お弁当・定食屋・しゃぶしゃぶと使い道選び放題の[9945]プレナスの株主優待券を5,000円分いただきました。 - 高配当株で配当金生活

お弁当・定食屋・しゃぶしゃぶと使い道選び放題の[9945]プレナスの株主優待券を5,000円分いただきました。

高配当株で配当金生活のブログは、執筆開始から今日で1年2ヶ月となりました。このブログを書くのがライフワークになってしまっているがために、記事数で言うともう1,300近くになっているんですよね。我ながらスゴいペースではありますけれども、読んでくださる方がいらっしゃる限り、これからもこのペースで書いていきたいと思っています。

さて、こういうブログを書いていると意外な特技が身に付く物でありまして、それは「銘柄コード」を覚える事が出来るんですよね。例えば、トヨタ自動車の7203は結構有名かと思うんですけれども、ちょっとマイナーな銘柄である今回のプレナスも、このブログでは登場頻度が高いためかちゃんと覚えていたというのが驚きであります。

元来、私は記憶力があまり良くない方ではなく、子供の頃から直感力勝負だったんですけれども、そういう私が銘柄コードを暗記できるほど記事を書いている訳ですから、どれだけこのブログで記事を積み重ねて来たかということですよね。今後も、この調子で頑張って行きたいと思います。

さて、今回は[9945]プレナスが記事のテーマという事になりますね。そのプレナスから株主優待券をいただいていますのでご紹介する事にしたいと思います。このプレナスは、個人で100株、法人で100株を保有しておりましていただける優待券は合計で5,000円という事になります。

プレナスの株主優待券が使えるチェーンは、プレナスの主力3業態である「ほっともっと」「やよい軒」「しゃぶしゃぶダイニングMK」の3つですね。「ほっともっと」で使い続けると、単価が比較的安いために10回は弁当を楽しむ事が出来ると思います。

本当は、今回の株主優待券は今まで一度も訪れた事のない「しゃぶしゃぶダイニングMK」で使ってみたいと思ったんですけれども、このチェーンは[9945]プレナスの本拠地である九州地方にほとんどの店舗がありまして、九州・山口を除くと新宿の1店舗にしか出店していないんですよね。さすがに、スグに行くのは難しそうですけれども、九州旅行の時は訪れてみても良いかもしれませんね。

ちなみに、関西地方にお住まいの方は「MK」というと、タクシーのMKタクシーを思い浮かべるのではないでしょうか。このMKタクシーは地元京都では「レストラン」も経営しているために、この「しゃぶしゃぶダイニングMK」はこの関係!?とお思いになるかもしれません。

私も少しだけそう思ったので、調べてみたんですけれども、どうもこの「MK」というのはタイを本拠地とする「タイスキ専門チェーン」の国内展開版だそうなんですよね。実は、このプレナス[9945]の定食屋である「やよい軒」はタイでやたらと店舗を出店しており、国内の222店舗に対しタイが95店舗もあるのです。

これは、よくよく考えてみると、提携関係にある日本の「プレナス」とタイの「MK」がお互いの国でそれぞれのブランドを広げているという事なんですよね。こういう提携は面白いのではないかと思います。私自身、タイは好きですので、一度タイに行った際は是非とも「タイのやよい軒」を試してみたい所ですね。

プレナス[9945]の株主優待 (2月 年1回)

買物優待券(500円)
■ 100株以上1,000株未満:5枚
■ 1,000株以上:10枚

プレナス[9945]の主要指標(2013年5月26日現在)

■ PER:17.32倍(予想)
■ PBR:1.1倍(実績)
■ ROE:3.5%(実績)
■ 配当利回り:3.05%(予想)

プレナス[9945]から株主優待券をいただきました。

プレナス 株主優待券

さて、今回はプレナスから個人100株+法人100株分の200株分、合計5,000円分の株主優待券をいただきました。今回の株主優待券は「ほっともっと」「やよい軒」でバランスよく使い、ブログ内でご報告して行くようにしたいと思います。

注意書き

事業報告の方は先日配当金をいただいた時の記事でチェックしていますので、今回は割愛したいと思います。そして、こちらは株主優待券を使うに当たっての注意書きになりますね。

今回、初めて知ったことなんですけれども、[9945]プレナスの優待券は一度には1人あたり1,000円分しか使えないとあります。しゃぶしゃぶダイニングMKでは、客単価が1,000円を超えると思いますので、このお店目当てで株主優待券を購入している人は注意したい所ですね。

あと、定食屋の「やよい軒」での注意点ですけれども、このお店は基本的に「券売機」で券を購入して注文をするお店となっています。そのため、株主優待券を使う時はわざわざ店員さんを呼んで注文しなければならないんですよね。店員さんに言った後、その店員さんが自分でコインを持って券売機で注文したものを買っているため、オペレーション的にはちょっとイマイチかもしれません。まあ、仕方ない事ではあるんですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.