海外旅行デビューに超オススメ。JTBの格安航空券販売ページで台北行きの航空券が7,900円+諸税のセール運賃で販売中。あのLCCより安い!? - 高配当株で配当金生活

海外旅行デビューに超オススメ。JTBの格安航空券販売ページで台北行きの航空券が7,900円+諸税のセール運賃で販売中。あのLCCより安い!?

国内旅行・海外旅行共に3月に2回くらいのペースで行っている私「たっちゃん」でありますが、海外旅行の行き先の中で最も多いのは台湾の台北になります。

当然、台湾自体も好きな旅行先である事は間違いないんですけれども、昨年までの円高の状況では「台北発着」の航空券を購入して、東南アジアやオーストラリアに旅行するのが非常にお得だったんですよね。当然、台北発着の航空券を買うと、台湾ドルで支払う事になりまして、コレが昨年までの為替レートなら、別途関西空港=台北のチケットを買っても断然良いと思えるくらいのお得感があったのでした。東南アジア行きのビジネスクラスが日本円で往復4万円くらいでしたからね。

2013年に入って全体的に円が安くなってしまい、当然台湾ドルに対しても一気に円安となってしましまして、1台湾ドル=2.5円から3.3円くらいまで円安が進んでしまいました。ここまで来ると、いちいち台湾を経由して台湾に途中下車して台北を楽しみつつ東南アジアに行かなくても、直接日本発の安い運賃を買った方がお得になって来たんですよね。

そういう海外旅行の豆知識はさておき、今回は私が時々利用しているJTBのサイトである海外旅行予約サイト「トルノス」から、台湾行きの航空券のセールの案内をいただきましたので、ご紹介する事にしたいと思います。

このブログをご覧の方には、「海外旅行に行ってみたいけど、実は1回も行った事がない」という方もいらっしゃると思うんですよね。かくいう私自身は、実は配当金生活をはじめるまでは約8年間1日も楽天市場のお店を休んだ事がなく、そのため当然1日も休みなしでありました。海外旅行に初めて行ったのは、なんと配当金生活を初めてからなんですよね。

何度も海外旅行に行った事がある方なら当然の手続きである、「出国手続き」「入国手続き」「税関」など、始めて海外旅行に行く方には、どれもドキドキする手続きなのではないかと思うのです。そんな私の初めての海外旅行先は台湾だったんですけれども、台湾は日本人が考えている以上に「日本語が通じる」国でありまして、特に台北であれば日本語だけでも不便する事はないくらいの初心者向けの国なんですよね。

最近は、投資ブログの方を読んでくださる方が多いため更新が滞っているんですけれども、私の執筆している旅行ブログには、台湾の情報が山ほどありますので、興味のある方はこの台湾ブログを読んでいただき、今回のJTBの格安チケットを購入して、是非とも台湾旅行をしていただければ台湾好きの私としても嬉しい限りであります。

今回の台湾行きのチケットはこんな条件になっています。

さて、海外旅行予約サイト「トルノス」からメールマガジンでいただきました、台湾行きのスペシャル割引チケットの詳細をご紹介したいと思います。

今回のチケットの条件は「成田空港発着」「午後出発」「航空会社未定」「現地滞在2日以上5日以内」でありまして、対象となっている期間は明日7月1日から7月30日までとなっているようですね。で、気になる値段は7,900円+諸税という事になります。

一般的に、この7月という月は台湾は「暑過ぎる」ためか、旅行先としてはちょっと人気のない期間のようです。そのため、今回のようなLCC並みの値段のチケットが販売される訳ですよね。実際、この時期に台湾に行くと暑い事は確かなんですけれども、実際は台湾は日本以上に冷房がガンガン効いていますので、故宮博物院などの屋内の施設に行く時は上着が欠かせないほどです。ご注意くださいね。

さて、こういう格安チケットは客寄せであって、実際には買えない事が多いと思っている方も多いと思いますので、実際に途中まで予約をして状況を確かめてみる事にしました。例えば、7月18日〜7月23日という週末を挟む滞在で予約してみたんですが、上のような感じでちゃんと空席があるようですね。ちなみに、諸税のうち「燃油サーチャージ」というものが意外に高く、総額で24,000円くらいになってしまうのは仕方ないですね。

■ >>>> 7月限定、JTBの台北行き航空券7,900円の詳細を見る☆

ということで、このブログをご覧の首都圏の方で、なかなか7月中に休みを取って台湾に行けるという方は多くないと思うんですけれども、今回はLCC並みの運賃で台湾に遊びに行ける絶好のチャンスですので、私のような専業投資家で時間のある方や、早めに夏休みを取れるという方は、この航空券を検討なさってみてはいかがでしょうか!? 台湾情報に興味のある方は、旅行ブログの台湾情報も読んでみてくださいね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.