実は世界リートも大荒れ状態!? 久しぶりのポートフォリオの危機に売買した銘柄たちです。(2013/5/31のリバランス) - 高配当株で配当金生活

実は世界リートも大荒れ状態!? 久しぶりのポートフォリオの危機に売買した銘柄たちです。(2013/5/31のリバランス)

上下動の動きが非常に激しくなっている日経平均株価。この記事を書いている段階では13,800円台での推移となっていますけれども、先週には16,000円にタッチしそうな場面がありましたので、単純に考えると14%程度下落しているという事なんですよね。

当然、指数でコレだけの変動であれば個別ではそれ以上に変動しているものが多いと思います。本来は、こういう時は空売りでヘッジするのが良いと考えているんですけれども、一度も空売りをした事がない方だとなかなか機動的に動けませんよね。私自身も空売りはしているんですけれども、買いの規模に比べると小額となってしまうため、完全に下げをヘッジという訳にはいきません。

さて、大荒れの相場と言えば日本だけ・・というイメージをお持ちの方が多いと思うんですけれども、直近の米国市場を見てみると、債券がやや安くなりつつあり(=利回りは上昇)、そしてリートが意外なほどに下落しているんですよね。

こちらは、配当金生活のポートフォリオで保有している2つの海外リート関係の過去1ヶ月間のチャート(アメリカのヤフーファイナンスより)となります。

どちらも、この1ヶ月間で大きく下落している事が分かると思うんですけれども、左側のチャートが米国リートに投資する[IYR]iシェアーズ®・ダウ・ジョーンズ米国不動産インデックス・ファンド、右側のチャートが米国以外のリートや不動産系銘柄に投資する[IFGL]iシェアーズ FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックス・ファンドとなっています。

米国株の代表的な指数であるダウ平均株価の方は、最近付けたばかりの市場最高値から1%台のマイナスで推移しているのに、不動産系の2銘柄についてはどちらも直近の最高値から10%程度の下落となっているんですよね。

実は2007以降の金融危機の場面において、ダウ平均株価に先立ってこの[IYR]iシェアーズ®・ダウ・ジョーンズ米国不動産インデックス・ファンドが大きく下げ始めていました。まあ、当時は不動産関連の「サブプライムローン」が騒がれていた訳ですし、不動産関係のネタが見当たらない今の状況と比較するのは必ずしも正しくないかもしれませんけれども、少し気になる状況ですよね。

翻って、配当金生活のポートフォリオの話題に移りたいと思いますが、この2週間の大きな下落でポートフォリオの基準価額も過去11日間で−4.6%と久しぶりに大きな下げとなりました。

当然、株・リートが大きく下げているという状況ですので、ここで債券を売却→株・リートを購入というリバランスを行う事にしたいと思います。まあ、今回もリバランスで米国債券を売る事になるんですけれども、米国株自体は絶好調のため、債券価格は下げる傾向というのが個人的にはちょっと辛い場面ですね。本来は、こういうリバランスの時は最高値を付けている価格の債券を売却するというのが理想ではあるんですけれども・・・。

カイジ「命より重い! 」お金の話

木暮太一 サンマーク出版 2013-04-22
売り上げランキング : 369
by ヨメレバ

2013年5月31日に売買した全6銘柄のご紹介です。

さて、今回のリバランスでは、大枠として「債券を200万円売却、株式・リートを各100万円購入」というリバランスを行う事となりました。そのために、以下の銘柄の売買を行っています。皆さんの投資戦略の参考となれば幸いでございます。

■ [LQD]米国投資適格社債ファンド:約200万円分売却
■ [3282]コンフォリア・レジデンス投資法人:1株購入
■ [1555]豪州リートETF:220株購入
■ [2674]ハードオフコーポレーション:600株購入
■ [6379]新興プランテック:400株購入
■ [7518]ネットワンシステムズ:300株購入

今回売買した銘柄は以上6銘柄となりました。国内のリートは個人的な印象としては「まだ下がる」ように思えるんですけれども、そう思える時は一番ディフェンシブな「住宅系のリート」を購入するのがベタな戦略という事になります。「景気拡大」を前提にすると、本当はオフィス系の銘柄を購入した方が良いんですけどね。

さて、株式の方は3銘柄を購入しました。[6379]新興プランテックと、[7518]ネットワンシステムズは、先週の高配当ランキングトップ10にランクインした中でまだポートフォリオでは保有していなかった銘柄という事になります。ご紹介したからには、ちゃんと自分で購入するという責任ですね。

この中で[7518]ネットワンシステムズの方は、私の保有リートの物件から豪快に退出したり、さらに幹部が7億円もの所得隠しをしたりと「!?」と思える銘柄なんですけれども、本業自体はIT時代のインフラと言えるサーバー系の首位級ということなので、手堅い業績に期待していきたいと思っています。

[2674]ハードオフコーポレーションはこのブログでも度々登場しているリサイクル系の銘柄でありまして、年初来高値近辺にあるものの、「時代にあった」銘柄であると考えているんですよね。PER1桁・有利子負債は0、配当は4%前後と配当金生活向きの銘柄であると考えています。今後も、チャンスがあれば買い増しを行いたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.