小型株にしては珍しい「年4回配当銘柄」である[7861]東京リスマチックから300株分の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

小型株にしては珍しい「年4回配当銘柄」である[7861]東京リスマチックから300株分の配当金をいただきました。

「株の配当」というと、「中間期+期末」の年2回が基本パターンであり、「期末」だけの年1回配当銘柄もあるというイメージの方が多いのではないでしょうか。しかし、中には四半期配当を実施している企業もあるんですよね。四半期配当というのは、その名の通り3ヶ月おきに配当を行う企業の事を言います。

アメリカではこの四半期配当というのは、結構一般的なのではないかと思うのですけれども、日本企業においては2006年に旧商法が一部改正され、「会社法」という法律ができるまでは法律上四半期配当が認められていなかったんですよね。ということで、日本の企業の四半期配当というのは、歴史的に非常に浅いものなのであります。

さて、この四半期配当の雑学をここで披露しておきたいと思うんですけれども、実はこの四半期配当を国内で初めて実施した企業というのが、今は上場企業ではなくなってしまった「日興コーディアル証券」なんですよね。さすが、配当の新制度だけあって証券会社が自ら率先して採用するものなのだなと当時思った記憶があります。

この四半期配当を実施している企業、調べられないものかと思ったんですけれども、Wikipediaにまとめられてありましたので、全てご紹介する事にしたいと思います。

四半期配当を実施している企業(2013/5月現在)
■ [2170]リンクアンドモチベーション
■ [3593]ホギメディカル
■ [6581]日立工機
■ [6817]スミダコーポレーション
■ [7267]ホンダ
■ [7861]東京リスマチック
■ [9427]イー・アクセス

と、列挙してみるとこの7企業しかないんですよね。大手企業の[7267]ホンダが実施していますので、この四半期配当の恩恵を受けている方も意外に多いのではないかと思うんですけれども、日本ではこの制度は意外に馴染まないものなんですね。今は、法律上は配当金の回数制限がないので、一部ETFのように「毎月配当」の株式があったとすると、話題にはなると思うんですけれどね。まあ、実際は経費の関係でそんな企業は今後も登場しないんでしょうけれども・・。

[7861]東京リスマチックから300株分の配当金です。

7861 東京リスマチック

さて、[7861]東京リスマチックからお手紙をいただきました。前述の通り、この[7861]東京リスマチックは年に4回配当金をいただける銘柄ということでありまして、今回はそのうちの「第1四半期」の分の配当金という訳ですね。この[7861]東京リスマチックは12月決算の会社ですので、3・6・9・12月が配当の基準月ということになります。

7861 東京リスマチック 配当金

今回は[7861]東京リスマチックから1株あたり6円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、個人での源泉徴収税を10%として計算すると、実際に受け取った配当金の金額は1,620円ということになりました。

[7861]東京リスマチックの主要指標(2013年5月26日現在)

■ PER:14.26倍(予想)
■ PBR:0.74倍(実績)
■ ROE:9.5%(実績)
■ 配当利回り:4.07%(予想)

最後に、この[7861]東京リスマチックの主要指標を見ておきたいと思います。会社名からは業種のイメージが付きにくいと思うんですけれども、DTPサービス大手ということで「印刷業」という事になりますね。この業種は、デジタル化が進んでおり、うまくデジタル化への対応が求められている業界だと思うんですけれども、同社は幸いにもM&Aによる拡大もうまくいっているようで、売上高・営業利益ともに右肩上がりの傾向となっています。

業績が拡大傾向にありますので、1株当たり利益も拡大傾向にあるんですけれども、配当金をみてみるとずっと年24円という配当が続いているんですよね。1株利益が9円の時も24円配当、そして今期1株利益が41円の予定でも24円配当と、今後も安定した業績が見込めると思えるのであれば、配当金生活向きの銘柄と言えるのかもしえません。

最近は、株価の上昇で配当金利回りが4%強となりましたけれども、昨年は6%近い場面もありました。今後も、相場の動向によってはその水準まで株価が下がる可能性もあると思いますので、そういう場面が来ましたら積極的に買い増しをしていきたい銘柄であると考えています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.