日本たばこ産業(JT)と謎の反発をしたシャープを新規空売り(2012/5/28の空売り) - 高配当株で配当金生活

日本たばこ産業(JT)と謎の反発をしたシャープを新規空売り(2012/5/28の空売り)

さすがに日経平均がここまで下がってくると、どの銘柄を空売りするか迷ってしまいます。まあ、そろそろ空売りは一旦止めても良いかとも思ってしまうんですけど、どうしても欧州のムードを見ているとここも下げの通過点にしか過ぎないと考えても違和感がないんですよね。本当はこの辺りで終わってほしい所なんですけど。基本的に空売りする銘柄を探す時は、ニュースで売ることが多いんですが、今回注目したのはこの先週金曜日のニュース。

[6753]シャープ。買い先行。前日には鴻海との液晶パネル共同事業開始報道が伝わり、株価も急伸する展開となっていたが、引き続き、協業強化に伴うアップル向け展開への期待感が優勢となっているもよう。

まあ、金曜日のニュースで月曜日に空売りってのも周回遅れ甚だしいとは思うんですが、本日月曜日も引き続きシャープは堅調な展開となっているようです。シャープは関西地盤やし、昔就職のとき会社見学までいった会社なんですが、今は業績が悪い会社ですのでそれはそれで鬼となって新規で空売りしたいと思います。最近上下動が激しい会社なので、やられる時は一瞬で損切りになっちゃいそうですけどね。

そして、もう1つ売った銘柄は日本たばこ産業です。この銘柄、昔は優待銘柄としてポートフォリオに入れてたんですけど、スルスルと上がっちゃって今はもう保有していません。小売り系にしては珍しく、世界に誇るグローバル企業になる事に成功したので、長期だと上がりそうなんですけど、下のようなニュースが金曜日にでて爆上げした直後なので反落を狙って空売りすることにしました。

[2914]日本たばこ産業。大幅続伸で上値抵抗線として意識されていた25日線を上放れている。一目均衡表では雲下限をクリアした。欧州たばこ大手のグリソンを年内に買収するとの発表が材料視されている。

まあ、こちらも金曜日のニュースで売るとは周回遅れ甚だしいんですけど、業績好調の会社の好ニュースは反落なしでグングン行ってしまう可能性もあるので、先日利益確定したマツダや上のシャープと違って難しいんですけど、ニュースでの上げ幅が大きかっただけに反落に期待したいと思います。

改めて、本日空売りした2銘柄を見ておきたいと思います。

日本たばこ産業空売り

[2914]日本たばこ産業:451,500で1株


シャープ空売り

[6751]シャープ:394で2,000株

2012年5月24日現在、空売り中の銘柄です。

  • [1555]上場インデックスファンド豪州リート:940で400株
  • [2914]日本たばこ産業:452,000で1株
  • [3240]野村不動産レジデンシャル投資法人:403,000で1株
  • [6753]シャープ:394で2,000株
  • [8951]日本ビルファンド:693,000で1株
  • [8953]日本リテールファンド:125,400で4株
  • [8955]日本プライムリアルティ投資法人:227,480で3株
  • [8959]野村不動産オフィスファンド:平均432,250で2株

ずっと粘り売りを続けていた[8953]日本リテールファンド、[8955]日本プライムリアルティがようやく下がり始めました。[8955]なんて一部損切りすると下がるという、逆神のような展開になっていますけど、本当に私は下手くそなんでしょうかね? 今はたまたま空売りで利益が出ていますけど、こんな相場だと利益が出て当たり前な訳ですし、総合的に考えると下手っピってことは確かなんでしょうね・・・。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.