JAL2001便 大阪伊丹空港=新千歳空港 クラスJでの道中をご紹介します。(セゾン投信札幌運用報告会の旅 その3) - 高配当株で配当金生活

JAL2001便 大阪伊丹空港=新千歳空港 クラスJでの道中をご紹介します。(セゾン投信札幌運用報告会の旅 その3)

2014年3月8日に、北海道の札幌市にてセゾン投信の第7期資産運用報告会が開催されました。この資産運用報告会は、全国各地で開催されているものでありまして、当然ながら私の地元大阪でも開催されたものなのですが、せっかくなのでこの機会に久しぶりに北海道に行くかと思いまして、敢えて札幌開催の申込を行いました。

今回は、この旅行記の3回目となりまして、大阪伊丹空港から新千歳空港までの航空便をご紹介することにしたいと思います。今回搭乗した便はJAL2001便となりまして、午前中に大阪から札幌に向かう便となっております。なお、座席は+1,000円の支払いで意外にゆったりとしている『クラスJ』を利用しています。

この記事以外のセゾン投信 札幌運用報告会の旅の記事はこちらからご覧になれます。

さて、私はJAL系列のクレジットカードとして、JALダイナースカードを利用しているんですけれども、今から作るとすれば間違いなくJAL アメリカン・エキスプレス・カードなんですよね。リンク先を見ていただくと分かるんですけれども、プラチナカードの場合はJALの航空券の決済に使うと100円=4マイル貯まってしまうという驚きのカードなのです。


初年度年会費無料&最大36,500マイルプレゼント☆

プラチナカードっていうと年会費もお高いのでは!?とお思いの方も多いと思うんですけれども、実際は年会費は31,000円+消費税でありまして、アメックス・プラチナカードの年会費が130,000円+消費税である事を思うと驚愕の安さなんですよね。

実際、コレだけ年会費の差がありますので、プロパーのアメックス・プラチナカードに比べるとサービスではかなり見劣りはするんですけれども、旅行系のサービスではそこまで差はないのではないかと思います。元々[9201]JAL系列の航空券で旅行・出張が多いという方は、この機会にこのカードを作ってみるのもアリかもしません。

JAL2001便 伊丹空港=新千歳空港 クラスJ(2014/3月)

大阪伊丹空港

ということでやってまいりましたのは朝の大阪伊丹空港です。大阪から中部地方や中国地方は鉄道が強いため便がほとんど存在していないのですが、東京・北海道・東北・沖縄については航空機の便が多いんですよね。九州については、かつては鉄道よりも航空機が強かったのですが、西九州については最近は九州新幹線に押されており、機材がどんどん小型化しています。影響が少ないのは宮崎くらいでしょうかね。

クラスJの座席

クラスJの座席:登場した頃は画期的だったこのクラスJの座席。通常ボーイング767では横7列が当たり前だった所、このクラスJは横6列(ANAのプレミアムクラスでは5列)と結構広くなっています。さすがに椅子自体ちょっと古くなって来ており、そろそろリニューアルが行われるようですね。

スクリーン

前方スクリーン:国内線では文字ニュースとビデオ放映がなされます。

手荷物収納

手荷物収納:この機材はボーイング767という中型機なんですけれども、機体年齢の新しいボーイング767に比べると幾分収納スペースが少ないように思えるんですよね。荷物を収納するのに苦戦しているお客様も少なくないように思います。

ヘッドフォン

ヘッドフォン

ハピリカ

ハピリカ:JALの飛行機に乗って北海道に遊びに行くお客さん限定で配られる小冊子です。中を見てみると、北海道各地で使えるクーポン券がついておりまして、意外に役立つように思いますね。まあ、こういう小冊子ではあまり美味しくないのに宣伝熱心なお店も載っているというのには気をつけないといけないですけどね。

プレミスト琴似

プレミスト琴似:こういう冊子にちゃっかり広告スペースがあるというのもさすがJALです。こちらは、最近私の所に良くDMを送って来てくださる[1925]大和ハウス工業のマンションブランドの1つである『プレミスト琴似』という物件の宣伝のようですね。この広告を見る限り、札幌は大都会なのに新築マンションは意外に安いようです。将来の移住先の候補に挙がるかも!?

野菜ジュース

野菜ジュース:機内ドリンクサービスの1つです。この野菜ジュースだけは『クラスJ限定』のサービスとなっております。せっかく『クラスJ』に乗ったんだから・・・という方はこのジュースを選ぶのも良いかもしれません。

ホットコーヒー

ホットコーヒー:機内ドリンクサービスの1つです。JALのコーヒーは『コーヒーハンター川島良彰氏』と提携しておりまして、銘柄にはこだわっているという事なんですよね。国内線では川島氏厳選とはいえ、典型的なアラビカ豆のインスタントコーヒーという事ですが、なぜか美味しく感じてしまうのは気のせいでしょうか!?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.