ついに黒字化で何とか生き残る!? [3053]ペッパーフードサービスの株主優待券でサーロインステーキをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ついに黒字化で何とか生き残る!? [3053]ペッパーフードサービスの株主優待券でサーロインステーキをいただきました。

今回はお手軽に食べられるステーキのチェーン店でおなじみの[3053]ペッパフードサービスのお店で、株主優待券を利用してサーロインステーキを食べてきましたので、ご紹介する事にしたいと思います。

このペッパーフードサービス。関東圏ではイオン店内の店舗を中心にまだまだ色々な所で食べられると思うんですけれども、関西圏では大阪のあの事件の影響が大きかったのか、あの後どんどん店舗数が減ってしまいまして、私が昔から利用していた神戸の店舗もついに閉店となってしまったのであります。

神戸市内にはもう1店舗あるといえばあるんですけれども、そこのお店は車を使わないと行けない場所にありまして、都会に引っ越して車を手放した今、行けないと言っても過言ではないお店になってしまったんですよね。

そんな私なので、この[3053]ペッパーフードサービスは次の権利確定が来るまでには売ってしまおうと考えています。まあ、元々500円前後で買った株式が、今は900円くらいになっていますので、そろそろ売り時と言えるのかもしれませんよね。

そもそも、あの事件以降一時は赤字に転落してしまいまして、継続企業として大丈夫なのか!?と心配してしまうほどに業績が落ち込んでしまった同社。未だに利益剰余金はマイナスですけれども、今後利益を積み重ねて行けばいずれプラスになる日がやってくるかもしれません。復配はまだまだ先になりそうですが、それまでは株主優待でのんびりと楽しみたい銘柄ですね。

[3053]ペッパーフードサービスの株主優待券(6月/12月 年2回)

優待食事券(500円)
■ 1株以上:5枚
■ 5株以上:10枚
■ 10株以上:15枚

株主優待券 3053 ペッパーフードサービス

参考:たっちゃんが投資・生活などでメインで使っている口座たち

■ 国内株:SBI証券
■ 海外株(米国株・米国ETF):マネックス証券
■ 国内債券(ほとんどが個人向け国債):野村證券
■ 海外債券:SMBC日興証券
■ 日常の決済:三井住友銀行
■ ネット銀行:ジャパンネット銀行

ペッパーフードサービス[3053]の主要指標(2013年9月1日現在)

■ PER:11.96倍(予想)
■ PBR:6.76倍(実績)
■ ROE:5.0%(実績)
■ 配当利回り:0%(予想)

せっかく大阪に遊びに来たのに食べたのはステーキでした。

ということで、前述の通り神戸市内の店舗がなくなってしまったことにより、最寄りのペッパーランチは甲子園(西宮市)か大阪難波ということになってしまいました。西宮は実家のある阪急沿線には良く行くんですけれども、阪神沿線は滅多に行かないので甲子園を通る事は無いんですよね。

ということで、先日大阪難波に遊びに行く用事があった時に、コレはチャンス!と思いまして、[3053]ペッパーフードサービスのお店に行く事といたしました。この株式、もっと関西にお店があれば使いやすいと思えるんですけどね。せめて、沖縄にあれば良かったんですが、常連だった沖縄のお店も潰れてしまっているのであります・・・。

ライス特森無料

さて、こちらはペッパーランチ難波店に入る前の写真です。どこの店でも共通のサービスかは分からないのですが、ライス特盛無料とありますよね。ステーキはどうしてもご飯が進むおかずだと思いますので、人によってはウレシイサービスなのではないでしょうか!?

さて、今回は株主優待券を1,000円分使おうと思っていました。サーロインステーキが1,000円なのでコレでちょうど良いかなと思ったんですけれども、せっかくなのでサラダ+味噌汁セットを合わせて注文して、合計の決済は1,200円ということになっています。なお、このお店では優待券をお店の方に渡して1,000円をもらい、自分で券売機で購入するという形でしたね。コレは全店舗共通なのでしょうかね!?

サラダ

ポテトサラダ

ライス

ライス(小):コレで良いですか?と聞かれましたけれども、意外に少食な私はコレで十分満足してしまいます。

味噌汁

サーロインステーキ

サーロインステーキ

自分で焼きます

さて、サーロインステーキは結構生目の状態でサーブされるんですけれども、まだまだ鉄板はバリバリ熱い状態です。一緒に渡されるトングを使って、良い加減になるまで焼くんだそうです。自分はコレくらいまでステーキを焼きました。

名前はサーロインステーキとはいえ、値段が1,000円なのでステーキ屋さんで食べるような3,000円前後のものと比較するのは厳しい比較ですが、まあ同値段の定食と比較すれば、個人的にはこちらの方が満足かなと思いました。近年、この[3053]ペッパーフードサービスは日本よりもむしろ東南アジアで流行っているんですよね。もし、投資を継続ということであれば、そちらの売上の向上に期待していきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.