夏休み限定で子供にスイスのサマースクール体験を。[9202]ANAからボーディング・スクールの案内をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

夏休み限定で子供にスイスのサマースクール体験を。[9202]ANAからボーディング・スクールの案内をいただきました。

このブログをご覧の方の中には、子育てまっただ中という読者の方も少なくないと思うのですが、今回は[9202]ANAHDからスイスのサマースクールであるスイス・ボーディングスクールの広告の案内をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

今回のスイスのボーディング・スクールの広告、子供のいない既婚者ならともかく、独り者の私に送って来てどういう訳かと疑問に思ってしまうのですが、もしかすると30過ぎのオッサンでも通う事ができるのかと思い内容を見てみた所、学校自体に通う事ができるのは、やはり最大で20歳までのお子様のようですね。

ANA ボーディング・スクールの広告

さて、今回は[9202]ANAHDから、こんな感じでスイスのボーディング・スクールの広告をいただきました。ボーディング・スクールというとちょっと馴染みの無い単語だと思いますよね。一般的な用語ではサマースクールの方が分かりやすいかもしれません。

この『ボーディング』という単語は、綴りは『boarding』でありまして、『飛行機の搭乗』という意味で覚えている方が多いと思うんですけれども、実は『寄宿、下宿生活』という意味もあるんだそうです。

ボーディング・スクールの案内

さて、今回ANAセールス株式会社からいただいた広告の文面を読むと、このスイスのボーディング・スクールは『国際人養成学校』としておなじみのようですね。確かにスイスの学校の広告は、今回に限らずクレジットカードの機関誌にもちょくちょく広告が出ています。お金のある親御さんからすると、子供に良い体験をさせてあげられる定番のイベントということなんでしょうかね!?

サマースクールの案内

さて、元々は19世紀にドイツで始まったという『ボーディング・スクール』の歴史ですけれども、最近はスイスがこの分野に力を入れておりまして、今回のチラシでは11個の学校の案内が掲載されていました。それぞれの学校が独自のプログラムを開発しており、『語学・スポーツ・芸術・アウトドア活動』など、それぞれの学校で色々な体験ができるということなんですよね。

コレージュ・シャンピテ

実際に、チラシの中から学校の例をみておきたいと思います。こちらは、コレージュ・シャンピテという学校でありまして、スイスの保養地であるローザンヌにある学校ということですね。

サマースクールの期間は7月13日〜7月26日となっておりまして、対象の年齢は11歳から16歳まで、そして言語は英語がドイツ語を選択することになります。この年齢で英語を流暢に話すのはなかなか難しいと思いますが、おそらくはそれほど日本人が居ない環境の中で、英語を話さざるを得ない体験というのは貴重なのかもしれませんね。

プログラムの料金

さて、将来子供が出来たら、私も自分の子供にこういうプログラムを体験させてあげても良いかなと思っているんですけれども、残念ながらその費用は結構高いんですよね。こちらは、今回の例に挙げたコレージュ・シャンピテの学費などの表なんですけれども、

■ 学校プログラム費用:473,850円
■ エコノミークラス航空運賃:239,580円
■ 手続き代行及び現地サポート:300,000円
合計:1,074,000円

と、お子様を2週間スイスのローザンヌに送り出すと、何とビックリの100万円コースとなってしまいました。実は、コレでも今回掲載されている11学校の中では安い方でありまして、中には合計で200万円近くしてしまうコースもあるんですよね。

正直な所、このプランに掲載されている航空運賃と、サポート料金はちょっと高い気もしないでもないんですけれども、教育にお金をかける親御さんはこれくらいは気にしないものなのかもしれません。皆さんは、スイスの『ボーディング・スクール』にお子様を通わせたいと感じましたでしょうか!?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.