リートのオリックス不動産投資法人[8954]から7株分の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

リートのオリックス不動産投資法人[8954]から7株分の配当金をいただきました。

今日は、国内で4番目に上場した老舗リートである[8954]オリックス不動産投資法人から法人5株分・個人2株分の分配金をいただきましたので、ご報告したいと思います。今回の分配金は1株当たり11,822円でして、個人と法人の文を合計すると下記のようになりました。

  • 法人分:11,822×5×0.93=54,973円
  • 個人分:11,822×2×0.9=23,644円
  • 合計:78,617円

オリックス不動産投資法人

今回いただいた報告書を見ますと、オリックス不動産投資法人は上場したのが平成14年6月12日の事なので、まもなく10周年を迎えるんだそうです。日本のリートの歴史はまだまだ浅いですし、さらにゴミ箱と言われて馬鹿にするような人もいますけど、オリックス当たりの中堅が頑張ればリート全体の活性化につながると思っていますので、中堅の一角として手堅い運用を期待したいと思います。まあ、個人的にはしばらくは空売りで狙っている銘柄ですけどね。

オリックス不動産投資法人、分配金はイマイチです。

これはオリックス不動産投資法人に限った事ではないのですが、このオリックス不動産投資法人も、直近は分配金がイマイチ・・という状況が続きそうです。

  • 第16期:13,290円
  • 第17期:16,061円(特殊要因あり)
  • 第18期:13,083円
  • 第19期:12,571円
  • 第20期(今期):11,822円
  • 第21期(予想):10,500円
  • 第22期(予想):10,500円

と、今期までも厳しい右肩下がりの状況が続いていたのですが、次期以降もさらに10%強の下落が見込まれています。通常、リートの決算は予想よりも確定の方が分配金が高まる傾向があるのですが、第20期は11,800円予想の所を22円しか上回れませんでしたので、次期も過度な期待な禁物かもしれません。最近は、特に稼働率が悪化しているという事もなく、さらに調達金利はむしろ下がっている傾向なのにこの分配金の下落。契約賃料が下がっているからでしょうけど、こればかりは市況が上向くのを待つしかなさそうですね。

そんなオリックス不動産投資法人の過去5年間の株価です。

かつて、投資口価格が100万円を超えていたのは置いておくとして、分配金の下落傾向を反映してか、現在は底値圏を漂っている状況です。過去を見てみると、2009年の2月25日に280,000円という上場来最安値がありましたけど、その頃と今の分配金の差を見ると20%以上ありますので、コレを下回ってくる可能性も十分にあるのではないでしょうか。

実際、分配金10,500円を想定したとして、280,000円の投資口価格なら分配金利回りは7.5%になってしまう訳ですけど、ここからさらに不動産市況が悪化すると仮定すればあり得ない数値ではないような気がします。まあ、本当に30万円を割れる場面があれば、さすがに私も買い増しはすると思うんですけどね。ちなみに、去年は340,500円で1回ナンピンを行っているようでした。当時の分配金だと7%くらいの利回り計算になりますね。まあ、やっぱりリートは7%くらいは欲しい所だな〜と思ってしまうのは、リートの安値になれ過ぎているんですかね!?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.