ゲストハウスウェディングで有名な[2128]ノバレーゼから300株分の配当金とレストラン食事3割引券などの株主優待をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ゲストハウスウェディングで有名な[2128]ノバレーゼから300株分の配当金とレストラン食事3割引券などの株主優待をいただきました。

私が子供の頃は結婚式+披露宴というと『ホテルで行う』のが定番だったように思いますが、最近はレストラン・ウェディングが増えて来ているように思いますね。私も30歳を超えましたので、友達の結婚式に何度も出席しましたけれども、レストラン・ウェディングの形式で行われる結婚式・披露宴には何度も参加しました。

今回は、そのレストラン・ウェディングの分野で著名な[2128]ノバレーゼから、配当金と自社関連のサービスで利用できる株主優待券をいただきましたので、その内容をご紹介することにしたいと思います。

[2128]ノバレーゼの株主優待(12月/年1回)

100株以上の全ての株主が対象です
■ レストラン優待券(30%割引)1枚
■ ギフト商品優待券(20%割引)4枚

2128 ノバレーゼ 株主優待

実は、[2128]ノバレーゼの株主優待は2012年12月の権利確定分までオリジナルクオカード1,000円分もございまして、意外に凝った内容で評価も高かった(興味のある方は過去の記事をご参照ください。)んですけれども、今回の権利確定からはクオカードは廃止となってしまいました。優待利回りがちょっと下がるので個人的には残念ですね。

さて、個人的にはお気に入りの『豪華なランチ』。1人ではなかなか行きにくいものなんですけれども、昨年の株主優待券を使うために[2128]ノバレーゼの運営する施設の1つであるジェームズ邸(神戸市垂水区)に過去訪れています。今年の優待では兵庫県芦屋市の別の施設に行く予定なのですが、過去の利用記録に興味のある方はこちらの記事もご覧いただければ幸いでございます。

[2128]ノバレーゼから300株分の配当金です。

2128 ノバレーゼ 配当金

さて、今回は[2128]ノバレーゼから1株あたり14円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,557円ということになりました。

ノバレーゼ[2128]の主要指標(2014年4月14日現在)

■ PER:9.22倍(予想)
■ PBR:1.64倍(実績)
■ ROE:11.4%(実績)
■ 配当利回り:2.63%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:101.5→70.4→50.4→68.7→107.3(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:22→25→25→26→26(2014/12予想)

では、最後に[2128]ノバレーゼの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。上の1株当たり純利益(EPS)を見ると、2011年12月期から3期連続で業績が不調だったように見えますけれども、昨年2013年12月期については主たる要因は『減損損失』という一時的な損失であったため、実質は昨年2013年12月期から業績は回復して来ています。

EPSを見てみると、2013年12月期→2014年12月期で50%ほど伸びる事になっているようなんですけれども、同社の株価は意外に素直な動きをするようでありまして、株価もこの1年で素直に50%ほど上昇しているようなんですよね。その一方で、増配ペースは緩やかな事から、いつの間にか高配当株式ではなくなってしまいました。

今後も、ある程度今のレベルの景気が継続すると仮定すると、最低でも現状レベルの業績が続くのではないかと見ています。消費税増税の影響は気になりますが、『結婚式』は避けられる消費ではないと思いますし、元々[2128]ノバレーゼの結婚式はあくまで『結婚式』の中では安い部類に入りますからね。個人的には、影響が少ないと期待したい所です。

ということで、『高配当株式』からは陥落してしまった[2128]ノバレーゼですけれども、保有株数が300株とそれほど多くない事もあり、コレからはレストラン30%割引券を目当てにのんびりと長期保有しつつ、年に1回のノバレーゼグループのお店でのランチを楽しむ事にしたいと思っています。レストラン訪問時には、また改めて記事の形でご紹介します。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.