モーニングスターファンドオブザイヤー2013優秀ファンド賞受賞。信託報酬は激高の日興アセット『7つの卵』から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

モーニングスターファンドオブザイヤー2013優秀ファンド賞受賞。信託報酬は激高の日興アセット『7つの卵』から分配金です。

今回は、配当金生活のポートフォリオとは関係なく保有している投資信託のうち、私の学生時代の友達でその後日興証券に入社した友達のススメで購入した投資信託であるGW7つの卵から分配金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

参考:たっちゃんが投資・生活などでメインで使っている口座たち

■ 国内株:SBI証券
■ 海外株(米国株・米国ETF):マネックス証券
■ 国内債券(ほとんどが個人向け国債):野村證券
■ 海外債券:SMBC日興証券
■ 日常の決済:三井住友銀行
■ ネット銀行:ジャパンネット銀行

さて、私が投資や日常の決済などで利用している証券会社・銀行などは主に上のようになっているんですけれども、このうち国内債券と海外債券については両方とも野村證券で問題ないような気がしますよね。

コレを、わざわざ海外債券についてはSMBC日興証券(旧日興証券)で取引しているのは、友達にお願いされてこの日興証券に口座を開設したためなんですよね。本当は、投資信託を買った方が彼の成績になるんでしょうけれども、当時から基本的にはあまり投資信託を買わなかった私なので、実際に購入した投資信託は今回の記事でご紹介しているGW7つの卵だけという事になります。

7つの卵 資産構成

さて、この『GW7つの卵』という投資信託は典型的なファンドオブファンズの形式でございまして、上のように7つのマザーファンドに分散投資する事によって、『卵を1つのカゴに盛らない』という投資法を実践しているという事になりますね。

この『GW7つの卵』は実は2003年2月に登場している超老舗の投資信託であるために、現在のこのようなタイプのファンドには必ず入っているリート関係は組み込まれていないというのが特徴ですね。リートは個人的には好きな投資対象ですが。中には好まない人もいると思いますので、こういう株+債券の国際分散ポートフォリオも悪くはないのではないかと思います。皆さんの投資の参考になるかもしれませんね。

最近の株高・円安のおかげで、最近の『GW7つの卵』の運用実績もまあまあ好調でありまして、2014年1月末時点でのリターンを見てみると、過去1年で+22.35%、過去3年で+40.15%、過去5年で+75.02%などとなっています。

現在の運用成績

実際、私が投資している『GW7つの卵』も相場がソコソコ好調だった9年前くらいに購入して物でありまして、リーマンショックの直後は見るも無惨な運用成績となってしまっていたのですが、現在は幸いにも最初に購入した10万円が12万3千円程度に増えているようですね。あれだけマイナスになっていたのに、+に復帰しているとは感慨深い物です。

■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(世界分散投資)
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信(国内株式)

さて、私は最近資産形成の一環として、上記2投資信託を定期的に積み立てています。今回ご紹介している『GW7つの卵』と、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、結構キャラが被っておりそのパフォーマンスの差が気になる所なのですが、下記ヤフーファイナンスから引用した5年チャートでそれを比較してみました。

と、このチャートを見る限り青線のGW7つの卵が時期によって少しだけ勝ったり負けたりでありまして、最後にドーンと差がついているように思えるんですけれども、実際は下の画像のように2014年1月10日に3.5%前後の分配金が出ているためでして、実際の勝ち負けはほとんどないと言う事になります。

実は、この2つの投資信託はその信託報酬に年あたり1%の差がありますので、5年チャートであれば、本来は5%程度差がついても良いように思えるのですが、上のチャートを見る限りそのような差はほとんど付いていないという事がわかると思います。

この理由を探ってみると、この2投資信託は実は株式の投資比率に違いがございまして、7つの卵の方は株式比率7割前後、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの方は株式半分程度という事なんですよね。

そう思うと、2つの投資信託の値動きにはもう少し差があっても良かったようにも思えるのですが、意外なほどに似たような値動きをしているという所に驚きを隠せませんでした。皆さんはどのような感想をお持ちになりましたでしょうか!?

GW7つの卵 分配金

ということで、今回はこの日興アセットマネジメントのGW7つの卵から1万口あたり350円分の分配金をいただいています。この分配金は再投資するように設定しておりますので、配当金生活の足しにはなりません。

『GW7つの卵』の信託報酬は何とビックリの年率1.89%の超高級ファンドであります。コレくらい支払うのであれば、指数よりも年2%くらいアウトパフォームしてくれるとウレシイのですが、実際の所マザーファンドの中には年平均で2%以上アウトパフォームしているものも複数あるようなんですよね。中にはインデックスにも負けているマザーファンドもありますけどね。

と、実はモーニングスターの優秀ファンド2013に輝くだけあって、それほど悪い成績ではない『GW7つの卵』。コレから買い増しを行う事はありませんが、信託報酬の高い投資信託に長期間投資を続けるとどうなるかという事も気になりますので、基本的には売却を行う事なく、長期で保有し続けたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.