ANA2178便 伊丹空港→成田空港「エコノミークラス・非常口座席」機内の様子を中心にご紹介です。(ANAファーストクラスで行くロサンゼルスその3) - 高配当株で配当金生活

ANA2178便 伊丹空港→成田空港「エコノミークラス・非常口座席」機内の様子を中心にご紹介です。(ANAファーストクラスで行くロサンゼルスその3)

海外旅行が好きな方なら一度は憧れる国際線ファーストクラス。私は往復150万円以上もするファーストクラスの運賃を実際に支払うまでの勇気はないんですけれども、[9202]ANAHDのアップグレードポイントを利用してついに同社のロサンゼルス行きファーストクラスのチケットを取る事に成功しました。この連載記事では、そのロサンゼルス旅行の顛末をご紹介することにしたいと思います。

今回の記事は旅行記の3記事目になりまして、成田空港から国際線に乗り継ぐための第一歩であるANA2178便 伊丹空港〜成田空港の様子をご紹介する事にしたいと思います。伊丹空港から成田空港への便は1日3本あるんですけれども、今回利用した午後の便は成田空港着15:40という時間が欧米行きの路線への乗り継ぎが良く、意外に混んでいる便になるんですよね。


スポンサーリンク

ということで、アメリカへの旅の出発地点『成田空港』に出発

私はアメリカへの旅のスタートというとどうしても『成田空港』というイメージがあるんですよね。まあ、関西国際空港からでも外国系の会社であれば直行便がありますし、最近は羽田空港からもアメリカ行きの直行便が増えてきているんですけれども、個人的には『成田空港でじゃんけんをしてアメリカへ行く』というイメージなのです。それは当然、アメリカ横断ウルトラクイズの話ではあるんですけれども、今の時代もうあの番組は復活しないんでしょうね。

伊丹空港:成田空港行きのANA2178便の機材です

成田空港行きの飛行機

ということで、間もなく成田空港行きのANA2178便に搭乗する事になります。基本的には国内線しか飛んでいない『伊丹空港』ですのでいつもは日本人の方ばかりなんですけれども、このANA2178便は欧米行きの飛行機への乗り継ぎが良いためか、欧米のお客さんが非常に多いんですよね。早くもアメリカ旅行気分が盛り上がってまいります。

伊丹空港:成田空港行きのANA2178便搭乗開始

ANA2178便 搭乗

しばらく待っているとANA2178便の搭乗開始時刻となりました。ANAの場合は一定レベルの会員以上になると優先搭乗ができるようになるのですが、この成田空港行きはその対象者が非常に多く、『どこが優先なの!?』と思ってしまうくらいの多さだったように思いますね。

伊丹空港:成田空港行きのANA2178便 A320非常口座席

座席

こちらが、ANA2178便で今回搭乗する座席になります。このANA2178便はエアバス320というちょっとイマイチな機材となっておりまして、全席エコノミークラスということになるんですよね。ということで、今回は多少広い非常口座席を指定することにしました。写真だとちょっと分かりにくいんですけれども、コレでも通常の座席よりはやや広くなっています。

伊丹空港:成田空港行きのANA2178便 狭い機材なので大混雑です

機内の雰囲気

今回の成田空港行きは予約がほぼ満席で入っておりまして、空席待ちをしている人がいるくらいだったのですが、機内をみてもこんな感じでほぼ満席となってしまっているようですね。過去、成田空港からの国際線は空いているのに、この便が取れないために旅行に行けないという事がありました。もうちょっと何とかならないかな・・・とは思うんですけどね。

伊丹空港:成田空港行きのANA2178便 リンゴジュース

リンゴジュース

今回は通路側の座席を指定しているために、外の景色を見る事はできませんけれども、このリンゴジュースをいただきながら、のんびりと読書をしつつ、この先のロサンゼルス行きファーストクラスを楽しみにしたいと思います。貧乏性な私は、今日は昼ご飯を食べずにファーストクラスの食事に備えているんですよね。この後、ファーストクラスラウンジ、機内と食べ放題の連続に耐えることは出来るのでしょうか!?

ANAファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記 前後の記事

■ 前の記事:その2 [9202]ANAHD 大阪伊丹空港のANAラウンジのドリンクを中心にご紹介
■ 次の記事:その4 豪華な飲み・食べ放題。成田空港『ANA SUITE LOUNGE』をご紹介

ANAファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記 目次

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.