全く当たらない鉄道施設見学会の応募券付き。[9021]西日本旅客鉃道から300株分の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

全く当たらない鉄道施設見学会の応募券付き。[9021]西日本旅客鉃道から300株分の配当金をいただきました。

基本的にディフェンシブな銘柄を指向する私ですけれども、JRなどの『陸運業』もその1つと言えるのではないでしょうか。これから、将来的には日本の人口は減少して行く事が避けられないような気がするので、首都圏を除くと長期的には凋落していくべき業種なのかもしれませんけれども、大都市であれば10〜20年くらいのスパンではまだまだ安定した業績を出してくれるのではないかと思っています。

さて、国内の鉄道株と言えばJR系の3社(JR東日本[9020]・JR西日本[9021]・JR東海[9022])と各種地方私鉄が上場してますけれども、私は鉄道ファンでありながら実際に保有している株式は[9021]西日本旅客鉃道(JR西日本)だけなんですよね。

JR西日本 株主報告書

JR系が業績安定のディフェンシブ株である事は重々承知なんですけれども、配当金生活を送っている私なのに「配当性向が低い」という点がイマイチなんですよね。まあ、設備投資をし続けなければならない業種なので仕方ない面もあると思うのですが、その中でも[9021]JR西日本については、相対的に配当利回りが高いことと、株主優待券が魅力的な事から唯一保有している鉄道系の株式ということになります。

[9021]西日本旅客鉃道の株主優待制度(3月/年1回)

運賃・料金50%割引券(自社営業路線内)
■ 100株以上:100株毎に1枚
■ 1000株以上:10枚+200株毎に1枚
■ 10000株以上:55枚+300株毎に1枚
■ 20000株以上:100枚
※ 3年以上株式を保有すると、優待の枚数が追加になります(下記参照)
※ その他、自社グループの旅行会社・百貨店などで使える割引クーポンもあります。

■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。現金大還元キャンペーンも実施中。

[9021]西日本旅客鉃道、追加でいただける株主優待券の枚数
■ 300株以上:+1枚(300株なら合計4枚に)
■ 500株以上:+2枚(500株なら合計7枚に)
■ 1000株以上:+3枚(1000株なら合計13枚に)

JR西日本 株主向け見学会

さて、JR西日本[9021]の定番行事と言えば『株主向け見学会』なんですよね。今回は、同社の本拠地大阪にある大規模な施設である「吹田総合車両所京都支所」が見学の対象になっています。地元大阪にありながら、なかなか実際に見学できる事はない施設だけに、鉄道ファンの私は是非とも行ってみたいと思っているのですが、平日開催なのに希望者が多く、なかなか見学出来る機会がないんですよね。今回も、当たらないとは思いつつも、一応応募はしてみることにしたいと思います。

業績安定

「高速1,000円」という鉄道泣かせの施策が終わり、業績も安定して来たJR西日本[9021]。本業の運輸業、不動産業ともに今年も前年比とほぼ変わらない堅調な成績を残しているんですけれども、個人的に物足りないのはこの『流通業』なんですよね。

実際、流通業は昨年が通期で赤字だった所、今期は20億円の黒字を確保できているようなので、+になっているという事は確かなんですけれども、それでも大阪駅に直結しているJR大阪三越伊勢丹は、大阪駅近隣の他の百貨店に比べるとちょっと影が薄い気がするんですよね。まあ、私のように関西は『阪急信者』が多いので、同じ大阪駅(梅田)なら、阪急百貨店などに流れるのは仕方ない気もしますが・・・。

[9021]JR西日本から配当金をいただきました。

9021 JR西日本 配当金

さて、今回はJR西日本[9021]から1株あたり55円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税7.147%を差し引きしますと、実際に受け取った金額は15,321円ということになりました。

西日本旅客鉃道[9021]の主要指標(2013年12月8日現在)

■ PER:14.42倍(予想)
■ PBR:1.09倍(実績)
■ ROE:8.1%(2013/3 実績)
■ 配当利回り:2.53%(予想)

では、最後にJR西日本[9021]の主要な指標をチェックしておきたいと思います。長らく株価3,000円〜3,500円前後という推移が続いた同社なんですけれども、最近はその時からは水準を切り上げておりまして、以前ほどの割安感はなくなっています。まあ、それでも同業のJR東日本に比べると、PER・PBR・配当利回り全ての面においてお得感はあるんですけどね。

私が、JR西日本[9021]の株式を保有しているのは業績の安定性、配当の安定性ももちろんですが、一番の理由は株主優待券でありますので、今後もよほど株価が高騰しなければ現在の300株を保有し続ける予定です。まあ、最近は同社も割引切符が色々発売されるようになりまして、以前ほど株優の利点はなくなったように思いますが、同社は2人以上限定のお得運賃が多いため、「1人旅行」には優待券はまだまだ有効ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.