「クリぼっち」の私のためのSBI証券からのクリスマスプレゼント!? SBI債(1年1.52%)の募集は今日と明日の2日間です。 - 高配当株で配当金生活

「クリぼっち」の私のためのSBI証券からのクリスマスプレゼント!? SBI債(1年1.52%)の募集は今日と明日の2日間です。

最近、私が初めて聞いた言葉にクリぼっちというものがあります。元々はネットから生まれた用語の事だそうなんですけれども、「クリスマスに彼氏や彼女がおらず、1人で過ごす人」の事をそういうんだそうなんですよね。

私は、どちらかというと仏教派であります。そのため、基本的には昔からあまりクリスマスムードには流されないんですけれども、それはともかくとして、クリスマスをクリぼっちでなく過ごしたのは、もう10年くらい前のような気がします。その後、仕事をひたすら頑張ったので配当金生活に入ることはできたのですが、人生何から何まではうまくいかないものですよね。

さて、今回はSBI証券からそんな「クリぼっち」の私のためのプレゼントが届きましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。それは、同証券会社で時々発売されている債券であるSBI債なんですよね。

SBI債 案内

このSBI債は、その名前の通りSBI証券の社債ということになります。昔は1年で2%近い利回りの事もあったんですけれども、金融危機が落ち着き、ヨーロッパの財政危機も小康状態となりまして、最近は以前よりは環境が良くなっているためか、今回は1.52%(税引き前)での募集となっているようですね。

正直な所、この債券を買うくらいなら同じ金額を株式に投じればそれ以上プラスになる気もしないでもないんですけれども、何かと「保守的」な私ですので、税引後で1.2%程度の確定利回りが取れるのであれば、ここはSBI債を買っておこうという結論に達しました。ただ、このSBI債は抽選販売であるということには注意をしなくてはいけませんね。応募をしても、必ずしも買えるとは限らないという事は心得ておく必要があります。

この抽選は、一時期の私は毎回毎回「ハズレ」を引いてしまいまして、当選者が都市伝説ではないかと思う程だったのですけれども、今年の夏の発行時には300万円分当選し、当選が都市伝説ではない事を実証しました。今は、債券より株というムードがありますので、もしかすると以前よりは当たりやすくなっているのかもしれませんね。

SBI債 条件

それでは、第30回SBI債の条件を改めてチェックしておくことにしたいと思います。重要な所は、利率が1.52%(税引前)であるという事、期間が1年であるということ、申込単位が10万円以上10万円単位ということでしょうか。R&Iによる格付けはBBBでありまして、ギリギリ「投資適格債券」ということになりますね。格付けを過信しすぎるのは危険ではありますが、他に判断手段もないので、とりあえずは信用するようにしています。

300万円分申込

ということで、今回のSBI債ですけれども前回に引き続き300万円分を申込することといたしました。当たるかどうかは未知数ではありますが、コレが当選するとポートフォリオのバランスが崩れますので他の商品を300万円分(もしくは当たった金額分だけ)売却することになりますね。「クリぼっち」でなかったとしてもこの債券に申込する事は可能ですので、興味のある方は是非ご応募くださいね。

個人向け社債は、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

マネックス証券「資産運用始めるなら!マネックス証券」

旅行に行っている間に発売されてしまったので、紹介するチャンスを逃してしまったのですが、今月2013年12月にも5年・1.5%という「マネックス債」が発行されまして、2ヶ月連続のマネックス債発行となりました。正直な所、5年という期間は少し長いかなと思いつつ、1.5%という条件もなかなかありませんので、完売となっているようですね。

今後も発行される事があると思いますので、「マネックス債」狙いの方は事前に口座を作っておく事をオススメします。「マネックス債」は今の所抽選ではありませんので、発売時間にウェブから購入すれば確実に購入する事が出来るという点は素晴らしいですね。

SBI証券No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

個人向け社債の双璧と言えば、今回の記事でご紹介した「SBI債」になります。以前は、こちらも抽選ではなく先着順の販売だったんですけれども、操作ミスをしている間に売り切れてしまうほどの人気でありまして、今は抽選での販売となってしまいました。今回が「第30回」の債券という事もあり、今後も定期的に販売がされる事が予想されます。基本的に「期間1年」とマネックス証券よりは好条件なので、債券好きの方は毎回申込をするようにしたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.