台湾の[2610]中華航空(チャイナエアライン)のビジネスクラスの座席で行く台湾4日間の旅が何とビックリ4万円台で。即申込みしました。 - 高配当株で配当金生活

台湾の[2610]中華航空(チャイナエアライン)のビジネスクラスの座席で行く台湾4日間の旅が何とビックリ4万円台で。即申込みしました。

最近、日本の周りの一部の国の日本批判が高まっている中、国内からの旅行先として人気が相対的に高まっているのが、台湾と東南アジアという事だそうです。逆に、韓国・台湾・東南アジアなどからの観光客も最近の円安を背景に増えているということで、特にLCCの就航が活発な関西地域へのアジアからの旅行客の数はうなぎのぼりの状況のようです。地元経済が観光客で潤うのはウレシイ限りですよね。

私も台湾・香港や東南アジアなどは普段から積極的に旅行に行く地域であります。その中でも、香港・東南アジアについては、外国株の投資先としても候補に挙げており、旅行に行く時は『どういう企業に投資するかのヒント』を探るようにしているんですよね。

台湾株についても、本当は投資してみてもいいかなという気持ちは心の中にあるんですけれども、アジア株に投資したいと思ってアイザワ証券に法人口座を申込んだら審査落ちしたという過去もあって、未だ投資には至っていません。好きな国ですし、いずれはネット証券のいずれかで『台湾株』の取扱を開始してほしい所ですね。

中華航空のビジネスクラスの座席を使ってなんとビックリ4万円台です。

さて、その台湾の最大の航空会社が中華航空(チャイナエアライン)なんですよね。名前に『チャイナ』と入っているがためなのか、『中国の航空会社は使いたくない』という私の友達は「絶対に使いたくない」と言っていた事があります。実は台湾の航空会社であるというのは意外に知られていないのかもしれません。

このチャイナエアラインのビジネスクラスの座席を利用して、台湾に旅行する特売ツアーが今回、JTBから発売されまして、私も早速久しぶりに台湾に行こうと思って申込を終えました。関西国際空港発ではありますが、かなりお得なツアーだと思いますので皆様にもご紹介することにしたいと思います。

このツアー、『ビジネスクラス』ではなくビジネスクラスの座席であるというのが安さのポイントでありまして、今回のチャイナエアラインの大阪=台北の便は春休み限定の『臨時便』という扱いのようで、『ビジネスクラスの椅子でもサービスはエコノミークラスと同じ』なんですよね。ただ、ビジネスクラスのサービスで一番重要だと思うのは、何と言っても『椅子』だと思います。それで、ツアーが安くなるのであれば言う事なしだと思うんですよね。

今回のJTBの台湾特売ツアーについては、JTBの公式ページの直接このリンクから詳細をご覧いただけますけれども、それなりのホテルに宿泊して2泊4日(1泊は機内泊)のツアー代金が44,800円+諸税という事になっています。

この44,800円という代金の中には、燃油サーチャージは入っておりまして、別途必要になるのは空港利用税などという事になりますね。ということで、結果的には5万円弱の総額という事になります。また、1名で宿泊であれば14,000円の追加代金がかかってしまうのですが、それを支払ってもビジネスクラスの椅子で移動するツアーであるという事を思うと安いツアーであると言えますね。

ただ、このツアー、なんと設定が3月20日〜3月28日の間にしかなされていないのです。まあ、今回のツアーの利用便となっている『チャイナエアライン春休み臨時便』の就航日がこの間ということで、今回っきりの大チャンス価格と言えるのかもしれませんね。

ということで、この記事をご覧の方の中で今から1ヶ月後にいきなり4日間のツアーに行けるという方も少ないのかもしれませんけれども、このツアーは臨時便という事だけあってか、最初の日は22:00に関西国際空港を出発し、最終日は何とビックリの5:15に関西国際空港に戻ってくる便という事になっています。という事で、金曜の夜〜月曜の朝というツアーの設定も可能という事なんですよね。

私の一押しツアーである今回のJTBのチャイナエアラインビジネスクラスの椅子を利用するツアー。基本は自由行動なのですが、大人気の小籠包のお店であるディンタイフォン(鼎泰豐)のクーポンも付いているという気前の良いツアーなのです。関西にお住まいの台湾に行ってみたいという方は、この機会に検討なさってみてはいかがでしょうか!?

今回のツアー以外にも、JTBのウェブサイトでは『旅のアウトレット 春だ!そうだ!』キャンペーンとして、全国各地発のお得な直前出発のツアーが準備されています。首都圏発はもちろんの事、それ以外の地方発のツアーも色々準備されているようですので、この時期にお得に旅行に行ってみたいという方は、この機会に一度チェックされてみてはいかがでしょうか!?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.