なぜか法人で保有している東急系のクレジットカード「TOP&法人カード」の利用代金明細書をいただきました。何に使ったっけ!? - 高配当株で配当金生活

なぜか法人で保有している東急系のクレジットカード「TOP&法人カード」の利用代金明細書をいただきました。何に使ったっけ!?

今回は、このブログでは珍しく完全に初登場の話題でありまして、ご紹介するのは東急系のクレジットカードであるTOP&ClubQカードということになります。普段から、東急の電車を使い、東急のお店で買い物している「東急信者」の方にとっては便利なカードではないでしょうか!?

この東急は偉大な創業者である「五島慶太さん」によって築かれたグループでありますけれども、一方関西では「小林一三さん」が築き上げたグループである阪急グループが力を持っており、私のように阪急神戸線沿線で育ったがために阪急信者になってしまった人も少なくないんですよね。

そんな阪急信者の私が、どうして住んでもいないエリアである東急系のクレジットカードであるTOP&ClubQカードを保有しているのでしょうか!? しかも、保有しているのは法人カードのTOP&法人カードというあまり見かけないカードなんですよね。

実はこのカードは、私がこの春の株高の時に利益の一部を投じて購入したリゾート会員権である東急ハーヴェストクラブ絡みのものなのです。この東急ハーヴェストクラブでは、固定資産税を毎年支払う必要があるんですけれども、この固定資産税の支払い先の指定となっているのが、TOP&法人カードの引き落としという訳なんですよね。

なぜ、わざわざクレジットカードで引き落としするのかは謎でありますけれども、それはともかく、うちの投資会社は昨年まで株価の下落で赤字続きだったのに、よく「クレジットカードの審査に受かった」なというのが正直な所であります。個人の方は、プラチナカードを保有できるくらいの信頼があるんですけどね。

たっちゃんが現在保有しているクレジットカード一覧(2014/2月更新)
■ メインカード:アメックス・プラチナカード
■ JALマイル用:JALダイナースカード
■ ANAマイル用:ANA VISAプラチナ プレミアムカード
■ デルタ航空マイル用:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
■ 首都圏の電車用:ANAソラチカカード
■ 楽天市場用:年会費永年無料の楽天カード
■ イオン用:イオンカードセレクト

TOP&法人カードからの案内をいただきました。

限度額

さて、実際にこのTOP&法人カードを使うことは滅多に無い気がしますので、今までその存在自体すっかり忘れていたんですけれども、一応限度額は50万円に設定されているんだそうです。そして、今回の明細書に書かれていたのは、前述の通り東急ハーヴェストクラブの固定資産税ということになりますね。区分所有でも、2万円弱の固定資産税が必要だとは、意外に固定資産税は高いものなんですね。

特典

私は東急沿線に住んでいないので、普段はTOP&ClubQカードを使う可能性は0なんですけれども、普段から「東急漬け」の生活をしている方には、意外に役にたつカードではないかと思うのです。

このTOP&ClubQカードのサービスの中で面白いなと感じたのが、上の『TOP&WELBOX』というサービスですね。対象の3ヶ月の間にカードを税込み30万円分以上利用すれば、上の写真のように映画チケットや高級ホテルなどの特別優待価格での利用が可能だと言うことなのです。

たとえば、「ライオンキング」のS席ペアチケットは14,000円での販売になっているそうなんですけれども、このチケット本当は1枚9,800円もするチケットなんですよね。そう思うと、結構お得なサービスではないかと思うのです。決済をTOP&ClubQカードにまとめようという動機付けになるかもしれませんね。

さて、クレジットカードというと入会でポイントがもらえるというのが定番ですけれども、例に漏れずこのTOP&ClubQカードも入会でのキャンペーンを実施しています。8月31日までの期間限定で1,000ポイントがいただけるということなんですよね。大手の割には渋いとは思うんですけれども、もらえるものはいただいておきたいですよね。

気になるのはポイントの貯まり方ですけれども、東急百貨店の利用であれば最低3%分のポイント、東急ストアなどのスーパーでの利用の場合であれば、1.5%以上が貯まるということです。さらに、定期券の購入でもポイントバックがあるようですし、東急漬けの生活を送っているという方で、ポイントを貯めるのが大好きだという方には、欠かせないカードと言うことが出来るのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.