当ブログ初登場。名古屋本拠地の[3066]JBイレブンの株主優待券で中華料理店『ロンフーダイニング』のチャーハンなどをいただきます。 - 高配当株で配当金生活

当ブログ初登場。名古屋本拠地の[3066]JBイレブンの株主優待券で中華料理店『ロンフーダイニング』のチャーハンなどをいただきます。

今回は、名古屋を本拠地とする外食系の銘柄である[3066]JBイレブンの株主優待券を使って、同社が経営する中華レストランの『ロンフーダイニング』でランチをいただいてきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

[3066]JBイレブンについては、過去に株主優待券をいただいた時に記事として紹介しているんですけれども、実際にお店に食べに行くのは今回が初めてということになりますね。

上場市場が名証2部、そして本拠地は名古屋という同社。首都圏・関西地区などにも出店はしているものの、多くお店が点在しているのは東海地方ということになりますね。私の地元兵庫県では、[3066]JBイレブンのお店は全部で2店舗だけとなっています。

そう思うと、この[3066]JBイレブンの株主優待券は関西人の私には使いにくいのかな・・と思いつつ、実は資本提携している[9850]グルメ杵屋のお店でも使う事ができるんですよね。今回のように、直接[3066]JBイレブンのお店に行けない方は、『グルメ杵屋』系列のお店で使うという手もあるのです。

[3066]JBイレブンの株主優待券(3月9月/年2回)

優待お食事券
■ 100株以上:1,500円分
■ 500株以上:5,000円分
■ 1,000株以上:10,000円分

3066 JBイレブン 株主優待券

JBイレブン[3066]の主要指標(2014年3月23日現在)

■ PER:96.49倍(予想)
■ PBR:1.83倍(実績)
■ ROE:2.0%(実績)
■ 配当利回り:0.91%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-140.5→11.3→12.3→11.4→17.1(2015/3予想)
■ 直近5期の配当推移:0→0→10→10→10(2015/3予想)

さて、1株当たりの利益(EPS)を見る限り、2012年3月期から安定の推移をしているように見える[3066]JBイレブンなんですけれども、実はこのEPSの水準では、PERを計算すると100倍近い驚きの割高株になっているということには注意が必要です。100株投資した時に株主優待の利回り自体は3%弱ありますけれども、この株価は株主優待あってこそだという事は予め知っておきたい事実ですね。

中華料理店『ロンフーダイニング』でランチをいただきました。

今回は、[3066]JBイレブンの2大ブランドの1つである中華料理店『ロンフーダイニング』にランチを食べに参りました。メインブランドのラーメン店『一刻魁堂』も一度は行ってみたいんですけれども、兵庫県内のお店は車がないと行きにくい場所にありますので、しばらくの間は訪れる事はなさそうなんですよね。いずれ訪れる日はやってくるのでしょうか!?

さて、今回は『ロンフーダイニング』のランチメニューをいただくつもりでやって来たんですけれども、どうも土曜日はランチメニューがないらしく、多少割高な通常メニューになってしまいました。ロンフーダイニングはチャーハンが名物ということなので、チャーハンメニューの1番上にある楊州(やんしゅう)チャーハンと、麻婆豆腐などがついてくる『ロンフーセット』を合わせて合計1,280円の注文となっています。

ザーサイ

ザーサイ:ロンフーセットに含まれています。

サラダ

サラダ:ロンフーセットに含まれています。

スープ

スープ:チャーハン系の商品には必ず付いているようです。

楊州(やんしゅう)チャーハン

楊州(やんしゅう)チャーハン:単品価格は税込み830円でした。

麻婆豆腐

麻婆豆腐:ロンフーセット(450円)のメイン料理。写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、石鍋がめっちゃ熱いために、麻婆豆腐もグツグツいっています。味は非常に美味しいかなと思ったんですけれども、最小レベルの辛さにも関わらずとにかく辛くてビックリしました。辛いのが苦手な方は、止めておいた方が無難かなと思います。

ということで、今回は名古屋を本拠地とする中華料理・ラーメンチェーンの[3066]JBイレブンが経営するロンフーダイニングでのランチをご紹介しました。感想としては、まあまあ美味しかったと思いますので、家から自転車で行ける範囲にお店があれば買い増ししても良いかなと思いましたね。現実的には[9850]グルメ杵屋と相互で優待が使えるようになっているため、関西の方であれば『杵屋の補完』として購入するのもアリではないかと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.