長年の苦難に耐えて3倍強で利益確定するも、さらに上がって大後悔。[3053]ペッパーフードサービスから最後の優待をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

長年の苦難に耐えて3倍強で利益確定するも、さらに上がって大後悔。[3053]ペッパーフードサービスから最後の優待をいただきました。

一時期は『業績不調の』『会社存続ももしかして・・!?』という言葉を枕詞に付けるのがお似合いだと思われていた[3053]ペッパーフードサービス。同社は、ステーキ系ファーストフードの『ペッパーランチ』で読者の皆様にもおなじみかと思うのですが、過去のペッパーランチ店舗内での事件が尾を引く形で、特に関西地域でのイメージは今でも悪いままのように思います。

この事件のせいか、また不景気のあおりも同時に受けてしまったのか、[3053]ペッパーフードサービスの業績は赤字の連続となってしまいまして、株価は一時期400円程度まで下落。今の株主優待の基準で言うと、優待利回り10%以上というお宝株式(ただし会社が存続すれば)となっておりまして、とりあえず100株を長らく保有しておりました。

3053 ペッパーフードサービス 株主通信

しかしながら、本当に実力のある会社はいつかは復活するもの。その見極めはなかなか難しく、私の保有株で低迷を続けたままのものも少なくないんですけれども、この[3053]ペッパーフードサービスについては、最近色々と初めている新業態が当たる形となり、一気に業績を回復させてきました。


SBI証券のページから引用した[3053]ペッパーフードサービス1ヶ月チャート

その[3053]ペッパーフードサービスの業績V字回復の見込みを見てか、株価は2014年4月に入って急上昇します。確かにこの調子の業績予想だと株価2,000円くらいでもおかしくはないと思ったのですが、さすがにそこまでは・・・と思いまして欲張らずに1,500円程度で利益確定してしまったんですよね。

1,500円でも買った時の値段からは3倍以上だったんですけれども、その後数日もせずに株価は2,000円の大台に乗った訳でありまして、『昇り調子にある株式を売却するタイミングは難しい』と思った出来事の1つなのでありました。

[3053]ペッパーフードサービスの株主優待券(6月/12月 年2回)

優待食事券(500円)
■ 100株以上:5枚
■ 500株以上:10枚
■ 1,000株以上:15枚

ペッパーフードサービス 株主優待券

最近は、新業態が絶好調ということですね。

新業態

最近の景気の追い風を受けて『ちょっと高級な消費』ブームに乗っている[3053]ペッパーフードサービスですけれども、メインブランドの『ペッパーランチ』だけではなく、牛たんブランドの『牛たん仙台なとり』や、テレビでも話題となったステーキ量り売り店である『いきなり!ステーキ』もブレイクしているようです。特に『いきなり!ステーキ』は、見た目に華があるだけに、今後の展開に期待できるのではないかと思いますね。

ちなみに、今話題の『いきなり!ステーキ』を食べてみたいという方もいらっしゃると思いますが、この『いきなり!ステーキ』は、株主優待の利用OKだと言う事です。銀座に2店舗しか出店していませんので、私はわざわざ食べに行くことはありませんが、首都圏在住の株主の皆様は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか!?

ペッパーフードサービス[3053]の主要指標(2014年4月18日現在)

■ PER:17.52倍(予想)
■ PBR:12.18倍(実績)
■ ROE:32.9%(実績)
■ 配当利回り:0%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-32.9→11.5→5.4→53.1→111.2(2014/12予想)
■ 直近5期の配当推移:0→0→0→0→0(2014/12予想)

では、最後に[3053]ペッパーフードサービスの主要な指標をチェックしておきたいと思います。同社は、大赤字が数年続いた時に自己資本が毀損してしまい、今での1株あたりの純資産は160円程度と株価が2,000円近い事を思うと、ちょっとバランスが悪いかなという感は否めません。その分、ROEはめちゃくちゃ高くなっているんですけどね。

ただ、PERの面を重視しますと、今期2014年12月期予想は1株あたり利益(EPS)が2期前の20倍程度になる事から、一気に『買える株式』へと変貌を遂げたんですよね。まあ、ここからさらに業績向上→株価上昇の良コンボもあり得なくはないと思うのですが、あまり欲張りすぎないのが『私らしい投資』と言えるのでしょうか。

長らく無配が続いた同社ですけれども、2015年12月期にはもしかすると復配するのではないか!?という会社四季報のデータもあります。『無配→復配』は、株価上昇のネタとしては定番パターンなのですが、同社も復配決定の時に、さらに株価が上昇する事はあるのでしょうか!? 個人的には注目点の1つとしたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.