高配当銘柄人気ランキングトップ10(2013年12月)当ブログらしい小型株が多くランクインする中、1位は超業績安定・超大型のあの定番銘柄!? - 高配当株で配当金生活

高配当銘柄人気ランキングトップ10(2013年12月)当ブログらしい小型株が多くランクインする中、1位は超業績安定・超大型のあの定番銘柄!?

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2013年12月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた高配当株式関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。

「高配当株式」の定義というと、正確な定義は定められていないためその判断が難しい所ですよね。実は、このブログをスタートさせた時は株価が低迷していて高配当株式がゴロゴロ市場に眠っていたために、配当利回り4%以上を「高配当株式の定義」としていたんですけれども、最近は株価が全体的に上昇しているため、今回の記事でご紹介するのは「来期配当利回り3%以上見込み」の銘柄ということにさせていただきます。

配当金生活のポートフォリオでは、基本的に「小型株」に好んで投資をしているため、このランキングで皆さんの今まで知らなかった銘柄も発掘される事と思います。皆さんの高配当銘柄ライフのヒントの1つとなれば幸いでございます。

なお、今回のランキングは2013年11月29日〜2013年12月28日までのアクセス数を元に判断しています。アクセス数が基準となっており、「利回り順」のランキングではないことと、過去の記事は明らかな誤りがない限りは書き直しをしませんので、リンク先の記事が最新の情報を反映していない可能性がある事は予めご了承いただければ幸いです。なお、下記ランキングにおける配当利回りは2013年12月27日の終値・配当予想ベースとなっています。

第10位:[3176]三洋貿易(配当利回り3.2%)

昨年のIPO直後は配当利回り6%のお宝銘柄。ゴム・化学品系商社の[3176]三洋貿易から400株分の配当金と株主総会招集通知です。

第9位:[9055]アルプス物流(配当利回り3.33%)

安定の子会社系高配当小型株。[9055]アルプス物流から300株分の配当金をいただきました。

第8位:[4502]武田薬品工業(配当利回り3.72%)

わずか4年で営業利益は3分の1に。4%の配当利回りの維持も心配な[4502]武田薬品工業から300株分の配当金をいただきました。

第7位:[8898]センチュリー21ジャパン(配当利回り4.02%)

毎期増益の小型高配当株で会社知名度はメジャー級。[8898]センチュリー21ジャパンから100株分の配当金です。

第6位:[2674]ハードオフコーポレーション(配当利回り3.47%)

似た名前の他社とは明暗分かれる!? 高配当・好業績・小型・借金少の[2674]ハードオフコーポレーションの中間報告書です。

第5位:[3177]ありがとうサービス(配当利回り3.65%)

会社の名前は謎ですが、その実体は内需の地方系高配当小型株。[3177]ありがとうサービスから中間報告書をいただきました。

第4位:[3172]ティーライフ(配当利回り3.73%)

ネット通販系小型高配当株なのに実は30周年という老舗。[3172]ティーライフから配当金と超良心的な株主優待券です。

第3位:[7518]ネットワンシステムズ(配当利回り5.02%)

私の2013年ワースト銘柄No.1受賞間違い無し。[7518]ネットワンシステムズから300株分の配当金をいただきました。

第2位:[7861]東京リスマチック(配当利回り3.47%)

国内では数少ない年4回配当の企業。3Dプリンタが熱い[7861]東京リスマチックから300株分の配当金をいただきました。

第1位:[9437]NTTドコモ(配当利回り3.51%)

国内高配当株式の王様。配当利回りは高く自己資本比率も高い[9437]NTTドコモから12株分の配当金です。

ということで、基本的には配当金生活のポートフォリオの特色であると言える「小型株」が多くランクインしている中、1位に輝いたのは高配当・安定業績の王様とも言える[9437]NTTドコモでありました。ライバルの[9984]ソフトバンクに比べると派手さは全くありませんが、今後も国内においては安定的に稼いでくれる企業であると思います。業績の変動がほとんどないのも魅力的ですよね。

その他、この記事をご覧の方の注目度が高いと思われるのが[4502]武田薬品工業ですね。この会社は大阪銘柄ということですので、個人的には応援しているのですが、ここ数年の利益の低迷は心配になってしまうほどであります。

先日2013年12月27日には2型糖尿病治療薬「TAK─875」の開発を中止を発表し、株価は大きく下落しました。実は1株配当180円に対し、1株利益の予想が120円台でしかない同社、今後高配当を続けられるかに注目したい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.