ANAファーストクラスの機内食で人生初のキャビア食べ放題。豪華すぎて食べ方がわかりません。(ANAファーストクラスで行くロサンゼルスその6) - 高配当株で配当金生活

ANAファーストクラスの機内食で人生初のキャビア食べ放題。豪華すぎて食べ方がわかりません。(ANAファーストクラスで行くロサンゼルスその6)

海外旅行が好きな方なら一度は憧れる国際線ファーストクラス。私は往復150万円以上もするファーストクラスの運賃を実際に支払うまでの勇気はないんですけれども、[9202]ANAHDのアップグレードポイントを利用してついに同社のロサンゼルス行きファーストクラスのチケットを取る事に成功しました。この連載記事では、そのロサンゼルス旅行の顛末をご紹介することにしたいと思います。

今回の記事は旅行記の6記事目になりまして、ANA6便 成田空港=ロサンゼルスの機内でいただいた食事の一部をご紹介することにしたいと思います。今回は長距離路線という事もあり、機内食は合計2回あったんですけれども、1回目の機内食の量が多すぎて、写真が合計20枚を超えていましたので1回目の機内食をその6・その7の2回に分けてご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

ANAファーストクラスの機内食がスタートです

さて、ANAファーストクラスのお食事と言えばその代表格が『キャビア』であります。言わずと知れた世界三大珍味ではありますが、食材としては結構メジャーなので、食べた事はあるという方が多いのではないでしょうか。

私も当然キャビアは『食べた事はある』訳なんですけれども、今回のファーストクラスのようにキャビアが食べ放題という状況になった事は当然ありません。しかも、今回キャビア(30g)の値段を初めて調べてみたんですけれども、いや・・こんなに高かったんですね。気になる方は、上のキャビア画像をクリックしていただければと思います。

ここであえてヘッドフォンを準備します

イヤホン

ということで、食事の前にヘッドホンを準備したいと思います。というのも、普段は私は機内では本か新聞を読んで過ごす事が多いんですけれども、さすがに食事をしながら本や新聞という訳にはいかないので、食事の時になって初めてこんな感じでヘッドホンを準備するんですよね。ファーストクラスらしく、ソニー製のノイズキャンセルの豪華なヘッドフォンが備え付けられています。

NHKニュース等を見ながら機内食をいただきます

NHKニュース

ANAの機内では国内・海外を問わず国内で上映されたばかりの邦画や、国内ではまだ見ることのできない洋画が色々見られるんですけれども、個人的には映画は興味がないので、こんな感じでNHKニュースや、ドキュメンタリー番組を見て過ごす事になります。

水曜どうでしょう アメリカ横断編が放映されていました

今回は、『水曜どうでしょう アメリカ横断編』という番組が放映されていたんですよね。この番組は、今やメジャーになった『大泉洋』さんが北海道ローカルのタレントだった頃にブレイクするきっかけとなったバラエティー番組です。『旅』をテーマにした企画が多く、旅行好きの私としては結構面白い番組だと思いますね。まあ、この企画のように1週間でレンタカーでアメリカ横断というのは私には無理でしょうけれども・・・。

シャルドネ・マップルジュース

シャルドネ

ファーストクラスらしいソフトドリンクとして、本格的なワインジュースが提供されました。あまりに美味しくて、食事中にボトル1本空けてしまったんですけれども、後から値段を調べてみるとなんと720mmで3,500円のジュースだったようです。何とビックリですね。

ドリンクのお供 アミューズ

前菜のアミューズ

ドリンクのお供にアミューズをいただきます。

和食の機内食の準備

和食

今回は、機内食全体としては『和食』をいただく事になったため、こんな感じで『和食』の準備がなされました。ただし、ファーストクラスでは洋食・和食を問わず、メニューの中から自分の好きな物だけを注文して良いんだそうです。

人生ではじめていただく豪快なキャビア祭り

キャビア

ということで、今回は『和食』コースにも関わらず、洋食コースの前菜である『キャビア』をいただいてみることにしました。コース料理でちょこっとキャビアを食べた事がある私なんですけれども、『キャビアだけ』を食べるのはコレが初めてという事になります。今まで知らなかったんですけれども、キャビアってこんな感じで提供されるんですね。下のパンケーキのようなものにキャビアを乗せていただくというスタイルなんだそうです。

キャビアのアップ画像

キャビアのアップ

ということで、初めていただく『キャビアだけ』という事になります。本来このキャビアは『魚の卵』なので、魚っぽいのかなと思っていたのですが、それほど魚っぽさは感じませんでした。和食の前菜としてはどうか!?とも思ったのですが、普段の食生活ではキャビアを食べる事は滅多にないでしょうし、人生経験としては良かったのではないかと思います。皆さんも貯まったマイレージでファーストクラスに乗る機会があれば、是非ともキャビアにチャレンジしてみてくださいね。

ANAファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記 前後の記事

■ 前の記事:その5 ANA6便 成田空港=ロサンゼルス。アメニティ・超豪華な座席など
■ 次の記事:その7 ANA6便 国際線ファーストクラスでいただく超豪華な和食の夕食

ANAファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記 目次

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.