先進国の中では利回りがやや高め。オーストラリア国債17,000AU$分の利金をいただきました。利率はガッツリ4.5%です。 - 高配当株で配当金生活

先進国の中では利回りがやや高め。オーストラリア国債17,000AU$分の利金をいただきました。利率はガッツリ4.5%です。

今回は、大手証券会社のSMBC日興証券で投資している商品のうち、外国債券のオーストラリア国債17,000オーストラリアドル分の利金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

配当金生活のポートフォリオを組む上で債券はポートフォリオ全体の35%を占めています。そのうち、概ね半分は海外の債券にすることに決めているので、実際は18%程度が海外の債券ということになるんですよね。

私は、特に初心者の方が投資を始めるのであれば、基本的にはネット証券がオススメだと思っているんですけれども、もし投資する資金の量がある程度あるという方でしたら債券投資は投資信託やETFを使うのではなく、直接債券を購入するというのも選択肢の1つだと思うんですよね。

実際、投資をするにあたってほとんどの商品についてはネット証券で事足りるというのは間違いない事だと思うのですが、未だに大手証券会社の方が強い分野が海外債券の品揃えなんですよね。

当然、大手ネット証券でも海外債券の取り扱いがある所は多くなっているんですけれども、残念ながら『新興国の債券(手数料が先進国よりも高い可能性があります)』ばかりに気合いを入れている某ネット証券もあることですし、ベタなアメリカやオーストラリアの国債を買いたいのであれば、ネット証券でココ!という所がないんですよね。

ちなみに、今回ご紹介する『オーストラリア国債』は、最低額面が1,000オーストラリアドルとなっています。つまりはざっくりと計算して最低投資単位が10万円程度ということなんですよね。海外債券に投資する投資信託であれば、最近は1,000円程度から売買できるので、ちょっと敷居は高いのではないでしょうか。

まっぷるオーストラリア'14 (マップルマガジン)

昭文社 2013-10-11
売り上げランキング : 194804
by ヨメレバ

オーストラリア国債17,000$分の利金をいただきました。

オーストラリア国債 利金

さて、今回はオーストラリア国債17,000$分の利金をいただいています。今回の国債は2020年4月に償還されるものでありまして、その利率は4.5%のものですね。各種税金を差し引きしますと、実際に受け取った半年分の利金は304.81AU$という事になりました。当面はオーストラリアドルのままでキープしますが、円換算すると28,582円を受け取った事になります。

ちなみに、この2020年4月に償還されるオーストラリア国債は今でもSMBC日興証券で販売されておりまして、皆さんも同証券会社に口座を持てばオンライン上で購入することができます。

ただ、気をつけておきたいのは今この債券を購入したとしても、実質の利回りは4.5%にはならないということなんですよね。コレは少しだけややこしい話なんですけれども、実際のこの債券の利回りはこの記事を書いている段階で3.4%となっています。

この差はどこから出てくるのか。実際の所、利率4.5%というのは間違いなく、仮にこの債券を額面10,000AU$分保有していたとすると毎年税引き前で450AU$の利金を受け取れる事は間違いないんですよね。しかし、今期間6年半の国債の流通利回りは実際には3.5〜3.6%前後でありまして、この国債を額面通りで購入できるとなると非常に美味しい状況となってしまっています。

世の中、こんなに美味しい状況がある訳はなく、実際にこの10,000AU$額面の国債を購入しようと思うとざっくり10,600AU$が必要になってしまうということなんですよね。つまり、この国債は今新発の6年半の国債を買うよりも600AU$分多く利金がもらえるのですが、その分国債自体の値段がつり上がっていると言う訳です。世の中ウマい話はないということなんですね。

ちょっとややこしい話になってしまいましたけれども、ともかくSMBC日興証券で外国債券を購入する時は「利率」の欄ではなく、「利回り」という欄を見て購入しましょうね。ということでありました。皆さんも、利率と利回りの違いには十分にご注意くださいね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.