JAL・日本航空[9201]新千歳空港サクララウンジ。ゴーマンなお客さんの典型例をご紹介です。(セゾン投信札幌運用報告会の旅 その11) - 高配当株で配当金生活

JAL・日本航空[9201]新千歳空港サクララウンジ。ゴーマンなお客さんの典型例をご紹介です。(セゾン投信札幌運用報告会の旅 その11)

2014年3月8日に、北海道の札幌市にてセゾン投信の第7期資産運用報告会が開催されました。この資産運用報告会は、全国各地で開催されているものでありまして、当然ながら私の地元大阪でも開催されたものなのですが、せっかくなのでこの機会に久しぶりに北海道に行くかと思いまして、敢えて札幌開催の申込を行いました。

今回はこの旅行記の11回目となりまして、ついに札幌から大阪に帰る事となりました。まずは、新千歳空港の[9201]JAL・日本航空の空港ラウンジである、新千歳空港サクララウンジをご紹介することにしたいと思います。

さて、私はJAL系列のクレジットカードとして、JALダイナースカードを利用しているんですけれども、今から作るとすれば間違いなくJAL アメリカン・エキスプレス・カードなんですよね。リンク先を見ていただくと分かるんですけれども、プラチナカードの場合はJALの航空券の決済に使うと100円=4マイル貯まってしまうという驚きのカードなのです。


初年度年会費無料&最大36,500マイルプレゼント☆

プラチナカードっていうと年会費もお高いのでは!?とお思いの方も多いと思うんですけれども、実際は年会費は31,000円+消費税でありまして、アメックス・プラチナカードの年会費が130,000円+消費税である事を思うと驚愕の安さなんですよね。

実際、コレだけ年会費の差がありますので、プロパーのアメックス・プラチナカードに比べるとサービスではかなり見劣りはするんですけれども、旅行系のサービスではそこまで差はないのではないかと思います。元々[9201]JAL系列の航空券で旅行・出張が多いという方は、この機会にこのカードを作ってみるのもアリかもしません。

この記事以外のセゾン投信 札幌運用報告会の旅の記事はこちらからご覧になれます。

JALは一部のお客様の傍若無人ぶりが目立つような・・・!?

初音ミク

その登場は2007年と意外に古いものの、最近その知名度を上げて来たキャラクターであると言える『初音ミク』。私は正直な所あまり知らないキャラクターなんですけれども、それはさておきこの可愛いキャラクターを書いているイラストレーターのKEIさんが千歳市出身という事で、新千歳空港は意外なまでに『初音ミク推し』となっています。上記は、[9064]ヤマト運輸の段ボールのデザインですね。こんな所にまで初音ミクが採用されています。

新千歳空港 サクララウンジ

ということで、[9201]JALのカウンターでチェックインを済ませ、飛行機の搭乗時間までは新千歳空港のサクララウンジで待機することにしたいと思います。このJALのラウンジは、基本的には同社のヘビーユーザーが利用できるラウンジなんですけれども、基本的にはライバルの[9202]ANAよりも年齢層が高い気がするんですよね。

年齢層が高い事自体は全く悪い事ではないんですけれども、どうも私がいつも見ている限り、『混んでいるラウンジなのに荷物を椅子に置いている』人や、『袋のお菓子を大量に持って帰る』『当たり前のように携帯電話で通話する』迷惑行為を行う人は、年齢層の高いスーツのおっちゃんが多い気がするのです。

いい年なんだから、もっと常識的に振る舞ってほしいと思うのですが、会社内でちやほやされると勘違いしてしまうんでしょうかね!?JALの優良会員組織の事を『JGC(ジャル・グローバル・クラブ)』と称しているんですけれども、コレをジャル・ゴーマンズ・クラブと呼ぶ人がおり、コレはある意味的を射ているのではないかと私は感じてしまいます。本当にゴーマンなのは一部のお客さんだけなんですけどね。

ラウンジ椅子

新千歳空港サクララウンジ 椅子の雰囲気

コーヒーマシン

新千歳空港サクララウンジ コーヒーマシン

コーヒーとお菓子

新千歳空港サクララウンジ コーヒーと大量に持ち帰られるお菓子

ソフトドリンク

新千歳空港サクララウンジ 各種ソフトドリンク

カウンター席

元々めちゃくちゃ大混雑する傾向にあった新千歳空港のサクララウンジ。あまりに混んでいるためか、最近カウンター席が大量に増設されました。カウンター席で座るくらいなら、ラウンジで待たなくても良いんじゃないの!?という意見もあると思うのですが、ビールを飲みながら空いているスペースでゆっくりしたい人は、このカウンターの方が良いのかもしれませんね。このカウンター席のエリアはご覧の通り、ガラガラ状態となっておりました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.