たまには競馬で一発逆転。ジャパンネット銀行とJRAの連携が便利と聞いて、早速明日のジャパンカップ(G1)で大穴を狙ってみたいと思います。 - 高配当株で配当金生活

たまには競馬で一発逆転。ジャパンネット銀行とJRAの連携が便利と聞いて、早速明日のジャパンカップ(G1)で大穴を狙ってみたいと思います。

このブログのタイトルは高配当株で配当金生活でありまして、基本的にはディフェンシブな銘柄へと投資して、資産を守りつつ配当金を受け取って生活をしようというブログなんですよね。ということで、投資する銘柄は当然ながらドキドキするようなものとはかけ離れたものとなってしまいます。

投資の方針としては、それでも良いと思っているんですけれども、たまには一攫千金を狙いたいものですよね。このブログでは、初期の頃にセレブ席で食べ放題しながら楽しむ香港競馬をご紹介した事がありまして、確かに+では終わったんですけれども、一攫千金とはほど遠い結果となってしまったことを今でも覚えています。

それはさておき、先日高校生の時の友達でなんと日本中央競馬会に就職している人と久しぶりにあったんですけれども、『今年のジャパンカップは有力馬が少ない』と聞いたんですよね。ジャパンカップというと、競馬に詳しくない方はご存知ないと思うんですけれども、あの有馬記念よりも賞金額が高い国内最高賞金のレースなんですよね。

そして、その友達に会った時に知ったことなんですけれども、実はネット銀行のジャパンネット銀行の口座を保有しているとなんとその場ですぐにJRAの馬券を買えるようになるということなんですよね。私は、同銀行の口座は保有していますので、早速ジャパンカップの馬券を買う事に挑戦してみたいと思います。過去の日記を見た所、競馬を買うのはちょうど1年ぶりの事のようですね。

ちなみに、ジャパンネット銀行の口座では、JRAの馬券が買えるのはもちろんの事、地方競馬・ボートレース・オートレース・競輪にBIGやtotoまで買えてしまうある意味「ギャンブル三昧」も可能なネット銀行なんですよね。まあ、ここまで手軽に買えてしまうと、逆に心配になってしまう点もあるのですが、自制できる人であれば便利なサービスと言えるのは間違いないでしょうね。

JRAの『即PAT』というサービスに登録してみます。

さて、そのJRAとネット銀行が提携しているサービスは即PATというサービスという事なんですよね。まずは、ネット銀行の口座がないと始まらないんですけれども、興味のある方は上記バナーからリンクをしていただくと詳細をチェックできますので、競馬に興味のある方は一度ご覧になってみてください。ジャパンカップには間に合いませんが、来月の有馬記念にはまだまだ間に合うと思いますよ。

ということで、私はジャパンネット銀行の口座は既に保有していますので、JRAのウェブサイトから『即PAT』の登録を行ってみる事にしたいと思います。この登録をスタートさせたのは午後9時45分頃、さて今日中にジャパンカップの馬券を買おうと、頑張って入力を進めて行きたいと思います。

さすがはJRAと言うべきなのか、入力事項は結構多かったんですけれども、無事会員登録が完了し、インターネット投票の『IPAT』にログインする事が出来ました。セキュリティを高めるためなのかもしれませんけれども、なぜか『IPAT』はパスワードの種類がやたらと多いんですよね。今後も馬券を購入する事があるかもしれませんので、しっかり覚えておきたいと思います。

ちなみに、この画像をスクリーンショットした時間を見てみると午後10時2分のようなんですよね。入力した事項は多かったですけれども、無事17分でここまで来る事が出来ました。私が子供の頃は、競馬の電話投票に加入するには抽選だったと聞いた事があるんですけれども、今は15分もあれば登録が終わる時代になったんですね。便利になったものです。

さて、その後5,000円をジャパンネット銀行の口座から入金を終えまして、ジャパンカップの馬券の検討に入る事にしたいと思います。配当金生活者なのに、資金が5,000円とは少ないようにも思えるかもしれませんけれども、やはり競馬というのは一攫千金を狙いつつも所詮は遊びだと思うんですよね。投資に対する期待値も75%程度という事ですしね。

ということで、こちらが明日2013年11月24日の15:55から行われる「ジャパンカップ(GI)」の出走馬という事です。普段、全然競馬を見ない私なのでさっぱり分からないんですけれども、日経新聞のスポーツ欄で見た事がある名前は「ジェンティルドンナ」「ゴールドシップ」の2頭ですね。さすが、素人でも名前を聞いた事がある馬だからなのか、この2頭は断然の人気になっているようです。

私は基本的には一攫千金狙いなので、当たりにくい『3連複』という馬券を購入したいと思います。この馬券は1−2−3着を順不同で当てないといけない馬券ということなんですよね。今回は17頭のレースということになりまして、組み合わせは全部で680通りという事になります。これは当たる気がしませんよね。

ということで、競馬の知らない私が購入した馬券は基本的に『1番ヴィルシーナと7番ジェンティルドンナ』という2頭からほぼ総流しということにいたしました。ジェンティルドンナは人気のある馬なんですけれども、一緒にヴィルシーナが3着以内に入って、さらに残り1頭人気薄が・・という展開に期待しています(ほぼ無理ですが)。最低で4万円くらい、最高で30万円以上の配当金が得られるように馬券を買っています。

ということで、今回はジャパンネット銀行とJRAの即PATというサービスを利用してみました。正直な所、競馬に使うお金があるのであれば、その分投資信託でも買った方が投資ブログとしては正解なんでしょうけれども、たまにはこんな感じでギャンブルに使ってみるのも悪くはないのではないでしょうか!? 明日は15:55からのレースという事なので、楽しみにテレビで観戦することにしたいと思います。それにしても、思い立ってから25分くらいで馬券が買えてしまうのは、さすがIT化された社会ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.