今となってはビックリの超高利率の第288回利付国債(利率1.7%)の利金と、国債キャンペーンのキャッシュバックをゲットです。 - 高配当株で配当金生活

今となってはビックリの超高利率の第288回利付国債(利率1.7%)の利金と、国債キャンペーンのキャッシュバックをゲットです。

2014年に入ってから上に下にと大きく荒れる国内株式。一般的には、国内株式が上がるか下がるかは外国人投資家の取引に左右されがちと言われておりまして、最近では6割以上が外国人取引の日もあるんだそうです。

その外国人投資家達が、先週については1兆円程国内株式を売り越ししまして、この規模の売り越しは、なんとあのブラックマンデーの時以来ということなんですよね。ブラックマンデーというと、私はまだ小学生になった頃だったんですけれども、調べてみると26年前という事なんだそうです。この記事をご覧の方には、まだ生まれていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

こんな感じで株式相場が軟調になってしまうと、『もう債券でええかな・・・』と考える方も少なくないのではないかと思います。本来、昨年の年末のように株価が好調だった場面では、経済学的なセオリーでは、国債の利回りが上がるということになるんですけれども、今は異次元の金融緩和などで長期金利が押さえ込まれているため、日本国債への投資妙味もないんですよね。難しい場面かなと思います。

超入門 日本国債 (平凡社新書)

千代田 圭之 平凡社 2003-06
売り上げランキング : 346395
by ヨメレバ

第288回日本国債(10年)の利金をいただきました。

さて、私の保有している『日本国債』はほとんどが個人向け国債というのが現状です。というのも、基本的には利回りがせめて1%程度はないと国債に投資しようとは思えないんですよね。また、普通の国債は利回りが上がると価格が下がってしまいますので、満期まで保有しないのであれば大損してしまう可能性もあるのです。

10年国債利金

今回利金をいただいた第288回日本国債は、私が保有する銘柄の中では珍しく個人向けではない普通の10年国債ということになりますね。この国債は、リーマンショック前の好景気の時に購入した物でありまして、その利率は何とビックリの1.7%でありました。保有元本は50万円で、税引後に受け取っている利金は3,388円ですが、本当はこの国債はもっと強気に購入しておくべきでしたね。

SBI証券から国債購入によるキャッシュバックをいただきました。

SBI証券国債購入キャッシュバック

さて、お次はSBI証券からいただいた国債キャッシュバックキャンペーンをご紹介することにしたいと思います。国債キャッシュバックキャンペーンは、もし皆さんが500万・1000万単位で国債を購入できるのであれば、大手証券会社で恩恵を受けるのがベストなんですけれども、100万円くらいまでであれば既にSBI証券の口座をお持ちであれば同証券で購入するのも手だと思うんですよね。

SBI証券で個人向け国債を購入した場合、50万円の購入で1,000円、100万円の購入で2,000円のキャッシュバックがなされるんですけれども、過去の記事でご紹介した大手のキャッシュバックキャンペーンでは、100万円の購入で3,000円のキャッシュバックとSBI証券とそれほど大差がある訳ではありません。これくらいの差であれば、わざわざ新規で大手証券会社に口座を開かなくても・・とお考えになる方もいらっしゃると思います。

キャッシュバック

ということで、私は先日SBI証券で個人向け国債を100万円分購入しましたので、同証券から2,000円のキャッシュバックを受け取っています。上の表において3月14日のその他という項目がそれに当たりますね。また、3月20日には今回の10年国債の利金も振込されている事が分かるのではないかと思います。

今回の記事では、リーマンショックの前の好景気の時に購入した『利率1.7%10年国債』から利金をいただいた話題と、SBI証券から個人向け国債のキャッシュバックをいただいたという話題の2本をお届けしました。下げ相場だとどうしても『国債などの元本が比較的安全な商品』に目が向いてしまう事は当然ですよね。本当は、株を買いたい時と思った時に国債を買う、株を売りたいと思った時に国債を売るという心構えの方が長期では成功する可能性が高いようにも思えるんですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.