野村證券の良心!? 超太っ腹の個人向け国債キャンペーンで今年の秋も5万円をゲットしたいと思います。元手50万円で7,500円ゲットする方法もご紹介。 - 高配当株で配当金生活

野村證券の良心!? 超太っ腹の個人向け国債キャンペーンで今年の秋も5万円をゲットしたいと思います。元手50万円で7,500円ゲットする方法もご紹介。

日本での投資を考える上で避けては通れないくらい力を持っているのが今更言うまでもなく[8604]野村證券グループではないかと思います。この野村證券グループ、当然ながら株式会社でありますので、基本的には「自分の会社が利益をあげる必要がある」ということを踏まえてお付き合いする必要があると思うんですよね。

当然、担当の方も人の子なので「最初から損させてやろう」とは思っていないとは思うのですが、自分のノルマもあるのか、為替手数料やスプレッドがベラボーな金額になってしまうブラジル系の債券などを薦められたりすることもあります。まあ、そういう商品の営業は軽くスルーする訳なんですけどね。

そして、9月に入って野村證券の担当の方から久しぶり(と言っても2週間ぶりくらいですが・・・)に電話がかかってきました。今回の電話の理由は秋の個人向け国債のキャンペーンの案内だったんですよね。

野村證券・秋の個人向け国債キャンペーンのご紹介です。

さて、今回野村證券の担当の方からご紹介いただきました個人向け国債キャンペーン、宿敵野村證券とは思えない程良心的なキャンペーンの1つだと思いますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

野村證券 個人向け国債 キャンペーン

今回の秋の個人向け国債キャンペーンのポイントは2つありまして、50万円以上の個人向け国債を購入するともれなく現金がキャッシュバックされるということ、そしてもう1つは、ホームトレード経由で買付をするとさらに追加で500円がプレゼントされるということです。

キャンペーンでいただける金額

さて、そのキャンペーンでいただける金額が野村證券らしいなと思うんですよね。50万円購入した時の1,000円のキャッシュバックというのは、ネット証券のキャンペーンと変わらないレベルなんですけれども、金額が上がるに連れて割が良くなって行きまして、1,000万円購入した場合はプレゼント金額が5万円になってしまうのです。

これは、あまり薦められた方法ではないのですが、担当の方もおっしゃっていたやり方としまして、とりあえず一番短い期間の国債を買っておきまして、1年後に解約するという方法もあるんだそうですよね。

1年後に個人向け国債を解約すると、1年分の利息はペナルティーで返金しないといけないため、この期間の利息は実質0となってしまうんですけれども、このキャッシュバックのキャンペーン分の5万円は手元に残りますので、この期間の利回りは0.5%ということに成ります。まあまあだと思いませんか!?

私は、あまりそういうテクニカルなことはしたく有りませんので、10年・変動の個人向け国債を1,000万円購入してじっくりと持ち続ける予定です。その1,000万円をどこで工面するかですけれども、現在他社で保有している個人向け国債を一旦解約して購入資金に充てる予定にしています。

他社の個人向け国債を解約すると、当然ペナルティーを支払わなければ行けないんですけれども、直近の長期金利が低かったためにこのペナルティーが雀の涙ほどで済んでしまうんですよね。新しく野村證券で買い直し、5万円をいただいた方が断然お得という訳になるのです。

友達紹介

ちなみに、野村證券の担当の方に薦められたのが友達紹介キャンペーンになります。今、家族でも良いので野村證券の新規口座を開設してもらって、個人向け国債などの商品を50万円買うと紹介者と自分と両方に3,000円がプレゼントされるということなんですよね。

当然、このキャンペーンは、上で紹介している秋の個人向け国債のキャンペーンと重複OKということになります。もし、私に嫁がいて、嫁の口座を開設して個人向け国債を50万円買わせると、紹介料で合計6,000円+個人向け国債のキャンペーンで1,500円の合計7,500円がいただける訳なんですよね。利率にして1.5%。その辺の定期預金よりもよっぽど効率が良いですよね。

普段、敢えて空売りをして損をしてしまったり、保有している系列のリートでは増資攻撃を受けて損してしまったりと、何かと相性の悪い野村證券グループの銘柄ではあるんですけれども、今回の秋の個人向け国債キャンペーンについては、比較的良心的なのではないかと思いました。私も実際1,000万円購入する訳ですからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.