関西下町地域の胃袋を支えるスーパー。[9919]関西スーパーマーケットから100株分の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

関西下町地域の胃袋を支えるスーパー。[9919]関西スーパーマーケットから100株分の配当金をいただきました。

今回は、空港でおなじみの兵庫県伊丹市に地盤を置き、兵庫県・大阪府を中心に61店舗を出店しているスーパーである[9919]関西スーパーマーケットから100株分の配当金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

[9919]関西スーパーマーケットの株主優待(3月/年1回)

(1)買物券(500円)または(2)お米
■ 100株以上:(1)2枚 (2)2キログラム
■ 1000株以上:(1)6枚 (2)5キログラム
■ 5000株以上:(1)10枚 (2)10キログラム

この[9919]関西スーパーマーケットは株主優待銘柄でもありまして、100株(=8万円程度 2013/6/26現在)を保有していますとご覧のように年に1回1,000円分の買い物券か2キログラム分のお米をいただく事が出来ます。

私は自転車で行ける範囲内にこの[9919]関西スーパーマーケットのお店があるんですけれども、優待券を使って1,000円分の買い物をするために、往復自転車で40分というのも少ししんどいですので、普段はお米2キロの方を選んでいますね。

さて、この[9919]関西スーパーマーケットには、株価面で特色があるんですよね。上のチャートはヤフーファイナンスから引用している同社の過去5年間のチャートになるんですけれども、ご覧いただくと分かる通り示し合わせたかのように株価800円前後で推移している期間が長いんですよね。

2011年以降、この800円ラインを割る状況が状態化しまして、ヨコヨコ800円の関西スーパーマーケットはもう見られないのか・・と思いきや、今年2013年になってまた株価が800円に戻って来てこの記事を書いている2013年6月の段階ではまたヨコヨコの株価が続いています。

今後も800円で株価がヨコヨコという保証は全くないんですけれども、板を見るといつも出ている厚い売り板と買い板は何のために出ているんだろう!?と不思議になってしまうんですよね。今年は参加しませんでしたけれども、株主総会で質問してみると面白いのかもしれませんね。

[9919]関西スーパーマーケットから100株分の配当金です。

9919 関西スーパーマーケット 配当金

さて、今回[9919]関西スーパーマーケットから、1株あたり8円の配当金をいただきました。保有株数は優待目当ての100株でありまして、法人での源泉徴収税7.147%を差し引きしますと、実際に受け取った金額は743円ということになりました。あくまで株主優待目当ての銘柄ですので、配当金は小粒ですね。

9919 関西スーパーマーケット 事業報告書

こちらが、[9919]関西スーパーマーケットの事業報告書になります。今期、気になった出来事としては、2013年1月7日に大証1部の銘柄に指定されたという事ですね。今後も「社会的責任を強く認識しつつ、企業価値向上を目指してまいります」という事ですので、その言葉通りの目標が達成できるよう、株主としては期待してまいりたいと思います。

目標

さて、現状では売上高1,200億円前後の[9919]関西スーパーマーケットなんですけれども、報告書には長期ビジョンとしてチャレンジ100!という宣言がなされています。「2020年・100店舗・年商2,000億円」という事なんですけれども、店舗数・売上ともに現状よりも67%程度の増加が必要なんですよね。

残り7年にしては、ちょっと目標が高いように思えますけれども、同社のスーパーは比較的値段も安く「関西の下町」にはピッタリなのではないかと思うのです。目標達成に向けて規模拡大とともに、純利益・配当の増加も期待したいですよね。

[9919]関西スーパーマーケットの主要指標(2013年6月26日現在)

■ PER:17.5倍(予想)
■ PBR:0.85倍(実績)
■ ROE:3.6%(2013/3 実績)
■ 配当利回り:2.01%(予想)

さて、最後に[9919]関西スーパーマーケットの主要指標をチェックしておきたいと思います。同社の株式は謎の800円前後での推移が続いており、極端に割高という水準でもないものの、配当金生活向きの銘柄というほどの高還元ではありませんよね。どちらかというと「地元企業を応援する」ために保有している銘柄であると言えます。

現在は、法人で100株だけ保有している同社の株式ですけれども、今後は個人でも100株だけ購入しようかと思っています。おそらくは株価800円で購入することになると思うのですけれども、また昨年までのように株価700円台に突入する事があるのかに、個人的には注目しておきたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.