ANA6便 成田空港=ロサンゼルス。ウェルカムドリンク・アメニティ・降りたくなくなる座席のご紹介です。(ANAファーストクラスで行くロサンゼルスその5) - 高配当株で配当金生活

ANA6便 成田空港=ロサンゼルス。ウェルカムドリンク・アメニティ・降りたくなくなる座席のご紹介です。(ANAファーストクラスで行くロサンゼルスその5)

海外旅行が好きな方なら一度は憧れる国際線ファーストクラス。私は往復150万円以上もするファーストクラスの運賃を実際に支払うまでの勇気はないんですけれども、[9202]ANAHDのアップグレードポイントを利用してついに同社のロサンゼルス行きファーストクラスのチケットを取る事に成功しました。この連載記事では、そのロサンゼルス旅行の顛末をご紹介することにしたいと思います。

今回の記事は旅行記の5記事目になりまして、ついにここからメインのテーマの1つである『ANAのファーストクラス』をご紹介することにしたいと思います。今回の記事では、ブログ記事のタイトルにも記載している通りウェルカムドリンク・アメニティ・座席などをご紹介することにしたいと思います。今回のロサンゼルス行きの飛行時間は9時間弱だったのですが、コレだけ良い座席なら24時間くらい乗っても良かったというのが正直な印象ですね。


スポンサーリンク

ANA6便 成田空港=ロサンゼルス(ファーストクラス)2014年1月

ANA6便:搭乗口に到着です

搭乗口

前回の記事でご紹介した成田空港ANA SUITE LOUNGEを後にして、今回の搭乗ゲートである57番近辺にやってまいりました。横の58番ゲートはシアトル行きでありまして、この辺りはアメリカに行くお客さんだらけだったという事になりますね。ちなみに、ファーストクラス利用のお客さんは真っ先に飛行機に搭乗する事が出来ます。

ANA6便:ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク

飛行機に搭乗すると、早速担当のCAさんがあいさつに来てくださり、その後ウェルカムドリンクのサービスという事になります。本来はシャンパンを選ぶのが普通なんでしょうけれども、私は飛行機に乗るとどうも酔いやすいため、こういう場ではジュースを選択することにしています。ちょっともったいないですけどね。

ANA6便:RIMOWA製アメニティポーチ

アメニティ

ビジネスクラス以上では機内で利用する歯ブラシやちょっとした化粧品などが入った『ポーチ』がいただけるのが定番になっているんですけれども、今回のANA便のポーチは何と人気のバッグブランドである『RIMOWA』製のものでありました。ファーストクラス限定のアメニティということで、オークションサイトを見てみるとなんと1万円以上で取引されているようなんですよね。個人的には、このポーチは今後も旅行で愛用するようにしたいと思っています。

ANA6便:歯ブラシセットなど

歯ブラシ

その他、ご自由にアメニティをお取りくださいという事でしたので、今回は旅行先のホテルで使うための歯ブラシに、マスクとアロマをいただきました。

ANA6便:トイレの中でパジャマにお着替えです

トイレ

さて、急にこの写真はトイレの中となります。なぜ離陸前にトイレの中に入って来たかと申しますと、なんとファーストクラスではこんな感じでパジャマが準備されておりまして、離陸前に『着替えますか!?』と聞かれるためなんですよね。キッチリした格好で機内で過ごすのもどうかと思ったので、今回は用意されているパジャマに着替えることにしました。

ANA6便:パジャマの上から着る上着

上着

こちらは上の写真のパジャマに似ているのですが、パジャマの上から着る上着ということになります。このパジャマと上着のセット。なんと『持ち帰る事もOK』ということですので、今回はロサンゼルスでのホテルの滞在着として持ち運ぶ事にいたしました。アメリカのホテルはパジャマがないのが通常なので、こういうのは意外に役に立つんですよね。

ANA6便:ベッドメイク

ベッド

さて、こちらは1回目の機内食が終わった後の座席の様子になります。180度フルフラットのベッドになるというのは当然の事なんですけれども、実は食事が終わってしばらく経つとCAさんがこんな感じでベッドメイクしてくれるんですよね。

そして、この写真では全然分からないと思うのですが、このANAのファーストクラスではベッドに西川製の『AIR』というマットレスが使われています。最近、この系統のマットレスが各社から発売されていますけれども、このAIRもその1つということになりますね。初めての体験でしたけれども、寝心地は抜群でした。

ANA6便:西川のAIRのベッドで寝ているところです

寝ています

ということで、実際に寝るとこんな感じになります。食事直後でお腹いっぱいでありまして、さらに寝ることの出来る時間が3〜4時間程度しかなく非常にもったいない気がするんですよね。飛行時間があと5〜6時間あればぐっすりと眠ることができると思うんですけれども・・・。

ANA6便:起きるとアメリカ大陸が近づいていました

起きました

この快適なベッドでぐっすり休んだ後、起きて地図を見ると既にここまで近づいて来ているようです。まあ、意外にこの地図は広いので、ここまで近づいていてもまだ2時間以上はかかるんですけどね。ということで、短い睡眠の後はまた機内食という事になります。本当、ファーストクラスは全てのサービスを受けようと思うと、食事地獄になってしまいますよね。美味しいので何も文句はないんですけれども・・・・。

ANAファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記 前後の記事

■ 前の記事:その4 豪華な飲み・食べ放題。成田空港『ANA SUITE LOUNGE』をご紹介
■ 次の記事:その6 人生初のキャビア食べ放題。豪華すぎて食べ方がわかりません

ANAファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記 目次

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.