餃子の王将でおなじみ。大阪王将とは別物の[9936]王将フードサービスから2,000円分の株主優待券と配当金です。 - 高配当株で配当金生活

餃子の王将でおなじみ。大阪王将とは別物の[9936]王将フードサービスから2,000円分の株主優待券と配当金です。

今回は、このブログをご覧の方のほとんどがご存知と思われるメジャーな銘柄、[9936]王将フードサービスから株主優待券と配当金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

このブログでは時々ご紹介している事ですけれども、[9936]王将フードサービスは「餃子の王将」のブランドで有名な企業なんですよね。一方、国内にはこちらも多数出店している「大阪王将」というブランドもあります。こちらも上場している企業でありまして、[2882]イートアンドという会社になりますので、間違えることないようにしたいですね。

ちなみに、実店舗の王将の方でよく見かけるのは[9936]王将フードサービスの「餃子の王将」の方だと思うのですが、スーパーなどで時々売られている「王将の餃子」は、ほとんどが[2882]イートアンドの「大阪王将」の方になります。関西地域では当たり前の知識ですが、他の地域ですと自慢できるかもしれませんね。

9936 王将フードサービス 事業報告書

さて、今回は[9936]王将フードサービスから事業報告書をいただいています。私の住む兵庫県の大阪よりのエリアでは、子供の頃から王将の店舗が多く、京都・大阪・兵庫あたりに住んでいる人は、体の8%くらいが王将で出来ているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外食系の[9936]王将フードサービスですので、当然ながら株主優待券はあるんですけれども、実は株主優待よりも配当金の方が金額にして4倍ももらえているんですよね。つまりは、配当金銘柄というよりは配当銘柄と言った方が正しい訳なのです。最近は株高で「高配当」とまでは呼べませんけれども、以前は配当利回り4%という場面もありました。今後、そういう場面は再度やってくるんでしょうかね!?

王将フードサービス[9936]の株主優待 (3月9月/年2回)

京都王将の優待食事券
■ 100株以上:1,000円相当
■ 200株以上:1,500円相当
■ 500株以上:3,000円相当
■ 1000株以上:6,000円相当

9936 王将フードサービス 株主優待券

さて、[9936]王将フードサービスの株主優待券は以上のようになっています。最低投資単位の100株で、株価は約30万円なんですけれども、年間でいただける優待券は2,000円分になりますので、この観点からはあまり美味しいとは言えないんですよね。あくまで配当金あってこその同社だと思います。

私は、[9936]王将フードサービスの株式を個人で100株・法人で100株の合計200株保有しておりますので、今回いただいた株主優待券の金額は合計2,000円ということになりました。私は今でも月に1〜2回は王将に行きますので、2ヶ月の間には優待券を使ってしまうことになると思います。

ぎょうざ倶楽部

あと、優待の内容としては明記されていないんですけれども、株主としていただけるものがもう一つございまして、それが上のぎょうざ倶楽部のカードなんですよね。このカード、餃子の王将で飲食する時に見せると会計から5%割引になるという素晴らしいカードなのです。

残念ながら、この5%割引は株主優待券を使う分には適用されないので、飲食が700円で株主優待券を1枚使うとすると、割引金額は(700ー500)×5%=10円と非常に小さい割引になってしまうんですけれども、それでも割引されないよりは良い事ですよね。

王将フードサービスから配当金です。

9936 王将フードサービス 配当金

さて、今回は[9936]王将フードサービスから1株あたり40円の配当金をいただきました。保有株数は個人100株+法人100株でありまして、個人・法人それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は7、310円ということになりました。

王将フードサービス[9936]の主要指標(2013年12月23日現在)

■ PER:16.01倍(予想)
■ PBR:1.53倍(実績)
■ ROE:12.6%(実績)
■ 配当利回り:2.61%(予想)

では、最後に[9936]王将フードサービスの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。2010年3月期にお笑い芸人などを中心に急に取り上げられた同社ですけれども、その時の107億円の営業利益をピークに、2014年3月期の業績予想まで少しずつ営業利益を落としており、来期の営業利益の予想は78億円となっていますね。

まあ、それでも急にテレビで取り上げられるようになった前よりは高い利益水準ですが、やはり売上高は毎年前期比+なのに、営業利益は連続でマイナスというのは少し嫌な感じがします。要因を考えてみると、店舗数を急拡大させているので人件費が拡大している事や、電気代が上がっている事、既存店の売上がイマイチな事などがありそうですよね。

配当金の方は2009年3月期には1株40円だったのですが、今期の予想は80円ということで5年で少しずつ増配して配当は倍増ということになっています。1株利益は200円を超えていますので、この水準でも決して無理をしているということはなさそうですね。子供の頃から慣れ親しんでいる「餃子の王将」ですので、コレからも応援し続けることにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.