国内外高配当銘柄人気ランキングトップ10(2014年2月)今月は商社・薬品・通信などベタな銘柄が上位を独占しています。 - 高配当株で配当金生活

国内外高配当銘柄人気ランキングトップ10(2014年2月)今月は商社・薬品・通信などベタな銘柄が上位を独占しています。

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2014年2月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内外の高配当株式関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。先月までは海外個別株・ETFはランキングの対象外としておりましたが、保有銘柄数が増えてきているため今月からランキングの対象としています。

「高配当株式」の定義というと、正確な定義は定められていないためその判断が難しい所ですよね。実は、このブログをスタートさせた時は株価が低迷していて高配当株式がゴロゴロ市場に眠っていたために、配当利回り4%以上を「高配当株式の定義」としていたんですけれども、最近は株価が全体的に上昇しているため、今回の記事でご紹介するのは「来期配当利回り3%以上見込み」の銘柄ということにさせていただきます。

なお、今回のランキングは2013年1月25日〜2014年2月23日までのアクセス数を元に判断しています。アクセス数が基準となっており、「利回り順」のランキングではないことと、過去の記事は明らかな誤りがない限りは書き直しをしませんので、リンク先の記事が最新の情報を反映していない可能性がある事は予めご了承いただければ幸いです。なお、下記ランキングにおける配当利回りは2014年2月21日の配当予想ベースとなっています。

第10位:[8119]三栄コーポレーション(配当利回り3.98%)

家具・調理用品などを扱う専門商社で小型高配当株の[8119]三栄コーポレーションから自社が扱う商品選び放題の株主優待です。

第9位:[7751]キヤノン(配当利回り4.16%)

超大型株の中では屈指の高配当ハイテク銘柄[7751]キヤノン。でも、株価は激下げプンプン丸状態で先行き不安!?

第8位:[8006]ユアサ・フナショク(配当利回り3.36%)

食品卸が本業の小型高配当株式[8006]ユアサ・フナショクから中間報告書。意外にもホテル事業・不動産事業が好調で業績は鉄壁の安定感!?

第7位:[8411]みずほFG【売却済】(配当利回り3.02%)

個人投資家に大人気の準高配当銘柄。[8411]みずほフィナンシャルグループから7500株分の配当金です。

第6位:[JXI]グローバル公益事業ETF(配当利回り4.10%)

金融危機後に買ったのにまさかのヨコヨコ推移で大失敗。高配当外国株式ETFの[JXI]グローバル公益事業ETFから配当金をいただきました。

第5位:[4502]武田薬品工業(配当利回り3.71%)

武田薬品工業[4502]は高収益企業でキャッシュリッチで勝ち組企業。そう思っていた時期はありませんか!?同社から配当金をいただいています。

第4位:[DVY]iシェアーズ好配当株式ETF(配当利回り3.07%)

アメリカ高配当株式ハンターの基本ETF。[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFから2,656株分の配当金をいただきました。

第3位:[9432]日本電信電話(配当利回り2.99%)

※配当利回り3%弱ですがギリギリなのでオマケでランクインといたしました。

世界に羽ばたく国内屈指のディフェンシブ高配当内需株。[9432]日本電信電話から400株分の配当金をいただきました。

第2位:[4568]第一三共(配当利回り3.48%)

ジェネリック薬に強い子会社が毎度の『米国禁輸措置』で株価は下落。[4568]第一三共から600株分の配当金です。

第1位:[8031]三井物産(配当利回り3.24%)

割安だけれども単純に高配当と考えるのはちょっと危険!? 泣く子も黙る超大手商社の[8031]三井物産から600株分の配当金をいただきました。

ということで、今月は新規の小型株の配当関連の記事が少なかったためか、グーグルなどの検索からのアクセスが多いメジャーな株式が上位に並ぶ結果になりました。上位の三井物産・第一三共・武田薬品工業は私が保有している『ちょっとイマイチ系高配当』の代表と言っても良いくらいの銘柄ですね。

個人的に今後の推移に注目しているのが、米国ETFである[JXI]グローバル公益事業ETFです。リーマンショック後、株価が回復する局面で全然株価が上がらず結局は大失敗となってしまった同銘柄への投資。そろそろ個人的には報われると信じたいのですが、『公益事業』の株がそれほど上がるとも思えませんよね。まあ、『出遅れ銘柄』が好きな方はココでこそ狙い目と言えるのかもしれませんけどね。

2014年2月 国内外高配当銘柄人気ランキングトップ10 まとめ

1位:[8031]三井物産(3.24%)
2位:[4568]第一三共(3.48%)
3位:[9432]日本電信電話(2.99%)
4位:[DVY]iシェアーズ好配当株式ETF(3.07%)
5位:[4502]武田薬品工業(3.71%)
6位:[JXI]iシェアーズグローバル公益事業ETF(4.10%)
7位:[8411]みずほフィナンシャルグループ(3.02%)
8位:[8006]ユアサ・フナショク(3.36%)
9位:[7751]キヤノン(4.16%)
10位:[8119]三栄コーポレーション(3.98%)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.