各種インターネット通販でも利用が可能です。株主優待券を郵送で送付しなければいけないなど、面倒さは否めないのですが、上のバナーで示してある通り基本は送料無料ということですし、ユーザーとしては便利なサイトと言えるのではないでしょうか!?

[3048]ビックカメラから配当金をいただきました。

3048 ビックカメラ 配当金

さて、今回は[3048]ビックカメラから1株あたり500円の配当金をいただきました。この配当の基準は株式100分割前のものでありまして、今の基準だと1株当たり5円ということになりますね。当時の保有株数は、個人で1株+法人で1株の合計2株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った金額は823円ということになりました。

[3048]ビックカメラの主要指標(2014年5月18日現在)

■ PER:14.44倍(予想)
■ PBR:1.53倍(実績)
■ ROE:3.3%(実績)
■ 配当利回り:1.4%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:52.7→23.3→14.2→49.3→48.3(2015/08予想)
■ 直近5期の配当推移:10→10→10→10→10(2015/07予想)

では、最後に[3048]ビックカメラの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。3期前の2011年8月期の業績は1株利益で52円とまあまあだった同社、その後は『エコポイント』の先取り効果が消えまして、業績は急減速してしまいます。

個人的な予想としては、1株利益(EPS)は20円くらいでヨコヨコするのかと勝手に悲観していたのですが、同社の場合は良い形で裏切られる事となりまして、数年前の業績まで一気に回復して来ているんですよね。特に今期は『消費税駆け込み需要』という説もありますので、本当の勝負はここからと言えるかもしれませんけどね。

ということで、この[3048]ビックカメラは『利益確定したら株価がもっと上がっていった』という私の失敗の典型的な例の1つということになってしまいましたけれども、今残っている個人100株+法人100株は株主優待券目当てでコレからも長期ホールドということにしたいと思っています。また、株価が今の半分くらいになったら1,000株+1,000株まで買い増しを行いたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ