夢の沖縄移住はまずは住居の確保から!? 沖縄中部・美浜町にある新築マンション「プレミスト美浜」の案内をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

夢の沖縄移住はまずは住居の確保から!? 沖縄中部・美浜町にある新築マンション「プレミスト美浜」の案内をいただきました。

先々週の話になってしまうんですけれども、2013年8月18日の「NHKスペシャル」という番組のテーマは、富裕層の海外移住でありました。その番組のタイトルは「"新富裕層" vs.国家 ~富をめぐる攻防~」ということだったんですけれども、日本やアメリカの高い税金を嫌い、シンガポールやその他の税金の安い国へ移住するというのが流行っているそうなんですよね。

もし、私が海外に移住するとすれば、日本には税金を払わないということになります。実際、日本は所得税や法人税については、結構高いな・・というのが正直な所なんですよね。個人的には、株式のキャピタルゲイン・インカムゲインのうち、特にインカムゲインについてはそもそも二重課税であると考えています。まあ、キャピタルゲインは仕入れ・販売の商売のようなものなので、課税してもいいかな・・とは思うんですけどね。

私自身、独り身で身軽な立場で、しかも英語についてもそれほど苦労しないため、海外移住も生き方の1つかなとは思うんですよね。ちなみに、私の資産は3億円前後のため「富裕層(1億円以上)」という区分になります。ただ、前述の番組のシンガポールに移住した日本人たちを見ていると、どうも「超富裕層(5億円以上)」の方ばかりのように思えるんですよね。

実は、家族を含め誰にも明らかにしていない私の資産。本当は、そういうことを正直に話合える人がいると良いのかもしれませんけれども、私個人としては昔から「お金にギラギラ」していないため、あまり「お金お金トーク」になってしまうのも引いてしまうのです。難しいものですよね。

話は脱線してしまいましたが、それでも日本が好きな私。結局高い税金を払いつつも、せめて移住するなら「北海道か沖縄」だと思うんですよね。普段、関西に住んでいても友だちに合うのが月に1回あるかどうかの私は、おそらく沖縄や北海道に住んでいても、今のような生活が続くとは思うんですけれども、そうであっても「沖縄・北海道の自然」というのは一度は住んでみたいという気にさせるんですよね。

[1925]大和ハウス工業からお手紙をいただきました。

プレミスト美浜のお手紙

さて、今回は[1925]大和ハウス工業から、沖縄本島中部の都市に新しく建設されるという、プレミスト美浜という新築マンションの案内をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

そもそも、私になぜ沖縄の新築マンションの案内が届くのか。実は、民主党政権末期に関西の都市部に新築マンションを購入した私なんですけれども、そのタイミングで沖縄に移住しようかどうか検討しておりまして、沖縄のマンションも見ていたんですよね。その物件が大和ハウスの物件だったため、今回プレミスト美浜の案内が届いたのだと思います。

アンケート

さて、今回のプレミスト美浜の案内の中にはアンケートハガキが同封されていました。このハガキを返信するとさらに詳しい資料を送ってくださるんだそうですが、年収の区分で「800万円超」が最大というのを見るとホッとしますよね。[9201]JAL系の上級会員向け雑誌「AGORA」なんて、「1,000万円未満」という区分から始まる訳ですしね。

プレミスト美浜の場所

沖縄本島に行ったことがある方ならご存知かと思うんですけれども、那覇とその周辺は「沖縄」というイメージにそぐわないほど人口密度が高いんですよね。そのため、沖縄に住むのであれば多少那覇から離れたいというのが私の正直な意見であります。プレミスト美浜の場合は、那覇空港から20km、車で30分という距離にありまして、都会過ぎず・田舎過ぎずというのが正直な所ですね。ただ、目の前の道路の交通量が多いという点はイマイチかなと思います。

美浜町の魅力

こちらは、プレミスト美浜の12階相当の高さから撮影した時のイメージなんだそうです。今、私が住んでいる場所はヨソのマンションくらいしか見えない家の中からの風景なんですけれども、近くが海ということもありまして、天気が良ければこういう風に海をキレイに見ることができるんですよね。出来れば、こういう所で住んでみたいなというのが正直な所ですね。

ただ、プレミスト美浜のある美浜町は移住者向けに人気が高い町なのか、物件の価格が高い割に賃貸で出すと安いというのが最大の欠点なんですよね。

本当は沖縄に引っ越ししたいと思っていた私が最終的には関西に決めた理由が、物件の価格の割に賃貸に出すと家賃が高いという理由でありました。いずれ、結婚して・家族ができて・・となると、今のマンションは賃貸に出すことを想定しています。そう思うと、「出来るだけ高く貸せる」ということを重視したかったんですよね。

ということで、当面はまだ沖縄にマンションを買うことはないと思いますけれども、沖縄に旅行に行って、時間が有り余っている時はリゾートマンションを見学してみたいと思っています。その時は、またブログの記事としてレポートを上げることになると思いますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.