パチンコのプリペイドカード最大手。[6249]ゲームカードジョイコHDから「選べる株主優待」の案内をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

パチンコのプリペイドカード最大手。[6249]ゲームカードジョイコHDから「選べる株主優待」の案内をいただきました。

配当金マニアというだけでは飽き足らず、最近は「株主優待」にはまっている私。「高配当株式」に投資しているつもりが、その会社が株主優待も実施しているというパターンで株主優待をもらうケースが非常に多いんですけれども。今回ご紹介する[6249]ゲームカード・ジョイコHDはそのパターンという事になりますね。

この[6249]ゲームカード・ジョイコHD。業務内容としては、パチンコ・パチスロのプリペイドカードシステムの最大手という事なんですよね。私は、パチンコに行った事がないので、パチンコのプリペイドカードと言われてもピンと来ないんですけれども、読者の皆さんには「あれのことね」と思いつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。

過去の株主報告書を見ると、同社はシェアも圧倒的ということで高配当株式として安心して保有していたんですけれども、なんと来期2014年3月期の営業利益予想が前年比▲84%の4.3億円となってしまいまして、まさに「大減益」と言っても良い状況になってしまったんですよね。その後の期の2015年3月期も復活の兆しが見えないという事で、個人的にはほぼ全株を売ってしまったばかりであります。

さて、来期は1株利益が12円なのに60円を配当するという状況なんですけれども、過去の利益剰余金が貯まっておりまして、さらに有利子負債も0である事からやろうと思えば利益0でも後10年間くらいは配当を続けられそうです。しかし、さすがにこの利益のペースだと減配は避けられないように思えますよね。皆さんは、いかがお感じになりますでしょうか!?

[6249]ゲームカード・ジョイコHDの株主優待(3月/年1回)

選べるカタログギフト
■ 2,000円相当:100株以上
■ 3,000円相当:500株以上
1年以上長期保有による優遇制度あり。3年以上の保有で最大5,000円相当になります。

では、今回の株主優待カタログをチェックしてみる事にしたいと思います。

6249 ゲームカードジョイコ 株主優待のハガキ

では、[6249]ゲームカード・ジョイコHDからの郵便物の中を見て行く事にしたいと思います。元々業績が下降傾向にあった会社ですので、保有株数は少しずつ減らして2013年3月現在では100株となっていました。ちなみに、この後記事前半の下方修正を見てさらに売却を行っています。ちなみに、100株ですと2,000円分の株主優待をいただけるようですね。

6249 ゲームカードジョイコ 株主優待カタログ

こちらが株主優待のカタログになります。株主優待の金額は2,000円・3,000円がベースなんですけれども、1〜3年間の長期保有の方はそれぞれ2,500円・4,000円に金額が増額されます。

3年以上保有すると、さらに株主優待の金額は増額されまして3,000円・5,000円になるんですけれども、ゲームカード・ジョイコHDは、旧ゲームカード・旧ジョイコが合併して出来た会社なので、まだ3年以上の株主の方は居ないんですよね。ということで、今回のカタログではこの4つの金額の商品が掲載されていました。

2,000円分のカタログ

さて、私は2,000円分の株主優待がいただけるということで、カタログをチェックしたいと思います。おせんべい・ラーメン・カレー・しょうゆ・手羽先と、基本的には「食べ物系」がプレゼントされるようですね。個人的には、この中から選ぶべきかな!?と思ったんですけれども、最終的には色々なお店で使うことのできる「クオカード」を選択してしまいました。

4,000円分のカタログ

ちなみに、4,000円分となるとカタログの内容が少し豪華になりまして、こんな感じになります。すき焼き用のお肉なんて、1人暮らしの私は自分ではなかなか買わないんですけれども、優待としていただけるのであれば、選択しても良いのかな!?と思ってしまいますね。まあ、今の所この株を500株保有しようかな・・とはどうしても思えないんですけどね。

ゲームカード・ジョイコHD[6249]の主要指標(2013年6月28日現在)

■ PER:126.3倍(予想)
■ PBR:0.51倍(実績)
■ ROE:3.8%(実績)
■ 配当利回り:3.99%(予想)

さて、最後にゲームカード・ジョイコHD[6249]の主要指標を見ておきたいと思います。記事の前半で書いた通り、大減益となってしまったためにPERは3桁台となってしまいましたが、高い配当利回りと株主優待に支えられて、株価は意外なほどに堅調というのがこの株式の現状です。

実際、記事の前半で見た通り利益剰余金が豊富で、財務も良いために今の60円配当というのは続けようと思えば続けられるんですよね。そう思うと、株価が堅調なのも納得なのかもしれませんけれども、やはり業績の浮上のきっかけが見えない今はちょっと再度この株式を購入しようとは思えないですね。2年前の1,000円弱の株価であれば、優待目当てで個人+法人で100株ずつ買ってもいいかなと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.